カテゴリ
生活(1355)
(2890)
音楽(311)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年08月24日

クリティカル・シンキング

ものすごい無沙汰の旧友に最近調子はどうかと聞いたら「良くもなければ悪くもない」と返され、瞬時にツッコミ入れそうになったが、いつもそういうところで人に煙たがれるのを思い出して、頑張って今回それに対して何も聞かないことにした。でもやっぱりあの答えの意味は、気になるので、あの時聞けばよかったと思う。あっさりさっぱりした友人を演じるのは、結構つらいよ。ツッコミたい時にツッコミを我慢するのは自分の性に合っていない。私は逆の立場だったら絶対に聞かれたいと思う。でも世の中、聞かれたい時に全然聞いてくれない人がいっぱいいる。私もいつもレッスンしながら、この生徒、なぜここで質問してくれないんだろう?なぜ私の話をすんなりと「はい」の一言で聞き流せるんだろう、結構、この話、ツッコミどころありありなのに!なんて内心思っている。だから、もっとその時にすぐに聞けばいい。相手にどう思われようと、すぐ聞くのが大事だと思うなあ。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:批判的思考
posted by Foomy at 20:29| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

『家族』と『家族』の違い...



『親孝行』と『親不孝』と『家族』のあり方について、お話しさせてください。

皆さんにとって、家族とは、何だと思いますか?

家族とは、人間一人ひとりが心の中にしまっておく大事な大事な宝物なのです。
では、家族って何なのか?それは、どんなときでも決してあなたのことを傷つけない、ジャッジしない、
見下したりしない、裏切らない、見捨てたりしない、『味方』という意味なんです。

いつでも無条件にあるがままのあなたを受け入れ、必要なときにそばにいてくれ、
助けてくれる、強い味方のことを『家族』と言います。家族と血が繋がっている必要は、
まったくありません!

もちろん、血縁であるに越したことはありませんよ。確かに味方の人と血が繋がっていると心強いですよね。
しかし実際問題として、そんな健全な血縁関係を持つことは、現実的に難しいということです。

血が繋がっているからという義務感を持って家族のような関係を作ると自分の人生台無しになります。
「でも周りの目が...」という言い訳を聞きますが、あなたは
世間体を気にして我慢するのと、自分の健全を気にして幸せになることと、どっちを取りますか?

家族とはどういうものなのか?

家族は必要か?

親孝行、親不孝とは?

人の【良しとした】意見は?...

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

posted by Foomy at 14:59| 東京 ☁| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後悔の歌

あのとき言っておけばよかった
好きな人に好きだといえばよかった

そう思ったことって、ありませんか?

私はあります。
しなかったことで後悔することよりも、してしまったことで後悔することが何回かありました。
しなかったことよりしてしまって後悔する方が、ずっと楽でした。
しないうちにチャンスを逃したときの後悔の方が辛かったです。
試して失敗する方が、試さないで失敗しないよりもマシな気がします。

『別れ』や『死』より苦しいのは「あのとき...すればよかった」と思うことです。

そんな気持ちを歌ったのが『ユア・オールウェイズ・オン・マイ・マインド』。

詳しくは
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


posted by Foomy at 02:39| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ビー・ゴーイング・トゥ』と『ハヴ・トゥ』の違いについて



義務感に支配されないようにして、より能動的に生きる努力をしたいですね。

言葉は人生を変える。余裕がないときは、言葉に気をつけましょう。
自分の喋り方から「この人は余裕があるな」、「この人は余裕がないな」と思われるのです。
私の生活スタイルの様子は、私の言葉を通して感じられます。

『ビー・ゴーイング・トゥ』と『ハヴ・トゥ』の違いについて


人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:仕事 人生 哲学
posted by Foomy at 01:46| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

テレビはお好き?

テレビなどを見ないのがまるで『主義』のようになっている人がいる。代わりに本を読むというわけでもなくて。本当の理由は「見るとついついダラダラと見続けちゃうから」。正直に最初からそう言えばいい。それなら私にとってのポテトチップスと同じ。私も、チップスを食べない理由は「止まらなくなるから」だ。お気に入りは青海苔味。イギリスにあるようなヴィネガー味も。そんな自分はジャンクフードに依存していることを十分に自覚している。私は、化学調味料たっぷりのジャンクフードが好きである。中でもばかうけとかかっぱえびせんとかチップスは大好物だ。だが、食べない。なぜならば依存しているからだ。同じく、こういう人も「テレビは好きだ。特にワイドショー。だけど見ると止まらなくなるので見ないようにしています」と答えてくれた方がずっと素直じゃないのかな?結局「テレビ」が問題ではないのです。問題は、その人の映像依存でもなければ私のジャンクフード依存でもない。現実逃避に依存しがちな自分自身の問題なのである。現実逃避は確かに気持ちいい。だから病みつきになるんだよね。ちなみに私自身のテレビについての考えは、また別の機会に書きましょう。

シュタイナー教育ではテレビがNG?

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 23:35| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

「英語なんか!」

俺には英語は必要ない、と言いながらもこっそり英語のことを気にする人をチラチラ見かけるが、あーやって強がる意味は、何だろう。どうせなら必要ない、と開き直った方が潔いし、日本語を徹底させて実績で「英語不要」を示した方が格好いい。実際のところ、私もモノリンガルの成功者を大勢知っているし、尊敬している。要は、英語は情報収集の武器であり、より多くの情報が早く手元に入る、というだけのことで、無しでもOKなのだ、時間かかるけど。言ってみれば新幹線のひかり号とこだまの違いのようなもん。結局は、言語をもって、自分はどこへ行きたいか、何を成し遂げた(い)かが大事なのだから。そんな私も昔、教習所へ通ってる頃、近場の医者に「運転してどうするの、車でどこへ行くの?」と聞かれ、答えに詰まった。確かに私の住んでいるところは交通のベンが良すぎて、車は不要なのだ。英語力も車も、持つのはいいが、何のために使うか自問するべきだ。そういえばこないだも、生徒が某試験を受けたと言う。なんのためかと聞くと、出世のためではないらしい。おそらく彼の試験も、私にとっての車も、多くの日本人にとっての英語も、ステータスの問題ではないか。だから初めから「英語なんか必要ない」と強がらないで、「自信がない」と認めた方がいいんじゃない?

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com
ラベル:旅行 仕事 語学
posted by Foomy at 18:32| 東京 ☀| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パレオとは?

パレオはギリシャ語で『古い』って意味。反対語は『ネオ』>『新しい』。日本では女性が水着の上に巻きつける布をパレオと呼んでいたが、それは何を意味しているのだろう。パレオダイエットは原住民の食事を意味しているが、直訳すれば古代食事療法、ということになる。ドイツではSteinzeitalter=石器時代の食事と呼んでいる。英語圏では「パ」が「ペイ」に近くて「レ」が「リ」に近いため、「ペイリオウ」と発音する。とはいえインテリ層やイギリス人の上流階級は断固として「パレオ」と言う。これは、「トマト」を「トウメイトウ」と言うか、「トマートウ」と言うか、の違いと一緒で、「私はちゃんと言葉の由来を知ってますよ、ラテン語ギリシャ語を学んでますから」とアピールしている。実は英語圏の人は、発音の仕方で自分の教養を明かしている。ところが日本の外来語は良くも悪くも由来関係なく入ってきてしまったため、時にはヨーロッパ(ギリシャ、ローマ、ゲルマン)、時にはアングロサクソンよりになる。更にはRとLが同じなので、由来がわからない。ある言葉を理解するにはその概念を理解することが大事であり、それを調べるにあたってカタカナ検索では限界があるものだ。ぜひこれを機に、英語だけでなく英語のルーツに当たる言語(ドイツ語、ラテン語、ギリシャ語、スペイン語)も学んで欲しい。

昨日もパンクバンドのクラッシュのことをずっとCrashと間違えて発音する隣に座ってた若者たちが気になった。直そうか、直すまいか、迷ったが、結局やめた。

発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
ラベル:ラテン
posted by Foomy at 14:45| 東京 ☀| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアクション(国別)

[私がドイツ育ちだと聞いた時の日本人の反応は...]70代〜「東西どっち?」60代「...」50代「...」おやじ「イッヒ・リーベ・ディッヒ!」女性「ドイツには何があるの?免税店でどんなお土産を買ってもらおうかしら...w」若者「サッカー!」

[私が日本人だと聞いた時のドイツ人の反応は...]80代〜「仲間(同盟国)だね」70代「善、和太鼓、茶道、生け花、盆栽」60代「寿司」50代「相撲」40代「福島」30代「トヨタ、ホンダ、カワサキ、スバル」20代「マンガ、コスプレ、オタク」

[私がドイツ育ちの日本人だと聞いた時のアメリカ人の反応は...]「だから話が通じるんだ!」

[私が日本人だと聞いた時のアメリカ人の反応は...]「それにしては普通だね?」

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:旅行
posted by Foomy at 14:19| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

シュタイナーが語る糖質と精神の関係性

「糖質」、「糖尿病」についてシュタイナーはどう考えていたのか?
<食べていいもの、食べてはいけないもの>
人間にとって糖質とはいったいどのような影響を与えるのでしょう? 
人間にとっていちばん欲しがる味覚とは何なのでしょうか?
糖というのはどんなものでしょう? 毒でしょうか、栄養でしょうか、それとも…

糖質と精神の関係性についてシュタイナーの言ったこと、メルマガで配信します。
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com
ラベル:シュタイナー
posted by Foomy at 00:03| 東京 ☁| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

変拍子



変拍子といえば、エキゾチックなものを想像してしまいますね。確かにラテン、アフロ、エスニックな音楽ばかりを想像しがちですが、実はプログレや普通のポップス、映画の主題曲、クラシックの部類の『現代音楽』なんかにも変拍子はあります。私たちは知らず知らずに変拍子を聴いているんです。しかし4分の4拍子または4分の3拍子が主流とされ、それ以外は変拍子と呼ばれています。なので変拍子の曲を渡されてビビる方々、少なくありません。8分の7拍子や4分の5拍子などといった一般的でない『変拍子』は、ただただがむしゃらにやってもなかなか身につきません。メルマガではラテン・ フレイバーあふれるノリ(クラーヴェ)をうまく覚えるコツを紹介します。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 22:44| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする