カテゴリ
生活(1338)
(2884)
音楽(296)
雑学(47)
ドイツ(32)

2017年04月28日

自分の外見が嫌過ぎて鬱です

いきなりですが、「自分の外見が嫌過ぎて鬱です。」
というメッセージを読者の方からいただきました。

ありがとうございます。

私も毎朝、鏡の前の自分を見て鬱になります。

よく、「自分を好きになれば他人も好きになれる」と言われますが、
外見に関しては、逆のことが言えます。

『身近にいる他人をもっと好きになれば、自分の顔ももっと好きになれる』のだと思います。

そんなわけで、このところメルマガではメンタルやビジネスの話が続きましたが、
久しぶりに『ルックス』について書こうと思います。
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 14:36| 東京 ☁| スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

愛すべき馬鹿

私は生まれた頃からデブ、知恵遅れ、マヌケ、チビ、不器用、甘えん坊、世間知らず、グズ、態度悪い、不真面目、真面目すぎ、ノリが悪い、ノリが良すぎ…と呼ばれてきたのが良かったんだと思う。周りの自分への期待が少ないから、好きなことができるし、あまり失敗を恐れない。マメで頼り甲斐があって何でもすぐ答えを知っているようかなしっかり者や面倒見良くていつも元気でスキのない人に見えてなくて本当に良かったなぁと、つくづく思います。そんな私のようなクズのことをアウトローカントリーでは愛すべく負け犬と呼ぶんです。ウェイロンジェニングスは、自称ニューヨークにはマヌケ過ぎてロスにはブサイク過ぎ、という歌なんか書いちゃってます!そんなカッコイイ負け犬たちからいつも勇気を貰っています。明日は阿佐ヶ谷ジャンブジャンブで8時半からまたアウトローカントリーをやります…とても素敵なベースの先輩が観に来てくれる予定です…!笑笑


C5BFEAE6-CC79-4009-A4C7-253109CB7CE6.jpg

posted by Foomy at 21:29| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロックとポップスの違い

ら 『ラップは50年前からどう変わった?』

最近のは分からんけど、2−30年前までは、社会の病や精神病のことを歌っていたわけ。それと比べると、
最近は自分の病をカミングアウトするラップが多くなったような気がするよ。
なんか聴いてて精神的不安なアーティストが増えてて、子供には聞かせづらいというか。


り 『リズムの悪さはどう解決すればいいですか?』

正しい指導による正しい訓練が解決するよ。


る 『ルートってなぜ重要なんですか?』

コード名を定義づけるためにはまずルートを見つけなきゃダメだよね、んで、コードが鳴った瞬間、人間の耳にまず入ってくるのは一番目立つ音で、それがルートなんだよね。そのルートの名前を言えるかどうかはとりあえずどうでもいいでしょう。だいたい人間の聴覚の仕組みはそういう作りなんで、世の中のコード進行はイコール、ルート進行と言ってもよくて、コード名のアルファベットは必ずそれぞれのルートを表しているわけ。コード進行と共にルートが動くのだけど、
そのルートの動きが曲のファンダメンタルな要素で、(歌とかによるメイン)のメロディーのボトムにあるもう一つのメロディーだよ。オーケストラ、ビッグバンド、アコースティックギター、ピアノ、どんなシチュエーションでも作品を確立させるにおいて必要な要素なのだから、ルートは重要というか、音楽には欠かせない、と言った方が的確だ。

れ 『レッスンを受けたいんですが遠すぎて行けません。』

スカイプでレッスンするよ。


ろ 『ロックとポップスの違いを教えてください。』

レコードを買う時、ポップスなら『シングル』かせいぜい『ベスト盤』とか買えば十分で、
ロックなら、なるべく『炎〜あなたがここにいてほしい』『狂気』『ザ・ウォール』という風に買うことだね。
だいたいピンクフロイドのベスト盤だけ聴いても全く意味ない。
逆にポップスは、どうせラジオやCMで年中かかっているから、わざわざ買う必要ないよね。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 14:14| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

ブルース

最近、リロイ・ジョーンズ著者『ブルース・ピープル』を読みました。
きっかけは、先月ごろ、おかしなパーカッションオンリーと少々のアカペラの歌のバンド演奏を聴いて、
どうしても納得いかなかったからです。

結論として、アフリカ系の音楽もアメリカの音楽も独立している、
逆の言い方すると、アメリカの音楽のルーツは、アフリカの音楽ではない。
強いて言えば、ブルースを歌う時のピッチが、譜面にできない、曖昧なものである、この
フレージングは、最初にアメリカへ来たアフリカ人によるものだということです。
そのフレージングは管楽器や弦楽器でシミュレートされ、20世紀になるとビッグバンド、
ミュージカル、映画音楽に使われるために譜面に記録されました。
ここでブルースというソング形式が作られたわけです。
つまり、完全なアメリカンミュージックなんですね、ブルースもジャズもゴスペルも。
『ブルース・ピープル』はアフリカ系アメリカ音楽の由来をたどる本なんですが、
新たにブルースという意味を考えさせられました。
ブルースとは、音楽のジャンルを意味していると思われがちですが、
音楽ジャンルになったのはごく最近です。
ブルースとは、悲しみ、切なさ、うつ状態を意味するんですね。
憂鬱な気分のことをブルースと言います。

カントリーには『ブルース』というタイトルの曲があります。
アウトロー、マール・ハガードの『ワーキングマンブルース』は、
実に『今の日本のお父さんたち』にもそっくり当てはまるものがあります。
詳しくは、メルマガ読んでくださいね。


■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 03:48| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

食べログについて

たー食べログを使いますか?
店の住所と営業時間を調べるときだけ使っている。レビューは、全くアテにしてない。

ちー小さい頃どんな子でしたか?
デブで内気で言葉を覚えるのが遅すぎて友達にデブちゃんとかへんな子と呼ばれ、保育園の先生に知恵遅れと言われてたし周りの大人に随分と心配かけたよ。ドイツの幼稚園ではオシではないかと噂され、母が真剣に困っていた。そんなこともあって学校に入るのがみんなと遅れて7歳の時なんだよね。でも学校の成績が良すぎたから担任の先生に飛び級を勧められた。なのに母は断ってしまった。あれは本当に謎。だって私は飛び級したかったもん。授業クソつまらなかったよ。

つー疲れ対策に行なっていることってありますか?
冷水で顔を洗ってから化粧してバターとブレーンオクテーンオイル入りのコーヒーを淹れる。

てー手短に今日の予定を教えてください。
明後日の横須賀チャリティーコンサートのリハーサルしてから、バンドのプロフィールを書く。

とー東京と横浜どちらが好きですか?
東京。君は?

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ブックエンドスタジオ 子安文
タグ:FAQ
posted by Foomy at 15:30| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

耳を過信するな!

[耳と目の違い]


耳は無意識的なもので目は意識的なもので、耳は、聞きたくないものでも聞こえちゃうもので自分ではコントロールしにくい。目は、見たくないものは見なきゃいいのでコントロールしやすい。目から入る情報は自分で選べるが、耳から入れる情報に関しては、ある意味、無力だ。大体、耳というのは、うっかりしていると害になるノイズばかりを受けてしまうもので、それによる悪影響を軽く見てはならない。そこのところを、耳を職業道具とするミュージシャンは、よくよく理解するべきだと思う。


最近出たジェシー・コルターの自伝に読み耽っています。益々ウェイロン・ジェニングスという男が好きになります。詳しくはメルマガ「週刊アウトロー」を読んで下さい!


FEA66E7C-6928-4B76-A4A2-AEE0649DFB77.jpg





アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 22:03| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セットリストを決めない方針とか

FAQあ〜お


アウトローカントリーのバンドってライブ用のセットリストを本当に決めてないの?
決めてないよ。だけどそれはアウトローカントリーとは限らなくて普通のカントリーやジャズやブルースも一緒よ。


今まで秘密を持ったことってありますか?
あるよ。君は?


裏表のある人間をどう思います?
人は必ず裏表あるけど、その人の裏表を見分けてそれに対応する優しさを身につけたいね。裏表には度合いがあって、
裏表の激しい人こそ、天然ブル傾向があって、比較的素直な人に限って、バカ素直に自分の腹黒さを認めるところがあるよね。


エンデはどんな人でしたか?
同じ学校を出てるせいか、子供の頃彼の本を読みすぎてたせいか、会った時、昔からの幼馴染に会った感じで、よく言えば親しみやすく、悪く言えばスリルがなかった。
お互い、何を考えているかがわかっちゃうんだよ。


おにぎりで一番好きな種類は?
うめ。2番目はこぶ、3番目はシャケ。


セットリストを決めないアウトローカントリーをもっと深く知りたい人はこちろのメルマガ購読してくださいね。
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


エンデとかに興味ある人はこちら
■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html
posted by Foomy at 16:02| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

私の黒歴史

他人が自分の心の問題について苦言を呈した。
己は「やめろ!おまえはどうなんだ!俺だけを悪者にするな!」と罵った。
身内が自分の心の問題について苦言を呈した。
己は「やめろ!おまえの問題をスルーして俺だけを悪者にする裏切り者!」と罵った。
自己批判ができずにいると、全ての人間を敵に回すことになる。

黒歴史を書きましたが、恥ずかしいので有料メルマガに書くことにしました。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
タグ:人生
posted by Foomy at 04:10| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

信頼について

FAQさ〜そ



刺身は好きですか?

普通。

酒を飲むとどうなりますか?

赤くなって機嫌良くなるよ。




信頼できる人って、いますか?それは、どんな人ですか?逆に、フミさんのことを信頼している人っていますか?

いるよ。私が失敗したり、その人の思い通りにならなかった時に、私のことを見下したりしない人がいいね。
私が信頼されているかどうかわからないけど、信頼されたいとは思っているよ。
でも本当に人を信頼してたら、「信頼してます」と言わないよね。私は照れ臭くて言えない。笑


シマンドルについてどう思いますか?

もともとコントラバス向きの三指三フレットの運指だけど、エレクトリック・ベースにも使えるなあと思う。
特にフレットレスや、小さい手の人にはシマンドル式がちょうどいい。ただし、上のポジションへ行くときは、
サムポジションというのだけど、そこはエレクトリックの場合は違って普通の四指四フレットの運指に切り替えるべし。




寿司は好きですか?

普通。




セクハラについてどう思いますか?

性的に他人を嫌がらせる行為なんだなあと思うよ。




ソルフェージュってやっぱりやった方がいいですか?

やった方がいいと思うよ。耳良くなるからね。


無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
タグ:FAQ
posted by Foomy at 19:09| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒歴史を真っ白にする方法

黒歴史を消す方法はないかと聞かれました。

答えはイエスとノーです。

消そうと思えば消せるのだと思います。
誰にも言わない、内緒にする、ということです。
更に、女性は、嘘をついたりある事実を取り消すと、だんだん、それが”事実”だと思い込んでしまう、
なんともラッキーな性質だ、と心理学部を出た娘から聞きました。そう、嘘が真実に変身してくれちゃうんですね。

私自身、長い間、この作戦で、うまく人を騙してきました。
理由は、非常に厳しい親がいたせいです。本当のことを知られると引っぱたかれ、押し入れに閉じ込められ、脅され、外出を禁じられ、公でディスられ、ウディーアレン映画ごとくの大変な目にあったんですね。つまり、自分の行動が親の思い通りにいかないと罰を受ける、それぐらいなら嘘ついた方がいい、というワル知恵が働いたのです。

そんな私ですから、長い間、失敗したことは全て”なかったことにして”おけば、誰にも気が付かられずに住む、という確信がついていました。それなりにずる賢くなり、人を騙す気楽さを味しめました。

しかしこれには大きな盲点があるんですよ!

誰にも気付かれず、というのが盲点なんですね。

自分だけが気付いているんです。

いくら他人を騙すことができても、自分を騙すことはできません!

ですから、『黒歴史を取り消す』ことは、
全く意味ないのです!

意味ないどころか、逆効果になってしまうんです。

つまり、黒歴史をなくすということ時点で、
大きな嘘をついているんですね。これ、メンタルなダメージ、大きいです。


私の場合、親はもちろん、大事な恋人や友人に対しても隠し事をもってきました。

「こんなことをあなたに知られたらあなたに嫌われるかもしれない」

という恐怖がありました。

罪がバレた場合、必死で「ごめんね」と泣き叫んで、詫びて、信頼を取り戻そうと頑張りました。

何故ならば、自分が自分を信じていなかったからです。

私は物心ついた頃から、『親に褒められる』+『親に叱られる』=『自尊心の度合い』というものの考え方でした。
成長するにつれて親の代わりが恋人や教師や周りにいる人間だったんですね。ちょっとした失敗でもバラしたら、
相手にされなくなるんじゃないか、という恐怖感が元で生きてきました。

実際バレたこともあります。バレたあと、無理してその人の信頼を取り戻そうとした時の自分が卑屈で仕方ありません。

私は20歳で軽い挫折を覚えて、ちょうどその時に日本に一時帰国しており、ある出版社から本を出す依頼をいただき、こんな失格の私が本を書くのに値しないと思いましたが、問題直視を兼ねて書くことにしました。しかしまだ若すぎたんでしょうね、今読み返すとまだまだ綺麗事が多すぎて恥ずかしくなります。何より、書き終わった後のスッキリ感が、正直言って、ありませんでした。

それから帰国後に二冊目の本を書くことになり、今度こそぜんぶ暴露しようと決心しましたが、勢い良すぎたのか、その時に付き合っていた日本人の男に気を遣いすぎて、今ひとつ根本に踏み込めなかったです。

あれから母とリレーエッセイ集を出しましたが、ここでは母に気を遣いすぎて今でも自分で読み通す気になれないぐらい、論外の本になりました、表紙は可愛いけど。

そして離婚後にシングルライフをなんちゃった的に面白おかしく描写するエッセイ集を書きましたが、正直なところ、この、最後の自分についての本が、一番出来が良かったと自分で思っています。やや乱暴に思いついたことを書いたんですけどね、スッキリ感はこの四冊の中で一番ありました。たくさんの同性の方から「目から鱗」とか「勇気もらった」などのお手紙もいただきました。

ただ、それでも黒歴史を書けていないんですよ!

何故ならば、自分のブラックホールと直視するのは、一番辛いんですよね。

辛すぎるので、四冊目を最後として、それ以外は、ベースとかシュタイナー教育とかについてしか書いていません。そう、己を語るよりも、物を語る方が、ラクなんです!!

「へえ、ベースってこうなんだあ!」
とか
「なるほど、シュタイナー教育ってそういうことなんですね」

と言われる方が、

「へえ、フミってこうなんだあ!」

なんて言われるより、ずっとラクでした。

でも、それでは人は成長しない、成功したいのなら、まず自分の黒歴史を直視しろ、何故ならばそこから学べることがいっぱいあるから、というようなことを今日、ある経営コンサルタントのメルマガで読みました。

自分の黒歴史を本当に真っ白にするには、まずその黒歴史と向き合わなくてはならないのです。

早速、私も、自分の黒歴史を掘り下げようと思います。
より深く深く深く掘り下げたいと思います。
掘り下げるだけじゃなくて、そろそろ外に出して心のデトックスする。。。まずはそこからですね。

恥ずかしいのでメルマガで発表するつもりです。

読まれた方は、ご自身の黒歴史を掘り下げてみてください。
人のことよりも自分のデーモンを抉り出す方が100倍難しいから。

ありがとうございます。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
タグ:アウトロー
posted by Foomy at 15:23| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする