カテゴリ
生活(1339)
(2885)
音楽(299)
雑学(48)
ドイツ(37)

2017年05月29日

ベースのFAQ

CC9003D3-030C-45AE-98D7-267E1F10C16C.jpgブックエンドスタジオ2017年サマー・セミナー
インプロヴィゼーション・コース  3日間集中(連続)コース

コース情報

インプロヴィゼーション・コースを、極めて短期間での受講を希望されている方にとって朗報です。
今回、通常1年掛けて学ぶインプロヴィゼーション・コースを、3日間に凝縮いたしました。
3日間でアドリブに必要不可欠なスキルを、座学ではなく、
アンサンブルやエクササイズなどを通して学ぶスタイルで習得していくことが出来ます。
日頃多忙で時間が取れない方でも、インプロヴィゼーション・コースの効果をそのまま体得できる絶好の機会ですので、
このチャンスを逃さずチャレンジして下さい。
この集中コースは、クリエイティヴなベース・プレイヤーへ
と成長するための大切な最初のステップになります。

この3日間集中コースでは、変化の多いキー、コード、リズムに
臨機応変に対応するスキルを習得します。
周囲の音に対しフレキシブルに反応し、変化の激しいメロディーをサポートして時には
自分のソロでリードしていく方法を学びます。
この集中コースを修了すると、創造性豊かなインプロヴァイザー、
クリエイティブにベースラインを組み立てられるベースプレイヤー、
知性を備えソロが取れるミュージシャンとなる準備が整います。
この集中コースでは、学んだスキルをご自身のバンドやセッションなどのライブや仕事で実践していきます。
それにより、自らの習慣をより成果の上がる方向に変えていく事ができるのです。

参加対象者:初心者〜中級者〜プロ
自分のパフォーマンスを最大化、より自由なインプロヴァイザーとなり、
ジャム・セッションや自分のバンドにもっと高い価値をもたらしたいと思っている、
あらゆるレベルのミュージシャン、社会人、学生。
3日間でベース・スキルを習得したい方(例えば、バンドで忙しい人や音楽業界に携わる人、
遠方にお住まいで普段ブックエンドスタジオに通えない方、
毎週のベース・レッスンを受講できない多忙な社会人など)。

無料メルマガ、朝9時ごろに配信します。

FAQあーお


あなたは何フェチですか?
声と靴フェチかな。



慰問ライブしたことありますか?
あるよ。刑務所と老人ホーム。



(相手を自分より)上か下かで見ますか?
見ないね。強いて比べるならマズローの欲求5段階説で見るかな?


笑顔って大事ですか?
昨夜やっぱり笑顔は大事だと思った。
私、譜面見てないから観客の表情はすごくよく見てるのね。
自分の演奏は大事だけどやっぱり聞きにくる人が嫌な思いするのは嫌だから…究極的にはそれしか考えてなかったりする。
全然笑わなくても終わって握手しにきて楽しかったですとか言いにきてくれるとホッとしたりするんだよね。


お母さんの作る料理で好きなのは何ですか?
ないの。

FAQ『あ〜お』ベース版の答えを知りたい方は無料メルマガ登録お願いします。
無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
posted by Foomy at 03:27| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間の使い方

C689CA15-D465-4771-8A07-7FC56645F3C0.jpg
今日は久しぶりにライブとかリハーサルとか何もない日だったので、
朝から家の屋上で寝そべりながらポッドキャストでニール・ド・グラスのインタビューを聞きました。
それからコーヒーを淹れて朝食後、コントラバスの練習して、ニール・ド・グラスのスピーチを
YouTubeで見まくりました。
「自然科学者の飲み会に一人だけ普通の人が参加すると、
その人が「俺、理数系は苦手なんだよね、
学校の時、数学の成績悪かったから」」
と平気で言って一人で笑ってることがあるって。

もし作家とか画家とか詩人とか脚本家とかミュージシャンとかいわゆる文系の人たちの集いで
一人理数系の人が
「私、名詞とか動詞とかよくわからないんですよ、あははは...!」と言ったら、
どうなるか?って。全然笑えないよ!
プロフェッショナルが集まるところで、「無知丸出し」をするなよ、全然面白くないし、
笑ってるのは本人だけで、子供でもない限り可愛くもないし楽しくもないゾッそれ!
って怒ってた。プロに嫌われたくないなら、無知丸出しは族座にやめろ!
プロに好かれたいならこっそり勉強しろ、
そして場違いなことを言いそうになる前に、トイレへ行ってこっそりググれよ!
それをプライドが許せないなら家へ帰ってゆっくり本を読めって。

いやあ、本当に久々にスッキリしました。

本を読んだり勉強したりする時間とお金がない?そんなあなたには、メルマガで時間と
お金をいかに無駄にせずにスキルアップしてプロにも異性にもモテモテになる方法を教えます。

時間の使い方についてメルマガ書きました。よろしくね^^
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 00:25| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

思い込みよさよなら

偏見って、とても面白い『エネルギー』で、人は多かれ少なかれそれを持ってるんです。
大事なのは、それに気づくことなんですね。多くの人は、今、自分にバイアスがかかっていることに気づいていません。
私もそうなんですが、バイアスを克服する前にバイアス自体に気づいてないもんだから、いくら自分は正しいとか相手は間違っていると確信しても、それがなんだ?って話なんですね。

よく「意外〜!」とか「ありえない〜!」いう日本語を聞きますが、これ、実はバイアスがかかってる人に多いリアクションだと思うんですよ。「私はあなたのことを今までこうだと思っていたのに、あなたは私の中のイメージと全然違ってた!」て意味で、本当は、「私にはバイアスがかかっていたんダァ!」という気づきのファーストステップに使えるかもしれませんね。

まあそういったもんがいきすぎてイジメやらパワハラやらあらゆる問題が発生するわけですが、それらを私が通っていたシュタイナー学校ではどうやって解消したか?詳しくはメルマガを読んでください。

よく「子供のようにピュアになろう」とか「視野を広げよう!旅しよう!」なんて運動を目にしますが、私に言わせるとそういうのも不要で、今すぐここで始められるんだと思うんですよ。それのハウツー知りたい人はメルマガを読んでください。

これから笹塚のリバティーベルというカントリーの箱でカントリーのライブやります。カントリーといえば、あの不思議な帽子、ブーツ、ベルト、というイメージを持たれますが、私たちは普通の格好でカントリーを演奏します。これこそ日本の皆さんの『思い込み』を覆すかもしれませんが、私たちのサウンドを聴いて「意外〜!!」「見た目によらず〜!」と思われることでしょう。笑


教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html



英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


posted by Foomy at 15:46| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

トロピカル・カントリー

最近、ある音楽ジャーナリストが書いたジミー・バフェットの伝記を読んでいます。
ジミー・バフェットも音楽ジャーナリストだったんですね。
同業者の書いた伝記...面白いです...

特に、あの放送禁止の曲をヒットさせてしまった由来の話が面白すぎます。

ジミー・バフェットがこの曲を書いた時、
ウェイロン・ジェニングスのピンボール仲間・ソングライターのトムパル・グレイザーから、
「こんな歌詞はカントリーじゃねえ!」と言われたそうです。
それに対してジミー・バフェットは、「でもカントリーと言えば3コードに真実って言うじゃない?」

ナッシュヴィルの保守的なプロデューサーにも「キャリア・ダウンするぞ」と助言されました。
それに対してジミー・バフェットは、「そもそも俺にはキャリアがスタートしてない。
ダウンどころかキャリアが始まってないのだから、アップもダウンもない。」と。

面白いことに、この曲は放送禁止とされたにも関わらず、ジミー・バフェットの
トレードマークになりました。

その曲は、ブログではちょっとキツイので、
メルマガで紹介しますね。

今夜は阿佐ヶ谷ジャンブジャンブでライブですよ〜

そして明日は笹塚リバティーベルです。

気が向いたら、ジミー・バフェットもやるかもです。

子安フミ




■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html



ブックエンドスタジオ2017年サマー・セミナー
インプロヴィゼーション・コース  3日間集中(連続)コース

コース情報

インプロヴィゼーション・コースを、極めて短期間での受講を希望されている方にとって朗報です。
今回、通常1年掛けて学ぶインプロヴィゼーション・コースを、3日間に凝縮いたしました。
3日間でアドリブに必要不可欠なスキルを、座学ではなく、アンサンブルやエクササイズなどを通して学ぶスタイルで習得していくことが出来ます。
日頃多忙で時間が取れない方でも、インプロヴィゼーション・コースの効果をそのまま体得できる絶好の機会ですので、このチャンスを逃さずチャレンジして下さい。
この集中コースは、クリエイティヴなベース・プレイヤーへと成長するための大切な最初のステップになります。

この3日間集中コースでは、変化の多いキー、コード、リズムに臨機応変に対応するスキルを習得します。
周囲の音に対しフレキシブルに反応し、変化の激しいメロディーをサポートして時には自分のソロでリードしていく方法を学びます。
この集中コースを修了すると、創造性豊かなインプロヴァイザー、クリエイティブにベースラインを組み立てられるベースプレイヤー、
知性を備えソロが取れるミュージシャンとなる準備が整います。
この集中コースでは、学んだスキルをご自身のバンドやセッションなどのライブや仕事で実践していきます。
それにより、自らの習慣をより成果の上がる方向に変えていく事ができるのです。

参加対象者:初心者〜中級者〜プロ
自分のパフォーマンスを最大化、より自由なインプロヴァイザーーとなり、
ジャム・セッションや自分のバンドにもっと高い価値をもたらしたいと思っている、
あらゆるレベルのミュージシャン、社会人、学生。
3日間でベース・スキルを習得したい方(例えば、バンドで忙しい人や音楽業界に携わる人、
遠方にお住まいで普段ブックエンドスタジオに通えない方、
毎週のベース・レッスンを受講できない多忙な社会人など)。

概要

一日目:
レッスン1 ソロの耳コピ
レッスン2 コードの耳コピ
レッスン3 スケールのワークアウト
レッスン4 コードのワークアウト・アンサンブル
二日目:
レッスン5 ソロの耳コピ
レッスン6 コードの耳コピ
レッスン7 スケールのワークアウト
レッスン8 コードのワークアウト・アンサンブル
三日目:
レッスン9 ソロの耳コピ
レッスン10 コードの耳コピ
レッスン11 スケールのワークアウト
レッスン12 コードのワークアウト・アンサンブル


神奈川県川崎市, 登戸新町463 ブックエンドスタジオ1F

2017年 8月 11日 金曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

2017年 8月 12日 土曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

2017年 8月 13日 日曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

お得な割引:
1日・12,000円が全3日間申し込むと30,000円になります。

申し込みは:bookendstudio@gmail.com
子安フミ http://foomykoyasu.com/


posted by Foomy at 03:16| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒエラルキー

アーティストはヒエラルキーにおいてついつい外を見てしまう。
新しい人と知り合うと、反射的に「この人は自分にとって何を提供してくれるかな?」
「この人はいかにして今の自分をもっと良い自分にさせてくれるかな?」
「この人から自分は何を学べるかな?」
と自問するところがある。
そう、アーティストは、相手のことを「自分より上(学べる立場になれるか)か下(教えなくてはならない立場なのか)か?」
という風に見てしまう。
残念ながら、二流のアーティストは、自分自身の中を見ることができない。
それは、「今日の自分は昨日の自分から何を学べるか?」とか、「自分は過去の自分から何を学べるか?」というような自問である。

byスティーヴン・プレスフィールド

ヒエラルキー

ヒエラルキーとはドイツ語からくる言葉で『階層付け』という意味ですが、もっとわかりやすく言えば『ランク付け』ですね。
政治、経済、軍隊、教育制度、スポーツ、この社会はランク付けばかりです。
私自身、ランキング・オタクです。ランキングが変化するのをグラフ化して分析する。楽しいですね。
社会のランキングはピラミッド式にできていて、労働者階級が一番多くて真ん中辺が上流・中流・下流でいうと下流が一番底で人口も多い。
専門職の社会も同じく、一番底にいるのが『あまり売れない』、真ん中が『そこそこ売れてる』、トップが『絶好』のやつですね。
同じく大学も、ピラミッド式で、日本では一番上には東大があって、その真下に早稲田、慶応、一橋、京大、阪大があって、また更にその下に...
そして底には無数の偏差値の低い人でも入れる大学がある。...

このように、ランキングというのは、何かの{レベル}を測るために使われます。

他のものと比較することによって、物事を相対的に見て、今現在のスタンスを知る。この重要性、一つの物差しになるんですね。

それから個人レベルのランキング付けというのがあります。
個人レベルになると、ややこしくなります。これに関しては、
差別とかブログじゃ書けないネタになりますので、メルマガで紹介します。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 02:43| 東京 ☁| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

悩みを克服する

ザック・ガリフィアナキスというアメリカのコメディアン・脚本家・作家のインタビューをポッドキャストで聞いたら、
彼は子どもの頃ディスレクシアで、それについて日記をつけていたと言っていました。なるほど自分の障害をネタにして
成功したんだなあ。ウチの生徒にも何回も同じ試験で落ちた人がいました。その彼女には「そのことをネタにするといいわよ」と言いました。そう言われた彼女は次の試験は受かったのです!最近、「ネタが無い」と言う生徒さんにも「じゃあ、ネタが無いことについて書きなさい」と言いました。詳しくはメルマガを読んでください。

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1



posted by Foomy at 23:15| 東京 ☁| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

モンスター・ペアレンツは社会の毒

モンスター・ペアレンツ(英語でヘリコプター・ペアレンツ)についての米ポッドキャストを聞いた。今や英語圏の国々では大問題だというが、日本も問題かも。子供を放っておくことができず、四六時中監視する、という点では単なる『過保護』ということになるが、何が恐ろしいかというとモンスター・ペアレンツは、自分以外の大人たちを全く信頼できていない、という点だ。学校の教師を始め、幼稚園の先生、習い事の先生、友達の親、近所の大人、公共の場でちょっと微笑みかける大人、あるいは迷子の時に面倒見てくれる他人などなど全ての『親以外』の人間を信じてはならない。モンスター・ペアレンツは子供達に早いうちから「誰もを信じるな!」と教え込んでいる。その結果は、素直でない、捻くれた、可愛げのない、警戒心の強い、社会性のない、引っ込み思案な、愛嬌のない人間たち。これはビジネスにもプライベートにもマイナスにしかならない・・・

さて、ベース・スクールでは2017年サマー・セミナーの参加者を募集しています。

ブックエンドスタジオ2017年サマー・セミナー
インプロヴィゼーション・コース  3日間集中(連続)コース

コース情報

インプロヴィゼーション・コースを、極めて短期間での受講を希望されている方にとって朗報です。
今回、通常1年掛けて学ぶインプロヴィゼーション・コースを、3日間に凝縮いたしました。
3日間でアドリブに必要不可欠なスキルを、座学ではなく、アンサンブルやエクササイズなどを通して学ぶスタイルで習得していくことが出来ます。
日頃多忙で時間が取れない方でも、インプロヴィゼーション・コースの効果をそのまま体得できる絶好の機会ですので、このチャンスを逃さずチャレンジして下さい。
この集中コースは、クリエイティヴなベース・プレイヤーへと成長するための大切な最初のステップになります。

この3日間集中コースでは、変化の多いキー、コード、リズムに臨機応変に対応するスキルを習得します。
周囲の音に対しフレキシブルに反応し、変化の激しいメロディーをサポートして時には自分のソロでリードしていく方法を学びます。
この集中コースを修了すると、創造性豊かなインプロヴァイザー、クリエイティブにベースラインを組み立てられるベースプレイヤー、
知性を備えソロが取れるミュージシャンとなる準備が整います。
この集中コースでは、学んだスキルをご自身のバンドやセッションなどのライブや仕事で実践していきます。
それにより、自らの習慣をより成果の上がる方向に変えていく事ができるのです。

参加対象者:初心者〜中級者〜プロ
自分のパフォーマンスを最大化、より自由なインプロヴァイザーーとなり、
ジャム・セッションや自分のバンドにもっと高い価値をもたらしたいと思っている、
あらゆるレベルのミュージシャン、社会人、学生。
3日間でベース・スキルを習得したい方(例えば、バンドで忙しい人や音楽業界に携わる人、
遠方にお住まいで普段ブックエンドスタジオに通えない方、
毎週のベース・レッスンを受講できない多忙な社会人など)。

概要

一日目:
レッスン1 ソロの耳コピ
レッスン2 コードの耳コピ
レッスン3 スケールのワークアウト
レッスン4 コードのワークアウト・アンサンブル
二日目:
レッスン5 ソロの耳コピ
レッスン6 コードの耳コピ
レッスン7 スケールのワークアウト
レッスン8 コードのワークアウト・アンサンブル
三日目:
レッスン9 ソロの耳コピ
レッスン10 コードの耳コピ
レッスン11 スケールのワークアウト
レッスン12 コードのワークアウト・アンサンブル


神奈川県川崎市, 登戸新町463 ブックエンドスタジオ1F

2017年 8月 11日 金曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

2017年 8月 12日 土曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

2017年 8月 13日 日曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

お得な割引:
1日・12,000円が全3日間申し込むと30,000円になります。

申し込みは:bookendstudio@gmail.com
子安フミ http://foomykoyasu.com/
posted by Foomy at 04:28| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

ルーツ音楽の勧め

ボブ・ディランは、「音楽、絵画、彫刻、小説、全ての芸術作品は古ければ古いほど良い」と言っています。
古い音楽が時代を超えて今でも聴かれているのには、訳があるんです。
昔の曲は歌詞を通じて様々な人々に影響を与えました。
ライフスタイルを教えたり、モラルを教えたりしてきました。
また、新しいスタイルを導いたイノヴェーターでもあります。
もしくは、ある思想を表現して、多くの人たちに共感され、真似られた。

正直言って、このような過去の芸術作品なしでは、
今現在あなたや私はいないし、
レッチリやらサウンドガーデンやオーディオスレーブももってのほか。

なので、忙しいあなたが車の中や通勤中になんとなーくランダムに音楽を聴くのならば
どうせならば古い音楽を選んでくださいね。

詳しくはジャズのメルマガを読んでください。


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
タグ:music JAZZ バンド
posted by Foomy at 18:55| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酔っ払う意味

我々は、大人になるにつれ、いったい何が正しいのか、そらをどうすればいいのか、などなどといろいろ考え、酒や巻物を吸ったりして気を紛らす。そして何を呑むか何を吸うか考えるようになる。でも実際のところ、何を呑むか何を吸うかなんてどうでもいい。大事なのはウィスキーでもジョイントでもない、大事なのは、そこから滑り出た自分の中の狂気。これが我々の真実の表れであることを知るってことが大事なんだよ。

ウィリー・ネルソン


■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

posted by Foomy at 09:00| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

英語で考える

昨日はドイツの音楽サミットで90分レクチャーしました。ドイツ人の生徒さんが意外と日本人の生徒さんと変わらず、
安心しました。昨日までの準備もありまして、すっかりドイツ語モードになっていた私ですが、
今日から英語に切り替えています。今日は初めてベースのレッスン生に英語を教えました。それが、想像を超えて楽しかったです。もっともっと沈黙時間が長いだろうと予想していたのですが、ここはさすがベースレッスン生としてのベースがあるからでしょうか、しょっぱなからコアなお話ができて楽しかったです、例えばお金についてとか。

なんと言ってもいきなりぶっちゃけた話をするというのが英語の最も良いところですから。

つまり日本語で話すときも英語で考えながら話すと、もっと率直なお話ができるんです。

■英語を学ぼう![ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法]
http://www.mag2.com/m/0001646433.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
タグ:語学
posted by Foomy at 00:00| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする