カテゴリ
生活(1433)
(2907)
音楽(376)
雑学(50)
ドイツ(45)

2018年07月22日

食への執着

米国はこの夏、二人のカリスマ食通を失った。一人はLAの腹と呼ばれる食評論家ジョナサン・ゴールド、死因は膵臓癌。57歳だった。その食への情熱は、イタリアの旅先でもレンタカーで小さな子供を連れて3〜5時間ドライブしてこだわりのレストランへ行くという。自らも料理することがあってパーティーを開くと来客を2時間以上も待たせてしまうほど料理に没頭するのだとか。また、地元LAのコリアンタウンを隅から隅まで食べつくし、在米韓国人によると「韓国人よりも韓国通」なのだとか。いかにも美味しそうに飲み食いしている映像が数々上がっている。何しろ彼はLAの腹と呼ばれるぐらいの食事のヒーローなのだから。彼は食文化を通じてLA市民の意識を変えたと言われる。ただ、日本人の私から見ると彼は太っていて顔色悪くて、あまり彼が絶賛する料理に食欲が湧かない。あまりの食へのこだわりは寿命を縮めるのではないだろうか、なんて思いながら見ていたらその予想が当たってしまった。

一方で米人気シェフ兼ライターA・ボーデイン氏は61歳で自殺した。ボーデインは、食へのこだわりというよりもアメリカ市民の視野を広げることに力を入れ過ぎていた。数々の本を出版しテレビやポッドキャストでもおなじみのスーパースターだ。最近では、バラク・オバマと共に料理・旅番組「Parts Unknown(邦題・アンソニー世界を駆ける)」でヴェトナムの庶民的な料理屋で飲み食いしているシーンが話題になっていた。その番組のフランス訪問中、高級ホテルで首をつった状態で見つかった。世界の料理と文化の多様性を熱心に探求し、アメリカ市民を必死で教育しようとする情熱に押し付けがましさを感じたのは私がアメリカ人でないからなのだろう。あと、気になったのは、彼の言葉使いが乱暴だったことも。食を通じる世直しに一生懸命だった一方で周囲に期待し過ぎたのだろう、いわゆる理想主義者である。自身の飲酒や薬物乱用の問題や、うつ病を放置したのが突然の自殺の原因ではないか。

振り返ると私も自分の精神状態が不安な時こそ無性に食べたくなることがあった。時には食べることしか考えることができず、他のことに集中できないこともあった。ツアー中でも、その場所の名物を食べずには帰れない、睡眠を犠牲にしてでも食べたいものを追求する、というぐらい病的な食欲だった。でもそうすると必ず胃がやられ、口内炎にかかるのだった。食は生きるために大事だけど、それへの執着が半端ない場合、それは疲れのサインではないか、そしてその疲れというものはやはりメンタルな問題が関係しているのではないか。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com
posted by Foomy at 15:44| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

たかがネックシェイプされどネックシェイプ

メルマガ配信しております。
今回は『業界英語その2』〜Vネックにまつわる行き違いから始まったコミュニケーションのズレについてです。

http://www.mag2.com/m/0001646433.html



昔、スキーや海外旅行を共にしていた(私よりお金持ちな)"旅行友達"に
「フミさん、今度ストーンズのコンサートへ行かないの?」
と聞かれるだけで、非常に不機嫌になり、「行くはずない!」と返したものです。
ストーンズの曲もメンバーの名前も知らないくせによくコンサートへ行けるね、
という気持ちを込めての『行くはずない!』でした。意地悪ですね、私。
彼女たちにしてみれば、私がストーンズファンであることを知っていて、
私の機嫌をとるつもりでそう聞いたのかもしれませんが、
それなら私にコンサートチケットを買ってくれればいいのにね


この気持ち、今でもあります。

例えば、私は金持ちではないけどお洒落にうるさいのですが、
「フミさんからお洒落を学びたいわ〜」と騒いでいた旧友の一人に
某素材のとても大切な物をプレゼントしたのですが、
旧友はそれの価値を知らなすぎて、全然喜ばれませんでした。
だからもうそれ以来、その旧友の言葉を信頼できなくなりました。
もしあの時「お洒落を学びたい」なんて言わなきゃ、
私の方からも、大切な物をプレゼントしようなんて思わなかったはずですから。
いや、そもそも『好きなものを共有しよう』なんて思わなかったはずですからね。


そういえばエルメスの店員が、自分の店にひやかしに来たお客さんに「また来まーす」と言われて
その人が向かい側のコーチに入るのを見て、
「絶対にウチのモノをわかるレベルの人間ではないな」と
思うのだと話していました。


"旅行友達"の話に戻ると、あの人たちへの信頼もなくなりました。
何故ならば彼女らは別にストーンズじゃなくても良くて、山xx郎や松任xx実にも行って、
「素敵だったわよ!」と言うからです。
そうされると私の愛するストーンズが山xx郎や松任xx実や坂xx一や小xx哉なんかと一緒くたにされて可哀想になってしまいます。
なのに私のライブに関しては、「観に行って『あげる』」という上から目線的な態度。


自分が宝のように大切に思っている物の価値を共有できない人との関係は、いずれダメになる。
逆に、同じモノや価値観をシェアできる人とは直ちに友達になれる。
でもそこには、言語というツールが必要であって、それが過小評価されているな、と思う今日この頃です。
言葉一つでその人との距離はグッと縮むことも広げることもできる。


英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html



先日、某ハコに今時かなりレアなネックのギターが置いてありました。
ギターオタクのアメリカ人が目ざとくそれに気づき、持ち主にそのネックについて質問したのに対し、
持ち主が、あまりにもよそよそしく答えたので
(「俺はギター弾きじゃないからよく知らない」的な答えかたをされたらしいんですね、私はその場にいなかったけど)、
アメリカ人のギターオタクは「無関心なお前にこのギターを持つ権利はない。俺が持ち主になるべきだ」という意味を込めて
「僕に売ってくれない?」と皮肉を言ったんですね。
勿論そんな皮肉、日本人に通じるわけがない。
その持ち主は”褒められた""羨ましがられた"と思ったのか、
彼の質問をマに受けて、ノーノー!と返し、
あとで周りにスタッフたちに
「あのガイジンに俺のギターを売ってくれと言われてまいっちゃったよ、だって俺、あのギターにすげえ思い入れあるんだから」
と自慢したそうです。やれやれ...たかがギターされど言語の壁。
つづきはこちら英語:
http://www.mag2.com/m/0001646433.html
posted by Foomy at 21:24| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

マルコム・グラッドウェルその2

マルコム・グラッドウェルのポッドキャストの続きを訳しました。テーマは、「涙を誘う音楽の特性」(キング・オヴ・ティアーズその2)についてです。ストーンズ、ディラン、ジョージ・ジョーンズ、エミルウ・ハリス、グラム・パーソンズ、タミー・ワイネット、などが登場しますよ。
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


明日は長野県松本市の方でライブします。
Vellmor Guitars主催Bar AquaVitae アクアヴィーテ
長野県松本市大手1-3-30
本場アメリカのカントリーミュージックをお楽しみください。
Guitar/Vo : FLOYD VANLANINGHAM
Grandboard/Vo : 瀬川信二
Fiddle : 子安文
お問い合わせ先:0263-31-6730

今、グーグルで、Fiddle Fakebook (フィドル フェイクブック)で検索したら、Fiddle Facebook (フィドル フェイ『ス』ブック)ではないか?と聞かれてしまいました。グーグルって便利だけどミュージシャンにとっては気が利かないですね。
posted by Foomy at 14:17| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

日焼けが映えるコーディネート



焼けた肌に似合う服の色は、白、青、緑、レモン色、ピンク、コーラルです。
その他パステルカラーや明るいネオンカラーも合いますが、私は着ません。
ポイントは、肌より明るい色。
服は全体的に広い面積を占めるので、肌より明るい色を選んだほうが肌がよりこんがり焼けて見えます。
青〜緑は、肌の反対色なので、焼けた色が綺麗に見えます。

アクセはゴールドのチェーンやバングルを身につけると日焼け肌と馴染みます。
ブラウン系のレザーも夏らしくて第二の肌のように馴染むでしょう。
更にパールやダイアモンドやターコイズのジュエリーもアクセントとなり小麦色の肌を輝かせてくれます。

リップカラーはプラムローズ、ヌードカラー、ブラウン系がナチュラルでセクシーに魅せてくれます。
あえてネオンオレンジで顔を華やかにさせるのもテです。

髪の毛は服の次に多くの面積を占めるので、やはり髪色を明るくするかショートヘアにするといいでしょう。
私はショートヘアにすると和田アキ子みたいな顔になってしまうので、伸ばしています。
ブロンドかゴールド系のハイライトを入れると、それだけで下はどんな普段着でもゴージャスに見えるものです。

まだまだ続く夏を楽しみましょう!!

ライブ告知:
JUL20長野県松本市 Floyd & Shinji Country Music Night at Vellmor Guitars
0263-31-6730
JUL27東京杉並区阿佐ヶ谷@阿佐ヶ谷JambJamb
03-3338-2912
AUG 2
Back in Town/バックインタウン
住吉町3-2第2山田ビルB1, Shinjuku 162-0065


人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html


posted by Foomy at 02:39| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

子供を必要とする大人達へ

今日は海の日ということもあり、どこも家族連れというか、うるさい子供と頼りない大人達のコンビが多かったこと!最近は子供に甘える弱そうな親が増えた。そりゃ子供は元気だし可愛いし、純粋だ。でも子供を育てるには親も元気で強くて時には厳しくなってあげないと。今や高齢出産が増えたせいなのか、一人っ子が増えたせいなのか、子供の幼さや純粋さややんちゃなところを癒しに利用しているひ弱な大人とわがままな子供の醜い親子が増えている。ペットじゃないのにねと書くと動物に申し訳ないが。こういう自分本位の大人は自分の都合に子供を振り回し、勝手に「子供に癒された」、「子供から学んだ」、などと言っているけど、これは子供にとっては一種の虐待だ。今日も子供に向かって「俺」とか「お前」とか「クソ」とか「チンチン」というような言葉を平気で公の場(温泉とかレストランとか公園とか)で使っている下世話な大人を見た。子供に金を与えてタバコや酒買わせる大人と変わらない。最低だ!うろちょろしてギャーギャー騒いでる子をほったらかして、30メートル遠くからわざとらしくダメ!!!と突然甲高い声で叫ぶ母さんとか。彼女はリクライニングチェアでのんびりしてパックやったり湯船に浸ってママ友とべちゃべちゃ話してる間に子供はおしっこ漏らすわ騒ぐわ暴れるわ。それを見ぬふりしてた挙げ句の果て突然叱りつけるんだよね。今まで気づいてなかったの?子供達、可愛いけどはっきり言ってドイツの犬より躾悪い。別に子供には害があるわけではないぐらいのことは知ってるけどね。

これを読んで「うちの子だけはそういうことをするはずがない」、と思うのが親というもん。これはどこの国も一緒。『親』というのはバカで、だから日本語で「親バカ」っていう素晴らしい言葉がある。そこは開き直って、「うちの子は世界一可愛いんです!」と自慢すればいいのだが、日本人はいちいち謙虚ぶって「子供から見習いたい」「息子の無邪気さが私を元気づけてくれる」「子供の素直さが羨ましい」「子供のこういうところから学ぶべきだ」「子供に癒される」的なことを平気で言うよね(フェイスブックにも書いてる人いるけど)。おそらくこうやって他人から「オタクのお子さんは優れている」とか「あなたは良い親ですね」と褒められたいのだろう。大人がそういうことばかりしていると、いつまでも子離れできないよ。そういううちの子供は典型的な「機嫌取り」「人の顔色を見てばかりいる」人間になってしまう(英語でピープルプリーザーとかコーデペンデントなんて言うのだけど)。そして職場でもプライベートでも苦しむ、哀れな大人になるんだよ。私はいっぱい、コミュニケーション障害の大人達を見てきた。そして彼らの共通点は、やはり頼りない親を持っていたことなんだ。

「でも、ウチの子は僕より歌(とかピアノとかスポーツとかモノマネとか何でもいいんだけどさ)がうまいんです。だから僕はウチの子供から学べると思ってます」って言われそうだけど、子供は大人と違って暇なんだよ。「いや、そうじゃなくてうちの子ってすごい集中力があるっていうかぁ...」ってツッコマレそうだけど、まあ、確かに子供から学べる側面、あるかもしれない。例えば、「今」を無我夢中で楽しめる、つまり集中力、という才能の持ち主であることとか。だけどそれって子供と一緒にいなくても得られる才能じゃない?だって、私たちも、みんな子供だったんだよ。無我夢中でミミズを木の枝でちぎって遊んだじゃない?もしあなたが強いて子供から何を学べたかを言いたいなら、しっかりと、その子を通して自分の子供時代を思い出す、とか、子供を通して自分の中の本性を再発見した、とか、的確に回想するチャンスだと思えばいいんじゃない?

とにかく、子供を自分のサティスファクションに利用するのは良くないよ。「別に利用なんかしていません」って言われるかもしれない。それならそれでいい。単に子供を褒めたいのなら、ハッキリと自分が納得いくまで公で子供のことを自慢しちゃいなさい、周りはシラっとするけどね

追記:母は私の前で私のことを激しく批判したりドラマティックに自慢することがあり、私はどちらとも、ものすごく恥ずかしかった。
ちなみに母も「フミから学んだ」というのが口癖で、私はそれがものすごく嫌でした。
子供を持つあなた、自分の子供時代を思い出して、子供の気持ちになりましょう。

子育てというか、子供とのもっと責任のある接し方について:
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 20:29| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

「お疲れ…?」



Facebookで色んな方に相談にのって頂いた果てに


昨日、アップルストア表参道店で

0D127AD1-2616-4E42-9808-45F542557B8E.jpg

新しいMacBook Proの13インチのほうを
ゲットしました。

色が今迄のより濃くてスペースグレーという、
私の肌のようにこんがり『日焼け』しています。

日焼けと言えば、

一昨日のライブで、日本人の女性のお客様に
「フミさん、今日は、お疲れに見えますねぇ!笑~~~」
と、話しかけられました。
同時にその日本人女性と同席していた
アメリカ人の男のお客様に
「いい感じに焼けたね!」(you look great tanned!)
と言われました。

(どっちだよ。国民性として日本人は、人を思いやっている印として相手の健康状態を労る素振りをする、アメリカ人は、相手を元気付けるつもりで相手を褒める…褒める?褒める、と言えば、焼けたね、というのは日本では褒め言葉ではない。日焼けは日本人の美意識に反する色だ、ということは、この女性客は、焼いた私のことを、可哀想に、昼間はきっと野外の肉体労働でくたびれ果てているのだわ!という意味を込めての「お疲れに見えますね!(笑)」の御挨拶だったのか?もしそうだとしたら、私に冷たいビールでも奢ってくれるのだろうか?)

その瞬間、私は、最近読んだ欽ちゃんの本を思い出して、女性にも男性にも「ありがとうございます」と返しました。欽ちゃんはアメリカ人に質問攻めになったとき、英語の意味がよくわからず、たぶん褒められているのだろうと思ってとりあえずサンキュー!サンキュー!と返したようです。相手の言うことがわからない時、
とりあえずお礼を言うことにしましょう!

あっ今夜ライブです。



2018/07/15日曜は
ライブ@アウトローサルーン!
スタート6pm
MC ¥2000 ワンドリンク付

Floyd / Shinji / Foomy
によるアウトロー・カントリー

横須賀、汐入駅から5分のアメリカへぜひご来場ください。
・Outlaw Saloon ・
横須賀市汐入町2-39
050-3373-7321
posted by Foomy at 11:49| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

基本コード進行



メルマガ配信してます。
今更ながら聞けない、人に聞くのが恥ずかしい、四度進行、五度進行、基本コード進行、ジャズミュージシャンにサイクルとかサークルと呼ばれている基本中の基本についてのおさらいです。アルファベットよりも短いのだから直ちに暗記しろと言ってますが、
ロレツが回らなくて暗記できない、ついつい噛んじゃう!という人のために
数字と指板でヴィジュアルにせめてみました。

(ヴァリエーションはこの後のお楽しみということで)まずは基本コード進行を寝起きでも唱えられるようにしましょう。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 15:28| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ウェイロン・ジェニングス


あなたのミッションとは、何?やはり、アウトローを続けること?
ウェイロン・ジェニングス「違う。自分であり続けることだ。」




1975年夏のテレビ出演では一曲目の後に司会者がウェイロン・ジェニングスが冗談の達人であることを知って、
ウェイロン・ジェニングスに冗談を言わせます。
その内容と奥さんジェシーのリアクションは見ものです。
その後のライバルであるトムパルの痛々しい出演と堂々としたウェイロン、
日本で最も無視されているウェイロン・ジェニングス
の魅力はユーモアのセンスでしょう。
4人目の妻(というか全ての奥さんたち)に彼の何処が好きかと聞くと、
「ユーモア」と迷わず言います。
歌唱力もギタースキルもソングライティングスキルも、このたった一つの『ユーモア』に基づくもの。
それはアメリカンでブラックで捻りがある。
多分日本人にとってカントリーがまだまだ解りにくいのは
ウェイロン・ジェニングスのような純粋なアメリカ人のユーモアが理解できないからかもしれません。
メルマガではウェイロン・ジェニングス
のユーモアを解説します。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックエンドスタジオの無料メルマガ【頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!】
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
posted by Foomy at 14:00| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

すぐに謝ってしまう

すぐに謝ってしまうのは日本人の国民性かと思っていたら、
欽ちゃんの本を読んでそうでないのがわかりました。
欽ちゃん、人にごめんなさいと言われると「もう自分とは関わりたくないんだな」と思って
寂しくなるから、とことん言い訳を言ってくれ、と頼んでいるのだそうです。
ごめんなさい、と言っていいのは、本当にもうこの人と別れたい、離れたい、という時だけ。
ちょっと違うんだけど私は、人にごめんなさいと言われると、
「私のことをこれ以上に問い詰めないでください」と言われているような気がします。
これで思い浮かんだのが先日のエピソードなんですが、
これもプライバシー保護のためにブログでは明かせません。
興味ある方はメルマガを読んでください。
いつも通り、フィードバック大歓迎です。
フィードバック書いていただいた方には必ずお返事します。
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 21:52| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のブス

もともと褒め言葉のはずの「優しいね」、
このところ、「自分よがり」が当たり前になってきたのか、
優しいのは弱さを意味しているように聞こえる。

そんな私も「優しいね」と言われ、それが決して褒め言葉でないことを知っている。
皮肉、嫌味、時には同情が混まれており、
「私があなただったら絶対にそんな優しくしない」
「私にはあなたのような暇は無い」
という優越感に基づく間接的攻撃であることも承知の上で、私は、
逆に「あんたは何故そんなに他人に無関心でいられるのか?」と聞きたい。
私は言葉は汚いし語彙も少ないが、優しくありたい。
それは、決して他人のためではなくて、単に「優しい」心を持つことのほうが難しいから。
そして私は難しいことが好きなんだね。

『私』(エゴという意味での私だよ)は自分の身体の手入れをしているが、実は自分の心は、あまり綺麗ではない。
若い時はそれでもカモフラージュできていたつもりだが、年を重ねるにつれて難しくなっている。
今日書くことは、私自身の身の回りの出来事をありのまま描写したリアル・ストーリーなので、
登場人物のプライバシーの保護のためにブログでは公表出来ません。

誰の話なのか、詳しく知りたい人はメルマガを読んで下さい。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html


...その後どうなったのか、野次馬的好奇心ある方、
似た経験のあった方、私へこっそりメール下さい。絶対にあなたのプライバシーを保護した上でお返事します。
posted by Foomy at 18:22| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする