カテゴリ
生活(1391)
(2906)
音楽(367)
雑学(50)
ドイツ(44)

2018年03月04日

私の健康法

私は、自分の体の一部(例えば、歯がしみる、とか、しゃっくりが止まらない、とか)がちょっとでも異常な変化を見せると、すぐ騒ぐ。これがヒポコンデリーというものだと身内にいつも言われているが、それでもいい。初めて本当に恐ろしかったのは二十歳の冬の時で、朝起きると頭が痛かった。頭痛になったことのない私は、「死ぬんじゃないか」と恐ろしくなって、まずはアスピリンを買って水にとかして飲んだりしたが、翌朝も、その翌朝も、頭痛が治らない。恐怖なのは、その時の私、ドイツにいて、健康保険に入っていなかったのね。実は学校もその五月に卒業しちゃったもんだから、学生ヴィザも切れてしまい正式的には観光ヴィザしかなかった。その時初めて「そうか、私は外国人なんだ!」と実感した私。ミュンヘン大学にすぐにでも入学して大学生の一番安い保険に入れば病院へ検査にいけるけど、11月まで日本にいたせいでミュンヘンでの入学手続きを逃して翌年の春セメスターまで待たなくてはならない。あの時点では、借金抱えていて病院へ行くお金がなかった。とは言えせっかく日本から逃げてきたのだから日本に帰りたくなかったんで、もう、めっちゃくちゃ落ち込んで、寝込んだ。まあ今振り返るとあれが自分なりの自己治療だったんだな。自己治療と言っても一般のリハビリと違って、私はただただ寝たいだけ寝た。ずっと眠るわけではないが、目も耳も頭も使いたくなかった。ボーイフレンドと一緒に寝転がっている時も、テレビ見てる途中で目を閉じた。ボーイフレンドのドライブ中にも寝た。車の中ではよく眠れる。寝すぎだとか元気出せとかお前に眠られると俺までが眠くなって居眠り運転しそうだとか色々言われたけど、頭痛だからとかとにかくほっといてくれと返してひたすら寝た。12月と1月と2月をほぼ寝る、食べる、タバコ吸うことしかしないで過ごした。飲み物は主にブラックコーヒー。目を開ければタバコを加えてコーヒーメーカーへリフィルを入れに行くぐらい。たまに友達(といっても元バンドメンバーだが)がシャンパンやら手作りのケーキやクッキーやらを持って見舞いに来てくれたっけ。そのころの私は音楽活動も、やっていなかった。とにかく何もしないでダラダラする。春には大学の入学手続きへ行った。手続きが済んで、借金を返し(順番はどっちだったか忘れたが)、帰りに大学の向かい側のイギリス庭園を、飛び跳ねるように歩いた。気づくと頭痛が消えていた。イギリス庭園の芝生を荒らすモグラのように、冬眠からようやく目覚めたのである!振り返ると頭痛になる前から少しずつ私の体調がおかしかった。夏から生理不順になったり微熱を出したりウオノメになっていたり円形脱毛症にもなっていた。それらが全て、治ったし、以前よりもずっと体が軽くなったような気がした。あれ以来、私は、自分の体調が少しでもおかしいと、周りに「病気だ!病気だ!」と宣言して、部屋のドアをしめてパジャマ着てベッドに本と着替えのパジャマと大量のタオルを持ち込んで、しっかりと病人ごっこするんですよ。今回もハワイ帰ってから時差ボケを治すためにしばらくそうしました。それを見て夫と父は「あ、また病人ごっこね」と冗談言います。しっかり治すと前より体調良くなりますよ。ちなみに私にとっては生理痛や便秘や口内炎や歯肉炎や頭痛や腰痛も『病気』です。(そう言えば「更年期障害・生理痛・悪阻は病気ではない」と言い続けていた母は、どれもあったかなかったかも忘れたという...恐ろしい!多分、母は自分の身体のサインに疎かったんでしょう。)病気をズルズルと引き摺り込んで元気ぶってもなかなか元気になれない。

以上、私の『病気ごっこ』のおすすめでした。矛盾のようですが、私流の病気の治し方は、病気になる前から病気ごっこをすること。症状によっては、半日とか2時間とか30分『病気ごっこ』をするだけでスッキリ治り、前より良くなるよ!

どうでもいいこと』についてメルマガ更新しました。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 17:38| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無視されることを過剰に恐れている人

ある女性との会話中、その人は「無視されたら、もう終わりですよね〜!」と言った。
同調を求めて言ったのだろうが、「そうですよね!」と答えてしまうと嘘になるので、
聞き流した(無視した)。

そう、私は無視されることに、免疫がある。
もちろん子供の頃からそうだったという訳ではない。

ビジネスマンである英国人の元同居人から聞いた話、
アジア人にはソーシャル・スキルが欠けていて、
ソーシャル・スキルこそ学校で学ぶものであるはずだが、
それをアジアでは教えないのか、と聞かれ、知らな〜い!と答えた私。

ネットで調べると、やはり

・日本人は批判を恐れ、
・中国人は笑われることを恐れ、
・韓国人は無視されることを恐れる。

こうして見ると、アジア人は子供である。
中でも日本人は特に未熟に感じられる。

個人的には、日本人と韓国人は逆だと思う。
日本人は、無視されること恐れ過ぎて、極端によそよそしく振舞って、
「相手に興味ない」という誤解を招いている。
あともう一つ考えられるのは言語のバリア。

先週ハワイで色んな観光客を見てきたが、
中国人と韓国人と違って日本人はとにかく会話力が、ない。

それを悟られるのを恐れて他人と目を合わせないようにしているのだろうか。
欧米人は目が合うとニコッと笑って挨拶し、お世辞を言ったり、
ジョークの一つか二つを交わすのが当たり前だ。
それに慣れていない日本人は、人とのコミュニケーションを避ける方法をとる。
こうして日本人は自ずと孤立化してゆく。それを恐れて、
無駄な微笑や不自然な馴れ馴れしさで自分たちの劣等感をカモフラージュしようと必死になる。

そんな哀れな日本人の葛藤を知らない欧米人は「あいつは俺を嫌っている」、
「彼女は私を無視している」と思い込んでいるが、
実際は、日本人の方が彼らの100倍、嫌われ、
無視されることを恐れていることを、私は知っている。

という訳で、今回のメルマガは『スルー力とスルーされるスキル』について書きました。
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:語学
posted by Foomy at 15:26| 東京 ☀| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

楽しい

『楽しい』『気持ちいい』という言葉が嫌いだ。
私は楽しむために生きているわけではない。
言葉を変えると、私は、自分のために生きているのではない。
人は、自分のために生まれたのではなくて、何かを与えるために生きているのだ。
与えることが幸せにつながる。我々にできることの中で最高なもの、それは、誰かに幸せを与えることなんだ。

--ソニー・ロリンス

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html


3月8日と9日は、ベースを弾きます。8日は目黒リトルテキサス、9日は横須賀YTYです。

よろしく〜
ラベル:人生
posted by Foomy at 21:59| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

海外アーティストと外人アーティストの違い



アメリカのポッドキャスト曰く世界で今一番昔のジャズが売れるのは日本だとか。何しろ「東京コットンクラブは世界一ジャズクラブで、世界中のアーティストが一番出演したがっているハコで、スタッフも礼儀正しく、ペイも良くて、客がハイソで、それ以外にもローカルなハコがまだまだ残ってあり、日本に住んでるアメリカ人も歓迎されている。日本にはたくさんのミュージシャンが住んでおり、ジャズが高く評価されている」らしい。私も80年代にニューヨークで、同じことを向こうのミュージシャンから聞いた。知人は70年代に向こうで既に似たことを言われた「ジャズは死んだ。」当時流行っていたのはウェザーリポート。私が渡米した時は既にジャコは死んでたしマイルスもチックもハービーもみんなエレクトリックになっていた。大好きだったジョージ・ベンソンは何を間違えたかポップスターに化してしまい、アメリカでは古き良きジャズとは巡り合わせられず、「日本はいまだにジャズもブルースもホットだよ」とアメリカ在中のミュージシャンたちが声を揃えて言ったのを信じて日本へ来たのである。そして日本に来て驚いたのは、欧米では狭くて薄汚い安い酒場で毎週やっているミュージシャン(所謂ハコバンね)がデカイ会場で出演しているという...これは、まさに、来日する海外アーティストには嘘のような世界、名誉力のある人間にとっては『天国』である。ジャズのみならずポップスでも似た現象で、私は90年代にウィル・リーと何度か出会したことがあるが、彼は日本に来ると、ホテルで「あれ、まだ生きてたっけ?」と思うような過去のスターと遭遇するらしく、この前もヒルトンのロビーでザ・ヴェンチャーズ(『べ』じゃなくて『ヴェ』ね)のバンドメンバーとばったり会って談話したら彼らは「日本にいるあいだ毎朝ホテルの部屋で目を覚まして天井のシャンデリアを見上げてこれは夢ではないかと思って一所懸命腕をつねっているんだって。」と面白おかしく話してくれた。そもそも音楽家というのは政治家とかトップビジネスマンと違ってこういう接待というものには慣れていないので、こういう面で良くされるともしや自分は結構イケてるという錯覚を起こしかねない。この居心地よさを味占めてしまうと、中にはもうアメリカ(或いはヨーロッパ)へ帰りたくない海外アーティストもいて、日本人と結婚してここに住み着いた音楽家も私は何人か知っている。が、日本人というのは非常に飽きっぽい性なのか、「海外(からわざわざ演奏しに来てくれた)アーティスト」に対する「有り難み」が一瞬に消えてしまう。いつでも聞けるという安心感から来るものかもしれないが、それまであんなに接待された海外アーティストはただの「外人アーティスト」として扱われる。そういえば、私も日本に来たての頃は「ドイツ育ちのベーシスト」としてもてはやされていたっけ。バブル当初というのもあって、色んな人たちが私のベースを聴きに来てくれた。でも、私はどこでもニナ・ハーゲンやマイケル・シェンカーやクラフトワークを求められ、期待を裏切った。インタヴューの時も新メンバーに会う時も常にジャーマンメタル(?)についてばっかり聞かれてウンザリした。私はドイツでアメリカのミュージシャンとばっかり演奏していたんですけど〜、と答えると「へーえ、英語もできるんすか、すごいですね!」とオーバーリアクトされる。そこじゃねえだろ!... 話が逸れたが海外アーティストから見れば確かに日本ってまだまだ生演奏が歓迎される場所なのかもしれないが、外人(とか私のような帰国子女)アーティストから見ると日本ほど窮屈な場所は無い。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:人生
posted by Foomy at 13:15| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

ブルースの禁じ手

[やってはいけない!下手に聴こえるブルースの禁じ手]

ビバップやジャズのスタンダードなどをライブやジャムセッションで行うときに必ずブルース形式の曲が出て来たり、ブルース進行の知識が必要になりますが、

最近、いろんな人たちが弾いているアドリブを聴いていて
初心者がついやってしまう決定的なブルースの禁じ手に気付きました。

私自身も、うっかりやっていたかもしれませんね。

今回のメルマガでは、そのブルースの禁じ手について書きたいと思います。

やってはいけない禁じ手で、
やってしまうと自分が下手に聴こえることになるので、
メルマガを読んだらすぐに自分が弾いているブルースをチェックしてくださいね。

----------を弾いている』

素人やアマチュアだけでなく、
ロックやポップスなどのプロでもよく聴くのですが、

全てのコードチェンジにおいて「---------------------」を弾いている人がいます。

が、これは、絶対にやめてください。

詳しくは、メルマガを読んでください。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ バンド
posted by Foomy at 03:25| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

スカイズ&シングス

友達とハワイへ行った。初日は、午前中に着いたので、そのまんまタクシーで、東の海辺へ。人が少なくて、空は真っ青で、波も風もなく、静かで落ち着いたところ。カバナを借りて完璧なブライベートビーチにいることに気づく。辺りは小鳥と空、海、木、砂、芝生。水着に着替えてマイタイを呑んで空を見上げる。

CA8533AA-7D35-4984-A7E6-7B0BF3A091E8.jpg

小腹が空いたのでナチョスもとると大量のワカモレ、サルサ、塩、胡椒、マスタード、ケチャップ等のカゴが付いてくる。

CE4EF5D9-489C-4376-96E7-48B2D463674F.jpg

友達は別のマイタイを注文し、私は飛行機では眠れなかったのでカバナでシエスタ。目覚めると汗でタオルケットが濡れていた。とりあえず熱いラッテを飲んで広い無人原っぱを1人で散歩。夕陽が照ってきたところでタクシーで東から西へ。

BE398D94-C576-4B4B-A71F-B37BC163937A.jpg

西は、東の海辺と違って埋込みの人工海岸なのだけど、私たちのホテルには素敵なブールがたくさん付いている。埋込みのビーチは賑やかなワイキキと違ってひとけが少なくて落ち着いている。

5D12D954-AE40-4849-8AC0-70B61494093E.jpg

夜のビーチを真っ赤な空を見上げて散歩。トロピカルグリルバーでステーキとシーフード食べてシャンパン呑んでオーダーストップまで話し込んだ。ABCストアでステラを買って部屋で寝そべり、呑みながら話し続けた。

73358800-3F3A-4787-88B9-06F5D46464FF.jpg
二日目、ワイキキを散歩。
チーズバーガーインパラダイスでブラディメアリーのブランチをとったあと、

41D5066C-3D9D-4806-8459-90C4FCE8784F.jpg

賑やかなワイキキをぶらぶら…

B55980DB-98F4-48E9-AE15-3A944E9713C3.jpg

午後はホテルの屋上のプールで過ごす。空を見上げて
マルガリータとマイタイとブルーハワイを呑む。

54B29AA7-4205-4C0D-8B0A-F745B0E7C938.jpg

夜はホテルのニューヨークスタイルデリでガーリックシュリンプにビール!またまたオーダーストップまで話し込んだので、ABCストアでワインを買って部屋で呑む。実は私は昔大好きだったものを見つけて、誘惑に負けた。

9ED29651-723F-4F95-A17C-41C682B6EEC0.jpg

翌日、昨夜食べたところのごはんが美味しすぎて、ここでブラディメアリーとエッグスベネディクトの朝食をとる。やっぱり美味しい!

978083BE-67E8-44AA-8BB7-0076D52C7FD7.jpg439EEB9E-19FC-4FAD-A954-9EC1E32BDDDB.jpg

午後はワイキキをぶらついて、とても感じのいいコロニアル的な店にはいってスパイシーチーズ入のオムレツを食べた。あとで、エッグス&シングスという老舗であることを知った。

6AB85006-40B2-4CA4-994E-875F3292A52F.jpg

午後はウチのホテルのビーチサイドにあるスーパープールで海とプールを眺めながらカクテルを呑む。

BBFBEE8D-27D8-4D15-BE97-10842BA02191.jpg

ABCストアでパストラミサンドとチーズクラッカーとワインとコスメの買物し、部屋でパーティー。翌日はベランダでコーヒー飲んで空港へ。

58176AF2-911D-4377-B635-9121A81934A3.jpg

空港でステラ呑んでハワイよさよなら。
左はステラスモール、右はラージだそう。
スモールにしては大きい、
ラージにしては小さい。
3泊とは短いようで長く感じた、
充実したバカンスだった。

A33A99D2-A9DC-404B-970B-73117DB23819.jpg

posted by Foomy at 02:27| 東京 ☁| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

超初心者のためのアウトロー入門



私には「深い!」とか「奥深い!」とコメントしたり、
そう言いながらもツッコミを入れたり自分で調べようとしないという発想がありません。
私はカントリーの中でもアウトローカントリーという音楽をやっていますが、
今更ながらその違いは何かと聞けない人のために
理屈とか観念じゃなくて「聴けば解る」ような、アウトローカントリーの代表作を紹介します。
「あの人が入っていない」とか
「マール・ハーガードのなぜこの曲を選んだのか?もっと良い曲いっぱいあるのに」などと言わずに
聴いてください。ヒントも一応解説しました。

こうして私が(アウトロー)カントリーについて話したら、
「へー、深いですねー」と言われてしまいました。
それは「フミさんの話(や音楽)には興味がない」と言っているのと同義、と私は感じて寂しくなりました。
いちいち「深いですねー」と言われると、この人、私には興味がないのだなと判断して、
その人と話さなくなります。
だって、そうでしょう?あなたが何かを本当に深いと思っているなら、より突っ込んだ質問をするはずでしょう。

アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
ラベル:アウトロー
posted by Foomy at 01:35| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トーナルセンター



トーナルセンターについてメルマガ配信します。
そこそこ西洋音楽に聴き慣れている方なら
知らず知らずにどんな音楽の時でもトーナルセンターを意識して聴いているものです。
どんなに音感が無くても、トーナルセンターは譲れないものです。
試しにトーナルセンターの無い音楽を聴いてみてください、
気持ち悪く感じると思うので。
詳しくはメルマガを読んでくださいね。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 00:28| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

カントリーを知らない(或いは喰わず嫌いする)あなたへ


Old Crow Medicine Showというバンドを
カタカナではオールド・クロウ・メディスン・ショー
と書くらしいが
メディシンがメディスンになっているのは良いことだと思う。

ついでにショーをショウにすればいいのに。
これを韻をふむと
言うのだよ。

あ、どうせならオールドもオウルドにしないとね。


カントリーを見直すきっかけになる6曲を...
メルマガで紹介します。

これをきっかけに、あなたも少しでもカントリーを好きになって
私と友達になって下さい。

今夜は横浜YC&ACでライブです。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 03:29| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

怠け者の歩き方



自分はもう50代なんだから旅先ではあまりアクティブに動き回りたくない、と言い訳したいところだが、本当は若い頃からアクティブじゃなかったな。旅先でも、ずっと部屋に引っ込んで本読んだりラジオ聞いたりして、接待してくれる人に「この子は退屈しているんじゃないか」と心配かけた。たまにヨットとかハイキングとかドライブとか都内見物とかに誘われたけど移動中もずーっと本読むか知恵の輪遊んでた。ホームステイ先でもいつも部屋で本読むかラジオ聞くかで、周りに「シャイだね」「友達いないんだね」と言われたものだ。同情されるのが嫌で無理やり予定あるふりして一人で散歩に出かけるのだった。実際は近くの本屋に寄って本や雑誌を買って、すっかり本屋さんの顔馴染みになってしまった。どの旅先でどの本を読んだか、ラジオでどんな曲を初めて聴いたかは、よく覚えている。気の合う人とは延々同じ喫茶店で話し込んだな。その時の話の内容や飲み食いしたものもハッキリと覚えている。その村や街を、本、人、曲、で、覚えている。旅先から帰ってどこを廻って何を見てきたか聞かれると別に特にこれといった観光をしてきたわけではなくてあの人とあの人に会ったこんなことを話してたと答える。それが自分に子供が生まれて少し変わって、自分の子に対する教育的配慮だろうかなんだろうか、なるべく多くのものを見て欲しいという欲が湧いて、あちこち連れ歩く時期があった。いわゆる『体験派』になろうとガメつく動き回った。欲張りすぎて母子ともに体調崩すこともあるぐらいストレスフルだった。だから子供が成長するにつれて、旅そのものをしなくなった。今では誘われれば旅するが、一人では、しない。いずれも『何もしない旅」が好きだな。私は家にいるときも、人の家をお邪魔するときも、旅行しているときも、基本的に何もしない。ただぼーっとするのがいい。私は、昔も今もリラックス派だったんだ!10代の頃から年寄りのような旅をしてきた。結局、バケーションってバカンス=「暇」「何もしない」って意味。そう、バカンスは怠けるためにあるもんで、旅先にまで余計なエネルギーを使うのは、仕事であり、バケーションではないよね。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:旅行
posted by Foomy at 16:53| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする