カテゴリ
生活(1324)
(2880)
音楽(275)
雑学(38)
ドイツ(32)

2017年02月08日

ケーデンズ



ポピュラーミュージックによく出てくるケーデンスを紹介します。
どのケーデンスも一般性が高いので覚えると便利だし、反復が多いので覚えやすいです。
この手のスタンダードなコードチェンジの指癖をつけておくと、
ジャムセッションや初めての曲を覚えるときに役に立ちます。
ギターの人は、一つの形で覚えたら、それをカポタストで他のキーでも弾けちゃいます。
ベースの人も、一箇所のポジションで覚えたら、それを『ズラす』ことによって別のキーでも弾けるでしょう。
上級者は、一箇所のポジションで様々なキーで弾けるようにしましょう。
そのためのフィンガーリングを知りたい人は、ブックエンド・スタジオでレッスン受けてみてください。

ケーデンスを覚える前にスケール音を度数で考えましょう。
西洋音楽でキーを7音とするので、1から7までの数字しか使いません。
例えば典型的なケーデンスに1625というのがありますが、
これはどういうことかというと、「1度、6度、2度、5度」ということなんですね。
ただそう言うのは時間がかかりすぎますね。
日本のジャズミュージシャンは「いちろくにご」と言います。
これも悪くありませんが、なんだか電話番号みたいで、ちょっと抵抗あります。
英語圏ではカレンダー式に読みます。
例えばアメリカ人は「Sixteenhundred-twentyfive」。
ドイツ人は『100』を省いて「16」と「25」。
こうしてカレンダー式のように覚えると覚えやすいです。
例えば「せんろっぴゃくにじゅうご年」、と。

これから色々なケーデンスを紹介しますが、
ぜひこのようにして覚えてみてください。


今回はメジャーコードのみによる進行を考えます。

Die Dur-Kadenz 1451(せんよんひゃくごじゅういち年)

クラシック音楽から来ているため、ドイツ語でdie klassische Durkadenz(I-IV-V-I)と呼ばれます。
いわゆる3コードモーションです。学校で最初に覚える進行だったりします。

1:1145(せんひゃくよんじゅうご)
とてもキャッチーなため、ポップスに出てくるパターンです。
Guantanamera
La Bamba
Twist and Shout
Breakfast at Tiffany's

2:14(じゅうよん年代)
I-IVをよく使う曲はルーツ音楽には大変多いです。

Are You Sure Hank's Done It This Way
Oh Lonesome Me
In the Midnight Hour
Boom Boom
Do You Believe in Magic
Domino
Gimme Some Lovin'
Lay Down Sally
Mystery Train
Red House
Satisfaction
Never Going Back
Start Me Up
The Night They Drove Old Dixie Down
Undercover Of the Night
Whatcha Gonna Do

3、54-11(『54年代11月』)
日本では逆行モーションと言います。
ミクソリディアン・コード進行とも呼ばれます。
これもやはりルーツ音楽に多く出て来ます。
ブルースの9小節目からと同じモーションですね。

Sweet Home Alabama
Ring Of Fire
Magic Carpet Ride
Maggie Mae
Swingin (Tom Petty & The Heartbreakers)
Sympathy For the Devil
You Can't Always Get What You Want



3:ブルース
1111、4411、5411
言うまでもなく、ブルースです。
ギター奏者は、とりあえずEかAのブルースを覚えます。
他のキーのブルースは、カポタストを使うか、『ズラす』といいでしょう。
ブルースはソニー・ロリンズやチャーリー・パーカーやセロニアス・モンクのものもありますが、
フラット・キーよりも初めのうちはシャープ系かせいぜいFかCまでがわかりやすいでしょう。
ジミ・ヘンドリックス、BBキング、レイ・ヴォーン、クラプトン、CCR、
ストーンズ、カール・パーキンス、チャック・ベリー、ディラン、プレスリー、
フリートウッド・マック等が比較的わかりやすいです。

4:カントリー進行

I7 I7 IV7 I7
V7 IV7 I7 V7
or
I IV I I7
IV V I V7

『8小節ブルース』とも呼ばれますが、これはジャズ(ラグタイム)の要素が強いです。

Midnight Special
Corrine Corrina
Alberta




厳密にはブルースはダイアトニックではなくなっています。
ブルースの場合のように5度以外にもb7thが付いているコードをセカンダリードミナントと言います。
セカンダリードミナントはクラシックの時代から使われていましたが、
セカンダリードミナントという概念を意識するようになったのはジャズからです。
ジャズのケーデンスはこちらで紹介しております。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html


タグ:コード music JAZZ
posted by Foomy at 03:45| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

ベース・ジョーク

夫婦が一緒にカウンセリングを受けることになった。
会話がないため結婚生活の危機に陥ったそうだ。 カウンセラーはなんとかして二人を会話させようとしたが、
お互い無視し、腕を組んだまま、口を閉じていた。
ついに彼はウッドベースを取り出し、ベースソロを弾いた。
いつのまにか二人は見つめあい、おしゃべりしていた。
自分たちも信じられないようで、妻は驚いた。「何ヶ月ぶりにしゃべったわ!」
夫はカウンセラーに聞いた。「なぜこんな奇跡が起きたのでしょうか?」
「こんなの簡単だよ」とカウンセラーは答える。「誰でもベースソロの時は喋りだすさ!」

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

タグ:JAZZ
posted by Foomy at 02:43| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

癖を直す

アメリカの自助セラピーで、左手にペンをとって思っていることを書く、というのがある。左利きなら右手で。慣れていない手で書くと殴り書きができずじっくり考えて書くようになるからだろう。誤解されやすい人とか自分の気持ちが相手に伝わりにくいタイプの人は、自分の頻繁に使う言葉やら言い癖やらに目を向ける必要がある。そのためには、慣れない手で書くのは効果的かもしれない。私を知らない人に私は『自分の思うことをなんでも率直に書ける人』というふうに思われている。それは、日本語が私にとって外国語に近いからかえってじっくり考えて書いているおかげだと思う。こうして日本語の文章をパソコンで打つのは、私にとって慣れない左手で書くのとちょっと似ている。

発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
タグ:相談
posted by Foomy at 22:25| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

オルタード・ノート

Altered Notes『オルタード・ノート』はドミナントセブンスに使われます。例えばC7ですと通常Cミクソリディアンの一部をAlter(変える)ということです。よく使われるのは、ディミニッシュスケール、スーパーロクリアン、リディアンドミナント、ホールトーン。本来ならミクソリディアンに『属さない』音たちのことをオルタード・ノートと呼びます。
なお、Altered Scaleオルタード・スケールとは、スーパーロクリアンのことです。通常、ここにC7b9とかC7b9b13とかCaug7とか書いてあったりします。最近ではC7altとも言います。AltはAlteredの省略です。変化したC7、普段と違うC7という意味なのです。
C7alt
C (root),
D♭
D♯
E
F♯ or G♭
G♯ or A♭
B♭

いつどのスケールを使うかは、プレイヤーがその時の周りの音から決めればいいです。別に毎回オルタードノートを入れる必要はありません。普段通常のミクソリディアンを弾いてたまに一瞬b13やb9を入れて「おっ!」と言わせるのもありかなと思います。だいたいキーボードの人はガンガンとテンションを入れまくってるので、もうそれが十分なヒントになっているはずです。私は昔ジャズかぶれのキーボーディストのバックでベース弾いていたのが長いので、あえてルート、フィフス、シックス、ナインス、テンス以外はを何も弾かなかったです。それでも「一緒にやって気持ちいい」とか言われるのですから、あの人たち、だいたいベースなんてほとんど聞いていません。ただ、ベースが間違ったことをすると、気づかれます!おかげで長年冒険心のない無難な演奏をしてきました。最近、名古屋の中古のお店でひょんなはずみでヴァイオリンを買ったので自らソロの時にオルタードにチャレンジしようかなあと思っています。カントリーフィドルのソロに取り入れると格好いいかなあと。あ、これはジャズだけじゃなくてカントリー、ウェスタン・スウィングなんかにもよく出て来るんですよ。そもそもジャズよりもっと昔からありました。ドビュッシーとかラベル聴いてみてください。

もっと知りたい人はメルマガ登録をお願いします!!
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

タグ:JAZZ コード
posted by Foomy at 22:04| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

知的かバカか、そこではない。

押売り電話がかかってきた。暇なので営業トークの練習を兼ねて会社名聞いて
相手に話をさせながらネットで調べたら、会社のスローガンは:

『私たちは、人とテクノロジーとアイディアの大きな架け橋となり、価値創造を社会につなげるリーディングカンパニーであり続ける。このミッションのもと、社会の問題点や「あったらいいな」に着眼し、より多くの人々へ「価値創造」を届けるため、私たちは日々挑戦を続けています。社会と、顧客と、社員と(ローマ字で書かれた会社名)を取り巻く全てと、私たちは共に歩んでいきたい。そんな弊社と共に歩んでくれる仲間に出会えることを、私たちは楽しみにしています。』

この時点で完全にアウトなのだけど、反面教師を兼ねて話しを聞く。時々「はい」と答えないと相手は不安になる。
簡単に言うと、個人運営でやっている教室がヤフーとグーグルの検索に引っかかりやすいようなサイトを作るために協力します的な営業である。日本語会話練習になるので、ボケてたくさん話しさせてみたが、ちょっと話すとすぐ「もしもし?」と言う。「聞こえてるから早く言え」と言うと、「今、大丈夫ですか?」「だってここまで長く話してるんだもん、大丈夫に決まってるじゃん」「あ、それなら...

えっとですねえ、子安様はただいま教室をもっと大きくしたいとかお考えでしょうか?」
「あなたはどう思う?」
「わかりません」
「はははは笑」
「子安様の現在の教室にもっとたくさんの地域の方々が通われるようになったら、というのをイメージできますか?」
「イメージ?」
「え...何か...?」
「いやいやどんどん話して。聞こえてるしイメージできてるから」
「あのーだけどお客様と会話ができないと...」
「だってあなたからかけてきてるんでしょう」
「あっはい。子安様はウェブサイトお持ちでしょうか?」
「というか、あなたはこのウェブサイトを見てここにかけたんでしょう?」
「あ、そうでした。失礼!
「わははは!!!で?」
「で、本日はですね、あの、もしもし?」
「はい」
「あのー子安様は今現時点で生徒さんを募集なさっているんでしょうか?」
「あなたはそれについてどう思う?」
「わかりません」
「あなた何歳?」
「はい?」
「25歳でしょう?」
「な、なぜ、わかるんですか?」
ここでドイツの友達からスカイプがかかってしまったので、切ったが、なかなかいい勉強になった。

今日の収穫:
1、なにがなんでも10秒おきに「はい」と答えてあげないと相手は不安になる。
2、「イメージできますか?」と聞くのが流行っている。
3、マニュアルを読みながら話そうとすると状況が掴めなくなる。
4、知的もバカも関係ない。

社交場でやたらと知的な会話をしたがる人は、知的であるとは限らない。
本人が馬鹿だと周囲に迷惑である。むしろ『知的でない話題』を提供できていた方がずっと安全だし、
面白いし、周囲のためになる。周囲に気を遣いすぎるほど遣っているのに、どうも「馴染めない」人は、
「気の遣い過ぎ」が周囲を苛立たせている。人は知的だから凄いってわけでもなく、
バカだから駄目ってわけでもなく、気を遣うのが良いわけでも悪いわけでもないのです。

ウェイロン・ジェニングスのような究極のバカもアウトロー!
クリス・クリストファーソンのような超エリートもアウトロー!
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


「シュタイナー学校はバカの行く学校?!」>答えはYesとNoです。
■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html

「やっぱりバカはモテない?」>バカでもモテます。
■コミュニケーション能力をあげたいなら[人生相談:今より10倍モテる!]
 http://www.mag2.com/m/0001645950.html


タグ:人間関係
posted by Foomy at 17:22| 東京 ☀| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馴れ合い的な愛想笑い、疲れません?



今、風呂からあがったらテレビでお笑い芸人たちがキャベツを買ってお好み焼きを作ってるのをやっていた。みんなゲラゲラ笑って「ひっくり返すの早かったかな」「まあいいか」とか「うまくない!」と言いあいながら、お互い貶し合ったりしてふざけているのか本気なのか最後までわからず、料理は美味しそうでなく、彼らの会話は面白くないというかほとんど笑いでごまかしてばかりいて会話が聞き取れない、というか、日本語になってない(まあ関西弁だけどミュージシャンにもいるんだよねえ関西弁でごまかす奴ら)。面白くもなんもないのにあんな大声で笑えるって、どれだけ最近の芸人たちのハードルって低くなったんでしょうか?

最近、芸人たちが本職と違うことをやって楽しんでるのを企画にした番組が増えている。多分、芸人もネタ切れしているのだろう。しかし、なぜみんなそんなに笑ってはしゃぐのだろうか。そんなに本職以外のことする方が楽しいのだろうか。自分の才能を発揮して人を楽しませるのが芸人の仕事だと思うけど、くだらないお好み焼きなんか作らないで真面目に人を笑わせる芸を極めてほしい。

追記:あと、キャベツのことを「甘い!」と褒めるのもよしてほしい。だって美味しい野菜は甘い必要ないのだから。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
posted by Foomy at 03:19| 東京 ☀| スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

日本でのシュタイナー教育についてのブログでは書けない本音

日本におけるヴァルドルフ教育〜ブログでは書けないことをメルマガ『ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜』で2月6日19:00時に配信します。

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 20:32| 東京 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

ビジネスとプライベートの両立

昨日は2年(?)ぶりに仕事と全く関係ないことをやって過ごしました。
起きてすぐに音楽と関係のない人との飲み会へ行き、
家に帰るとその弾みで昔の映画が無性に見たくなり、
まずは70年代のホラー映画
「キャリー」を観ました。時代を感じましたが、
これぞ私が子供の時代に憧れていたアメリカのイメージです。
この時代を代表する大スターがクリス・クリストファーソンだったりします。
詳しくは
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

しかし『キャリー』を観た後、
どうもこのままじゃ眠れない気がして、
90年代のイギリス映画「トレインスポッティング」を観てしまいました。

朝まで見入ってしまい、午後まで寝て、
ちょっと反省して真面目にレコーディングとかしました。


ビジネスとプライベートの両立についてメルマガ配信します。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

posted by Foomy at 05:47| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

ローカルな人間関係

世の中で一番怖いのは


1.ママ友のランチ 

2.ローカルバンド等の馴れ合い軍団の飲み会


もちろん『ママ友の飲み会』は1と2と合わさっているのですから、もう、地獄です。

『社会病』を生む根源はこのような群れではないでしょうか。


恐るべき “ママ友” 「いつも上から目線で傲慢な態度をとる集団」「ランチで亭主や教師の悪口言う親同士」 。 こわいですね〜ママ友というジャンルは。あれこそが子供たちの未来に良くないということがわからないほど、保護者は馬鹿なのです。


我が子の保育園の卒園式の後、何の気なしに参加した「ママ友打ち上げ会」…そこには恐るべき世界が…言葉遣いが荒くて声がデカくて悪口半端なくて、土地柄かなと思いましたが、経堂のバレエ教室も、成城学園前の中学校も、ママ友はママ友、どこもたいして変わらず ママ友、やっぱりいいや(笑)。


とはいえ人は社会の動物。地元の人との付き合いはやむを得ないのですから、とくに喧嘩する必要もありません。ママ友も付かず離れず、必要最低限の付き合いでいいんじゃないでしょうか。ローカルなセミ・アマチュア・バンドにも似た性質が見られるので、地方とかでバンド活動なさる方は、なるべくバンドメンバーと仲良くし過ぎないように心がけるのが良いかもしれません。もちろん日本の業界が全般的に馴れ合いの集団ですから、プロのミュージシャンもご用心ください。ただ、ママ友と違うのは、上から目線の代わりに媚びを売る性質を強く持っています。ですから元気いっぱいに大声で「あざーっす!!!」と親しげにしてくるわりには、本質的にはモンペの機嫌をとる哀れな学校教師とあまり変わりません。


もちろんこうした昼ドラ的ドロドロした人間関係が大好きな方々は、これからもおおいにリアル世界でドロドロ馴れ合ってくださいませ。


7A377114-61BE-4C08-93D4-03E9055BC283.jpg


登戸マニック、向ヶ丘遊園駅の近くへ移りました。

相変わらず美味しかった!





発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
posted by Foomy at 16:30| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

楽器選び〜一般の楽器店にご用心

普通はこう、とか言われるのを嫌う人がいるが、私は、「人それぞれ」とか「いろんな人がいますから」とか「その人次第ですから」などと言われるのが大嫌い!もっともらしくてすごく上から目線じゃない?

昨日もバカな店員に「まあ、好みはお客様しだいですからねえ」と言われ、その時点で「ブログネタが増えた」と思った。

知人の息子さんがベースを始めるので、ベースの買い物を付き合ってくれないかと頼まれ旦那と私とその知人親子4人で、とりあえず超一般的でメジャーな山野楽器新宿店へ行った。知人の息子さんは初心者用なので、予算は10万円以下と店員に伝えると、もう「10万以下で...」と私が言った時点から店員の目つきが悪くなっていた。

知人がサンバーストのベースを指差してこれどうかと聞くと、私が「普通すぎるからダメよ」と答えた時、その目つきの悪い店員はニヤニヤ笑って「まあ好みはお客様しだいですからねえ」。多分「買う人は彼であり、あんたではないのだから、あんたは黙れ!」と言うつもりだったのかもしれない。どういう勘違いでこんなバカなコメントを言ったか昔の私だったらツッコミ入れていたに違いないけど、今の私はそれすらせずすかさず奥でのほほんとサドウスキーを試している夫の方へ向かって行き、「Let's get the hell out of here早くここを出よう!」とささやいた。四人は店を出て、タクシーに乗り込んで、信頼しているいつものベース専門店へ行ってそこで上質なベースを見つけた。そこの店長はすごいナイスガイ。10万円をかなり超えてしまったがその価値はある。おかげで思いがけずその近くのペルーレストランのプライベートパーティーにも参加できて、美味しいお酒と料理を堪能し、見ず知らずの南米人とワイワイ騒いだ。そこのシェフもすごいナイスガイ。こんな素敵な思いができたのも山野楽器の不機嫌な店員のおかげである。良い店も悪い店も人間しだいですからね。

この時代は、ちゃんとした個人のお店でなければ、割り切ってネットで買い物する方がマシだと思う。私はそうしている。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
タグ:music bass
posted by Foomy at 22:33| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする