カテゴリ
生活(1418)
(2907)
音楽(372)
雑学(50)
ドイツ(45)

2018年05月27日

映画三昧のサタデーナイト

再来週ウィーンへ行くのでキャロル・リード『第三の男』を見直すことにしたが、子供の頃に観た時の感動は、なかった。
ただ、アリダ・ヴァリの美しさには息を飲んだ。
エンディングが釈然としないので、
気晴らしのつもりでフィリダ・ロイド『マンマ・ミーア!』を観て気持ちを切り替えたかったが、
ネタはそれなりに面白かったが、ヨーロッパ女性たちのはじけ方には、引いた。苦手だ
魅力的な人が一人もいなく、歌も良くなく、セリフも良くなく、いったいどこにフォーカスすればいいのかわからない。
内容云々よりも耳と目を喜ばしてほしい。

だいたいアバは私の耳と目を喜ばしてくれない。
あれがゲイに人気のあるバンドだと言われるわけだが、
その点、私にはゲイの気持ちがわからないな。

因みに私ブロードウェイ・ミュージカルでも爆睡してしまうほど、
ミュージカルが苦手。

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


ラベル:映画
posted by Foomy at 13:03| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馴れ合いの関係

馴れ合いの関係には絶対に関わってはいけません。もしすでに馴れ合っているのであれば、こっそりと抜けましょう。早く抜けないと、足を引っ張りあって噂話ばかりをして全く前進しようとしない人々の習慣に汚染されてしまう。

人生相談:今より10倍モテる

http://www.mag2.com/m/0001645950.html


posted by Foomy at 11:10| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カントリー・ソングの覚え方



プロミュージシャン、アマチュアのみならず英語の苦手な日本のカントリー&ウェスタン初心者のための耳コピがマスターできる3つのやり方

カントリー・ソングの覚え方

その1『アコギを弾くこと』

『カントリー・ソングの覚え方を知りたい』
『カントリー曲の完コピが苦手』
と思われる方が、日本には多いようで、
これをテーマに調べてみました。
私は当然ながらパンク、ヒップホップ、ラップ、レゲエ、ロック、カントリー
に関しては歌詞から覚えるのは当たり前なものである、
と信じてました。

が、グーグル検索すると、意外にも、
こんな事実が発覚していました:

ジャズ』のスタンダードに関しては
『歌詞』から覚えるのが手っ取り早い。実際、
あるバリバリのジャズドラマーは、
歌詞を全て知っているのだとか。
また、実際にオマー・ハキムと友人である知人の話によると、
オマーは、一人ではどうしようもないドラムしか叩けないのだとか。
彼は、歌(とか素晴らしいメロディー楽器のソロとか)が始まってくれないと
グルーヴできないのだとか。

その話を聞いてますます私はオマー・ハキムを好きになりました。

で、カントリーはどうなるか?

そのことを調べると、
1ー素人は、歌詞から入る。だからカントリーは失恋や絶望の話ばかりだと信じる。
2ーミュージシャンは、ギターから覚えようとする。なぜならばコード進行が、
あまりにも素晴らしすぎるから(残酷な歌詞の裏腹)

そんなわけでカントリーソングの覚え方、
これこそが英語を知らない日本人の一番苦手分野なので、
調べると…


やはりプロミュージシャンにとってカントリーで金を稼ぐにおいては、
アコースティックギターから入るものだ。

ということでした。

で、リストを調べると…

ミュージシャンなら誰でもギターで弾けなくてはならない典型的なカントリースタンダード

という検索結果と...

興味ある方はメルマガを読んでくださいね。


■英語を学ぼう![ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法]
 http://www.mag2.com/m/0001646433.html

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 00:44| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

善意のつもりが周りの全員を怒らせるハメに...

昨日はとても不思議な1日でした。
善意のつもりでやったことが、結果的に
自分を含め、周りの全員に迷惑をかけ、不快な思いをさせることになり、勉強になりました。

そこでは三つ二つの教訓を得ました。それは、
1日本を嫌いにならないためには通勤電車を避けろ
2他人に自分の感性を押し付けるな
3英語を話さないミュージシャンにカントリーミュージシャンのレガシーを伝えるのは難しい

まあ、そんなわけ(ってどんなわけ?詳しくはメルマガ読んでね)
で珍しく電車で帰ったのですが、
満員電車(小田急線)立ち眠りしている
男性が、代々木上原で乗り込む外国人男性にもたれかかっていました。

下北沢で電車が停ると外国人男性は英語で
『Stand, you fucking idiot! Stand!』と、
その居眠りしている男性に向かって
怒鳴って降りました。
とても綺麗なイギリス英語でしたが、
おそらくNHKの英語の先生をやっている人なんじゃないか
と思います。私自身バブル時代にNHKのドイツ語講座で
レギュラー出演していた頃はいつも車で家まで送ってもらっていましたが、
たまに電車の時はこのような満員電車で押しつぶされそうになり、
ドイツ語で罵って、ババア!と怒鳴り返されたことも…

昨夜、イギリス人が怒鳴って降りた後を追うように
誰かがファックユー!
と怒鳴り返す声が聞こえました。

とにかく日本は『人口密度が高いから』とか『通勤ラッシュだから』
とは言え、モスクワだってパリだってロンドンだってニューヨーク
だってすごいですよ。
ですからこれ、人口密度や労働時間の問題だけじゃないです。

公共の意識の低さの問題です。
まあ私やイギリス人やらがいくら怒ってもですね、
気に入らなきゃ日本を出ろと言われるだけですから、
島国根性と言われるんです。いやあ、イギリスと比較しても、
日本はかなりしぶとい根性持っていますね。





政府の文句やら政治家の批判やらはできても、
自分自身の言動から小さく変えよう、というふうにはならない、
何でも『システムのせい』『政府のせい』しまいには
『アメリカのせい』にしてしまうのが、日本人の口癖?

で、こういう話になると、必ず「難しい!」「複雑だ!」などと言われ、嫌われ、
外人扱いされ、
結局、話題を変えられてしまいます。
なので、読みたい人だけが読んで下さればいいのですが、
これ以外にもあらゆる意味での
パーソナルスペース(人間関係の距離感)については、
ブログではちょっと書けないので、メルマガの方で配信します。

冷やかしでもいいので一度登録して読んでみてくださいね。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com


本日の教訓:

人を追いかけるな。声掛けても無視したり、何度も話しかけても口を聞いてくれなかったり、
いくら誘っても断ったり、どんなに質問しても返事しなかったり、
視線を合わせようとしてくれない、
自分のことも、自分の趣味も、自分の好きなものも、
好きになってくれない、
そんな人のことを、これ以上に変えようとするのは、やめよう。

自分のことや自分の好きなことに無関心な人のことを追いかけるのは、やめよう。

むしろ自分のエネルギーを、自然と自分に近寄ろうとして来る人に、
向けよう。

あらゆる手段で強制的に勝ち取った義理の関係を手放すと、もっとラクになるだろう。


posted by Foomy at 17:10| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

ウィリーがやめない理由 

引退を商売にしてしまう芸能人もいれば、80過ぎても現役を続行するスーパースターもいます。
ウィリーは何故これでも続けるのか、秘密を明かします。
詳しくはメルマガを購読してください。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
posted by Foomy at 03:00| 東京 🌁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

ネガティヴ感情の解読

ネガティヴ感情の解読と活用法についてメルマガ配信します。以前フェイスブックでドイツ語がネガティヴ感情に関して最も豊富な言語だと書きましたが、英語も、豊富です。ただ、ドイツ語ほど辛辣でなく、むしろ客観的でサイエンティフィックな意味をもたらす、つまり自分の感情は絶対的だと謳うドイツ語に対して、自分の感情は自分のある部分を変えろという警告なんですね。さすが心理学が発展したアメリカ。ちなみに再来週、心理学が生まれたウィーンへ行きます。ウィーン市民はグランテラー(ぶつくさ文句ばかりを言う人)と呼ばれる人種。甘いお菓子、カフェ文化、オペラの本家、クラシック音楽、哲学のメッカ、ウィーン!そこから生まれたのが心理学。甘いお菓子を食べながら苦いコーヒーを飲みながらドロドロの心と向き合ってみます!


汚いけど知れば役立つ自分の中のネガティヴ感情♡♡

[語学]英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法

http://www.mag2.com/m/0001646433.html

posted by Foomy at 18:07| 東京 ☔| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

コード進行を聞き取るコツ



「ヴォーカル(やベースやヴァイオリンや管楽器の単音楽器奏者)
でも和音を聞き取れるようになるにはどうすればいいのか?」
という質問を受けました。早速メルマガで簡単な方法を教えますね。
何故ならば、単音楽器奏者こそ複音楽器
(=コード楽器)を学ぶべきですから。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 03:21| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

音楽の力

作曲家R. シューマンと妻クララ・シューマンと作曲家ブラームスの間の三角関係を紐解く記事を読んで野次馬的好奇心からクララとブラームスの文通集を探したら3巻の本になっている量のもので、これは今だとチャットで済む問題になるのかもしれないが、それじゃあ詩情をそそらないだろう。なにはともあれもともとR. シューマンが若きブラームスの才能を見込んで妻クララに紹介したものの、シューマンの事故と悲劇的な病と死ののち、クララは7人の遺児を育てながら休みなく演奏旅行を続け、ブラームスは地理的にはクララから隔たりながらも(ここ大事!!)彼女を常に支え、また彼女からも支えられて、天才を開花させる。高名な音楽家の未亡人である演奏家と14歳年下の作曲家――音楽という共通の人生の糧を分け合う心の往還は44年にわたって途絶えることはなかった。いい話だ。
今夜、目黒リトルテキサスでフィドルを弾きます!
明日は、横須賀YTYで〜す。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

posted by Foomy at 14:02| 東京 🌁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

オン・ザ・グリーン・ドルフィン・ストリート



"オン・ザ・グリーン・ドルフィン・ストリート"は1947年にポーランド出身の作曲家ブロニスラウ・ケイパーとヴォードヴィルのMC
ネッド・ワシントンが作詞・作曲したスタンダード・ナンバー。
最も有名なヴァージョンはマイルスが1958年にレコーディングしたもの。
本来この曲はイギリスの作家エリザベス・ガウジの小説『グリーン・ドルフィン・カントリー』のオマージュだとされます。
 
メルマガでは"オン・ザ・グリーン・ドルフィン・ストリート"のアドリブ法を紹介します。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 02:31| 東京 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

上達を妨げるたったひとつの原因

ジャズのメルマガ配信中です。今回のテーマは初心者、中級者、アマチュア、教師、音大生、レッスン生、
多くの演奏家が永遠に持ち抱える『上達を妨げる要因』。例外無しにたったひとつの問題が、障害になっているのです。
これを改善するには楽器も譜面も使いません。ピアノすら要りません笑

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 15:33| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする