カテゴリ
生活(1366)
(2894)
音楽(328)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年11月05日

コスプレじゃなくてスピプレ

カントリーのジャムセッションへ行った。初対面で、いろんな人たちにどんなジャンルをやるのか聞かれ(参加させてくれれば分かるだろうと内心ツッコミを入れながら)「今日はカントリーです」と答えると、じゃあ普段はクラシックかと聞かれ、んまあ、と笑ったら、しばらく経つと、じゃあ、ジャズなのかと聞かれて、あ、ジャズなら、と言うと、私個人的に苦手な奏者の名前やら曲名やら固有名詞が出てきて、ああ、とボンヤリ聞き流してたら、あまりにしつこいんで、「私はジャンル云々より普通にいい音色を出す人が好きで〜笑」と答えた。本当に私の場合、呆れるほどジャンルや知名度に無関心で、サウンドで好きか嫌いかを判断するところがあって、サウンドがダメだと何もかもダメなんだということを相手に伝えたかったのだが、相手には多分伝わっていない。昔ジャズのジャムセッションで似たことがあった。私が会費を払おうとしたら受付の人に「お姉さん、ここはジャズだけど大丈夫?」って聞かれて、きょとんとしたら、「あっその格好は...」と指摘され、初めて、自分がビジュアル的にジャズでもカントリーでもなく、ずーっとパンクロック系のままであることに気づいた。そう、私は、元パンクロッカーなんだ!ラモーンズを卒業した今でも、その生き様は残っているのである。そもそもファッションは『生き方』『道』『哲学』という意味なのだ。だから私の場合は死ぬまでパンクロックスピリットが続くのだろう。でも、やっぱり、あの汚い音色はゴメンだ!笑



■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html

■ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックエンドスタジオの無料メルマガ【頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!】
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削
foomy1@gmail.com
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 17:39| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

英語ネイティヴが一番気にする日本人の英語はココ

グーグルで『Why Can't the Japanese』で検索すると、
一番トップに上がってくるのが英語の問題です。
しかもそれは、ある一つの発音についての問題です。

二番目は全般的に何故日本人は英語が喋れないのか?という質問です。

今日は一番目に上がってくる、ある一つの発音について教えようと思います。

日本人にとって、一番苦手な発音は....

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com
ラベル:語学
posted by Foomy at 14:35| 東京 ☀| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

楽譜を鵜呑みにするな!

C+7, Caug7, C7♯5

ドミナントセブンスコードの"7"の右側によく出てくる"(b13)" と “#5”は、別物です。 #5 と b6(=b13)は異名同音で、確かに音は同じではありますが、機能が違います。

b13は六番目の音をさすわけですから, 5thはナチュラル(完全5度)です。
それに対して、#5は5増5度を意味しているので6thはナチュラル(長6度)です。

ジャズのリアルブックやスタンダード曲の楽譜を閲覧すると、よくb13(=b6)と"#5"が混同されていることがあるので、気をつけてください。特にC+7, Caug7, C7♯5と書いてあるコードの時には、要注意です。もしかしてそれはb13のサウンドかもしれません。
どっちが正しいコード名なのかは、メインのメロディーを聴けばわかります。

面倒かもしれませんが、楽譜やリアルブックのコードを鵜呑みにするよりも一流ミュージシャンの演奏の方から正しいコードを聞き取るようにしましょう。

ちょっとだけオルタードなミクソリディアン・ドミナント』をメルマガで紹介します。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 02:16| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ウェイロン・ジェニングス「アウトローとは」

1975年八月にトムパル・グレーザーとジェシー・コルターとウェイロン・ジェニングスがテレビ出演した際に
司会者の「アウトローとは何ですか?」という質問に対して三人の答えがそれぞれ違っています:


ウェイロン「アウトローとは人々が今までやってきたこととは違うことをする人のことだ」

司会者「そしてあなたは今までのやり方を変えようとしているんですね?」

ウェイロン「違う、俺は自分のやり方を変えたくないだけさ!」


司会者「トムパルさん、あなたは?」

トムパル「僕は音楽で食えていけばいいと思っている」

司会者「トムパルさんにとってアウトローとは何ですか?」

トムパル「不法のことをやっている人かな、ジェシー・ジェームズとか...」

司会者「ということは今日のこの放送は編集が必要かね?笑」



司会者「で、ジェシーさん、あなたは?あなたはアウトローですか?笑」

ジェシー「いや、私はそんなことを自覚していません笑」

司会者「少なくとも私の知る限りでは一番美しいアウトローですね 笑」

アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


ラベル:アウトロー
posted by Foomy at 14:00| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの連続ライブ

昨日は阿佐ヶ谷、今日は笹塚、久しぶりに連日続いてライブがあります。昨日は通りすがりで聴いてて入って来たお客さんが多かったです。純粋に音に反応して自分たちのことを気に入ってもらえる、ということは、演奏家にとって最大の喜びです。日本人はシャイですから、なかなか知らない人の演奏を聴きに行く勇気がありません。そんなシャイな国民のバリアを崩すことが私の役目なのです。すでに知っている方々にウケるのもいいことだし、ファンからの差し入れ(特にシャンパン笑)をいただくのも嬉しいのですが、ハッキリ言ってそれよりもっと嬉しいのは本当に自分の演奏がウケた(ような気がした)という瞬間なんです。だから嘘でもいいから気に入ったフリとかして下さい。海外には、演奏中に喋ったり食べたりするのを禁じる気難しいアーティストがいますが、正直なところ、彼らの気持ち、分からなくもありませんね。
今夜は笹塚リバティーベルで演奏します。

AF59A510-DABB-4053-8B37-01E0E24CA1FC.heic

その関連で、今日はさっそく、この前行った寿司屋での出来事を思い出させてください:



ある個人でやってる寿司屋のカウンターに常連客と思われるおじいさんが座って、でかい声で「xxの道路工事はなかなか進まないね」的なローカルな話を板前さんに向かってしていた。そのうち「あの○○って寿司屋知らないかい?あそこはネタが良くて安くてうまいんだよ〜!!」と、自慢(?)... 私は耳を疑って、板前さんの顔を覗いたら、彼もムッと来た表情で何も言わなかった。きっとじいさんは、親しさを表したかったのだろう。似たことがライブハウスにもあって....


バンドの追っかけとかファンとか、すごく有難いのだけど、親しさの現れが増すと結構創作活動に響くことがある。彼らはもちろん差し入れなんかを持ってきてくれるが友達をあまり連れてきてくれない。それどころか他の客に対抗心があるようで、共に音楽を楽しむ姿勢をもたない。最近のライブにも、通りすがりに音だけに誘われて入って来たカントリーのカの字も知らない若者たちと昔から私(というか夫の追っかけ的?な)のお年を召した常連客との会話が耳に入った。


「バイオリンって素敵!こんなに近くで聴くの初めてです!こんな間近で生演奏聴けるところって珍しいですよね!」と喜んで握手して下さーいと寄ってくるオネエさんに対して「あ〜らそんなことないわよ〜♪こういうライブやってる小さいところアタシなんかいーっぱい知ってるわよ〜♪例えばxxのxxとかyyのyyとかね、他にもいーっぱいあるわよ〜…」と大声でしゃしゃり出る常連客、恐らく悪気は無くて「あたしの方があんたたちよりもたくさんライブバンド聴いてるから、私は『通』よ」と先輩ぶるつもりだったのだろうが、ミュージシャンの気持ちを全く理解できてない。私たちは若い時から時間とお金を犠牲にしてこの瞬間の為に練習してきた。その、あなたが言う他のバンド連中がどうなのかは知らないが、私に関しては、今のこの瞬間にかけて生きてきた。自分の努力が報われて、知らない人に聴いてもらえるということがどれだけ大切なことなのかを、あなたは分かってるだろうか?それは、家族や友達だけじゃなく知らない人に料理を食べさせて「美味しい」と言わせる様なチャレンジなのだ。元五ツ星レストランのシェフが作った料理を、そもそも外食したことの無い若者がうっかり食べ、「こんな美味しいものは僕、初めてです!外食するとこんなに美味しいもんが食えるなんて知らなかったです!」などと言ったとする。それに対してあなたは「あーら、外食なんてそんなもんよ!いつどこに行ってもこの程度のものなら食べられるわよ!」と教えるのだろうか?もし本気であなたがそう思うのなら、せめてプロの聞こえてない場でこっそりやって下さいな。よくわからない人は、あなたの専門が何なのか私は知らないが、あなたの専門に置き換えして考えてみて欲しい。

ラベル:バンド
posted by Foomy at 09:21| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

ファッツ・ドミノ

初めてファッツを聴いたのは中1の時、ドイツ・ミュンヘンのダンススクールでスローダンスを覚える時に必ずかかったのがブルーベリーヒル。その都度、ああ、ドイツにもそんな山があったらなぁと夢見てヨダレをパートナーの肩に垂らすのであった。ちなみにブルーベリーヒルをドイツ語にするとハイデルベアベルクになる。ドイツ語ってなんて硬い言語なんだろう!早く自立してこんなにロマンのない国から出よう…そしてブルーベリーヒルのあるアメリカへ旅しよう!と想いを馳せた一曲でした。夢をありがとう!


B4B303CF-92EA-4944-9541-3BD614318380.jpg



posted by Foomy at 12:31| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

他の国の食べ物を嫌いにならない方法

ドイツ語生徒さんが会社の人と仕事でドイツへ行って初日にいきなり典型的なドイツ料理屋でソーセージの盛り合わせとザワークラウトとシュヴァイネブラーテンをとって、翌日から中華か日本料理しか受け付けられなくなったらしい。なんて無茶な注文の仕方をしたんだろう。私の元同居人もこないだ奥さん連れて日本に来た際に、招待者が彼らを典型的な京都の旅館に泊めさせて刺身三昧にさせてすっかり日本食にうんざりさせてしまったらしい。もてなす側はNTTのお偉い方で、最高な接待をしたつもりで張り切っていたのに。私が接待すればよかった。そういえばアメリカ黒人の前旦那も一度日本人に愛想で「魚が好き(好きというか嫌いではない、食べれる、という意味で)」と言ったら毎日毎日朝昼晩魚ばっかり食べさせられて和食にうんざりしたのである。なんでもほどほどがいいとはまさにそのことだ。その土地の食べ物を好きになって欲しいのならば、その土地に住んでいる人たちが日頃毎日食べているものを食べさせるべきであって名物ばかりをたくさん食べさせるってのは暴力的な押し付けである。今時ソーセージの盛り合わせと豚肉の焼いたものを同時に食べるドイツ人なんていないもんだし、いたとしたらそいつは相当な変態だろう。だいたい日本人は、有名なものを提供するのがもてなしだと勘違いして、エトランジェを名所へ連れて行き、名物を食べさせなきゃいけないと思いこんでいるが、そんなことよりも、なんともない場所でそこいらの庶民がいつも飲み食いしているエブリデイフードの食堂や喫茶店や酒場をこっそりと教える方がはるかに喜ばれる。私が欧米人に日本を気に入ってもらいたい時は、ソース焼きそばとかカレーライスとかハヤシライスとかハンバーグとか天丼とか焼肉定食とか豚の生姜焼き定食あるいはカキフライ定食なんかの美味しい店へ連れて行くし、そんな中でたまに刺身や寿司も何気なく出されると感動してもらえるわけであって、同じく日本人をミュンヘンへ連れて行く時は、昼はソーセージの立ち食い、あるいは鶏肉の丸焼きの立ち食い、あるいは豚の丸焼きを食べさせるときもあるが付け合わせは何もなし、そしてビアホールでは大根の輪切りとかラディッシュとかトマト、そしてソーセージと玉ねぎのサラダをつまみに取るだろう。そして必ず帰国後も「あの時のあの店のあれがまた食べたい」と懐かしまれるし、滞在が1ヶ月を超えても「中華を食べたい」とか「和食を食べたい」などと言わせない自信がある。私は決してグルメではないが、「これは美味しいけど毎日は無理だなあ」と思うようなものは本当は「美味しくない」のだと思っている。だから食べ合わせとか食べ物と飲み物の組み合わせには、かなりウェイトを置いている。ソーセージを食べる時は一種類がベストだと思うし、ましてやソーセージと同時に豚の料理を食べるなんて、まるで刺身と寿司とちらし寿司とにぎり寿司と焼き魚と煮魚を同時に食べるのと同じぐらい不毛だと感じてしまう。そりゃあドイツ料理を嫌いになるのは仕様がない。いろんな料理をちまちま混ぜて食べるという点では中華や韓国はそれでもいいのかもしれないが、これはドイツ式ではない。日本人が海外で食べるときの1番よくやる間違えは、その土地の人たちの食べ方を真似ずにガイドブックを鵜呑みにしてしまうことなのだ。ちなみに私はザワークラウトは大嫌いだ!

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:旅行
posted by Foomy at 23:57| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

差別は言葉遣いで始まる

温泉で、中国人がスマホ持って浴場へ行こうとした。スタッフ「それ、ダメ!」中国人「no?」「ダメ!」「oh shit!」この場合、罵る方もアレだが、スタッフの注意の仕方が完全な上から目線ではないか?もし同じコトを白人か日本人がしてたら「恐れ入りますが、浴場はロッカーに入れて頂けないでしょうか笑」と言うのではないだろうか。そして言われた方も恥ずかしそうに「あっはい」と答えるのだろう。


そういえば我々東洋人がドイツのサウナなんかで例えば身体を洗わずに水風呂へ飛び込むと「hallo...erst waschen!」なんて言われるのだが、大人の使う文法ではない。

正しくは「entschuldigen Sie bitte, aber Sie müssen sich zuerst waschen.」である。あえて子どもっぽい言い方を選ぶのは、相手がどうせ外国人で、ドイツ語が解らないと予測しているからなのか。それならばイタリアやフランスやアメリカの人にはどう対応するのかというと、やはり頑張って英語を使うのだ。


だから浴場でこそ人間の差別感情が露出されていると思う。


A8FC5243-597B-4D54-9282-2EDA1AEA9007.heic

posted by Foomy at 15:17| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

マナーについて

15F1D19D-95BA-4014-A7DA-4A24B17F0A29.heic


メルマガ配信します。



[人生]人生相談:今より10倍モテる!

http://www.mag2.com/m/0001645950.html




只今、私は北海道のホテルの朝食ブッフェのレストランに座ってこのブログを書いていますが、日本人の歩き方と振る舞いが気になって仕方ありません。人がコーヒーマシーンへ向かうと、すっとその先を他の客が割り込む。すぐ近くに連れがいるのに無駄にデカい声で喋る。空間距離が近いんですね。昨日は外で買ったコーヒーを持ってエレベーターで部屋へ戻る際に他の客が割り込んでエレベーターに入って、まず私の腕にぶづかり、それに対して反射的にごめんなさい!とわたしが詫びてる最中にエレベータードアが閉まりそうになってしまい、そこにまた腕をぶつけてコーヒーをこぼしてしまいました。日本人は、目と耳がどこに付いているのでしょうか?


英語を勉強するほどでもないけど海外の人とうまくやりたい、英語には自信あるけど海外の人とのコミュニケーションがイマイチ解らない、英語を習う時間とお金はないけど英語圏の友達作って図々しくもその人から英会話を学びたい、などなどのお考えを持つあなたへ。


マルチリンガルが教える

欧米人に嫌われない

6つのルール


1『動きのルール』

無駄に動かない


2『目付きのルール』

目を無駄に開けない


3『姿勢のルール』

スマホを見ない


4『声量のルール』

声を上げない


5『表情のルール』

リアクションしない


6『笑いのルール』

意味なく笑わない


[人生]

人生相談:今より10倍モテる!

http://www.mag2.com/m/0001645950.html


posted by Foomy at 10:56| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

英語フレーズの作り置き

これをマスターすれば

つっこむときの英語に悩まない!


あなたは英語の聞き取りに自信ありますか?


聞き取りが出来ないと、

会話は進みません。


でも、聞き取れないのがバレると

相手はつまらない思いをします。


なんとか気の利いたことを言って

相手をよろこばせようとして

必死になればなるほど、

相手をシラケさせることに。

 

なので、今回は、

聞き取りが上手くできなくても

会話をスムーズに行う方法を教えます。


今日からすぐ使える「英語でのツッコミの作り置き」

始めましょう。


♪作り置きセンテンスで英語コンプレックスを乗り切りましょう…



♪♪尻取りの発想を活用しまくる


♪♪♪洋画は作り置きネタの宝



♪♪♪♪シチュエーション別作り置きが便利


♪♪♪♪♪今すぐ使えるツッコミ方アイディア集


相手の話しがいい事なのか悪い事なのか解らない…


相手がふざけているのか真面目なのか解らない…


それでもやっぱり相手の話がどうにも解らない!


英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法

http://www.mag2.com/m/0001646433.html

posted by Foomy at 14:30| 東京 ☔| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする