カテゴリ
生活(1367)
(2897)
音楽(339)
雑学(49)
ドイツ(40)

2017年12月23日

グランド・ツアー



ジョージ・ジョーンズ『グランド・ツアー』を今回のメルマガで紹介します。

英語がわからないと、美しく、楽しそうな歌と思われそうですが、
内容は飛んでもなく暗くてせつないボヤキ...というのが、カントリーの特徴だったりしますが、
グランド・ツアー』もその例外ではないでしょう。

ちなみにグランド・ツアーの意味ですが、
もともと欧米では、旅による発見が芸術を生むという発想がありました。
18世紀ごろのヨーロッパでは、貴族たちが『グランド・ツアー』
と言うものを行なっていました。
貴族本人が旅をすることもありましたが、基本的には彼らが
可愛がっている芸術家たちを世界各地に派遣しました。
そして派遣した画家が旅先で描いた絵を貴族のお屋敷の廊下にかけて、
それを鑑賞する、という仕組みでした。
このグランド・ツアーには生物学者も同行することがあって、
よって見知らぬ植物や種、生命体を持って帰ることで
ガーデニングや動物園や水族館などの発達につながりました。
同じく音楽家や作家や詩人も、
みんなこのようなグランド・ツアーへ派遣して
中東や南米やスラブ系のエキゾチックな音楽を取り入れ、
それを歌や旅行記という形で発表しました。
子供時代をドイツで過ごした私も、日本へ旅行するたびに
大勢の前で日本の旅報告をさせられたものです。
ですからグランド・ツアーというのは芸術家の旅の報告とか
旅のお土産というようなものであり、
そこから文化・芸術が生まれたんですね。
こういうところからも、ヨーロッパやアメリカでは、
いかに「みんなが知らないもの」を誰よりも逸早く取り入れることから
文化・芸術が発展されていったかが伺えます。

ちなみに日本では「おみやげばなし」と言います。
「ドイツ(アメリカ)から帰ったらお土産話を聞かせてください、楽しみにしています」
とどれだけ言われたことか。それを楽しみに帰っても、
残念ながら、私のお土産話を聞こうとする日本人は、
今の所誰もいません。
せいぜい「ドイツ語わからない」「ドイツといえばイヒリーベディヒ」「ドイツ時差はどのくらいあるの?」
「ドイツまで飛行機で何時間飛ぶの?」「ドイツは寒い?」です。
これじゃあ全くガイドブックと変わりませんね。
他文化や知らないものへの関心は、あまり無いのだと思います。
これでは新しい音楽も発展しませんよね。

そんな私ですが、今夜もメゲズに皆さんの知らないアウトロー・カントリーの演奏に励んだりします。
阿佐ヶ谷ジャンブジャンブでお会いしましょう。


■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

posted by Foomy at 15:09| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

社交の場での振る舞い方〜ノンヴァーバル・コミュニケーション



今日は冬至。明日から日が長くなります。嬉しいですね。

で、今回のテーマは寂しがり屋さんの大好きな...

ボディータッチ

お酒が入るとボディタッチしてしまう人がいますが、
もう、これは絶対に絶対にNGです。
どうしてもその癖がやめられない人は、
心理カウンセリングを受けてくださいね。
それから、握手ですね、これを社交辞令のつもりの人も多いようですが、案外と不要どころか
失礼だったりします。

洋楽や洋画に憧れている業界人に多いんですが、
握手やハグのことを勝手に欧米式だと勘違いなさっている方々。

案外と嫌がる人もいるので、相手を見てどのような挨拶するかを判断しましょう。
そして相手から手を差し出された時は、必ず汗を拭き取ってから握手しましょう。
生温い握手ほど気持ち悪いものはありません。

社交での場の振る舞い方について
メルマガ配信します。
自分をパワフルに魅せる方法〜ノンヴァーバル・ヴァージョン



テーブルマナー

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html



...具体的に言うとフォークとナイフの使い方ですが、
これが出来ていない人が多くてどこから直せばいいか解りません。
ここまで食に煩い国なのに、不思議です。
テレビつけるとグルメ番組やグルメ特集が実に多いけど、
食べ方についての情報が少ない!
日本人は食事に敏感ですが、テーブルマナーには無頓着なのでしょうか。
ガイドの仕事で沢山のお金持ちのお客様たちを観察しながら
思うこと、それはみなさん柔らかいものばかりを食べてらっしゃるせいか、
フォークとナイフを使えていないようで...
あと、基本的にブッフェ形式のお食事に慣れてらっしゃらないようで、
無言で大食いなさる方が多いですね。パーティーやバイキング形式の催し物で
無言で暴飲暴食して勝手に「胸焼けする」とか「酔っ払っちゃった」と仰って
爆睡したりトイレから出てこない人...
モトを取りたいという気持ちが先走って飲みすぎ、食べ過ぎ、をしているのでしょうか。

口と手のコントロールしましょう。

食べるもの、飲むものの量のコントロール、
肉の切り方、パスタの食べ方、スープの『食べ方』、
口の使い方、出して良い音VS出して悪い音、食事中の会話術、
の手解きを受けたい方は私に直接問い合わせてください。レッスン致します。

ラベル:FAQ
posted by Foomy at 10:46| 東京 ☁| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

アフリカ音楽とジャズの繋がり

アフリカ音楽とジャズの繋がりについてメルマガ記事
書きました。有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html



先日、飲み屋さんでお年を召した某画家と討論になりそうになって直ぐに引きました。昔の私ならその場で大げんかしていたところですが、苦笑いしてその人に背を向けました。私も少し余裕ができたなあ。

要はその人、クラプトンもビートルズもクリームもジェファーソンエアプレーンもブルースを知らないクソ白人の商売上手で、ロックは黒人が作った音楽だと怒鳴り散らし、取り巻きの皆さんも彼のことを「先生」「先輩!」と崇めて、全く会話の余地がなかったのです。私はこういう時は、すぐブログネタにすることにしているので、先日起きたこと、殴り書きですが、興味ある方は読んでください:

画家は5〜6人の取り巻きのような若者たちに囲まれて、無駄にでかい声でがなっていた。声がデカイので私は席を外して離れたカウンター越しに席を変えた。取り巻きの一人が「どうもすみません、でもこの人はこれを描いた人ですから」と私に絵葉書を見せた。画家はその絵葉書のイラストを描いたのだろう、だから何だと思ったが、私は微笑み返した。そのうち取り巻きの女性が「私はビートルズが好きで...」と喋り出した。すると彼女に向かって画家は「俺はビートルズが大嫌いだ!奴らがロックをダメにした!」と怒鳴り、その時点では「日本人にしてはなかなか勇気あるじゃない?」と思い、そうだ、そうだ、と私は頷いた。それを見た画家は気を良くして立ち上がってカウンター越しに座っていた私の方へ向かってしわくちゃな手をさしのべた。知らない人との握手が苦手な私は抵抗あったが渋々その画家と握手してそのあとこっそり手を拭いた。

次に画家はジェファーソンエアプレーンをディスり私にフォローを求めて来たので、私は、「そこのベースは過大評価されていますからね」と言った。すると画家の隣の隣に座っている男性が「お姉さんベーシストなんですか?僕もベースなんです!ベーシストならではのご意見、嬉しいですね!」と、喜んだ。「ベースといえばジャック・ブルース、あれも好きじゃないなあ」と私が言って、話はクリーム、クリームといえばジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルース、そしてクラプトン。私はこう語った「あの二人の不仲を元どおりにさせてクリームを結成させたのがクラプトンなんですね。ですからクラプトンのおかげで...」ベースの彼は前乗りになって聞き入っていたのだが、画家はつまらなくなったのだろう大声で「クリームなんて最悪だ!クラプトン?!アイツはクソだっ!!!」と怒鳴り散らし、私が「ちょっと待ってクラプトンは人間関係だけじゃなくてルーツミュージックの橋渡しとして重要な役割を果たしているんですけど」と言うと「何がルーツだ!!あんたたちはブルースを知らねーのか?!」と怒鳴るので私が「BBキングは...」と言いかけると「そうだよBBキングだよ!あれがブルースでね、クラプトンなんてイギリスのカスだよ!ロックのルーツは黒人音楽なんだ!クラプトンもビートルズもクリームもただの白人のまがい物だ!ただの商売人なんだ!!」と呻いて、赤ん坊のように暴れた。周りの取り巻き人間たちが、「さすが先生はすごいんです、先生は何でも知ってるんです、先生は人生の先輩なんで聞いてやってください!」とその画家をたてるので、私は、ワッハッハッと笑って首を降って彼らに背を向けて飲み続けた。そして最初のビートルズ好きの女性にちょっぴり同情した。

その後も彼らは素人の音楽談義していたが、何かにつけ女性の意見をコテンパンにやっつけつつも「まあまあ意見が食い違うのはいいことだよ」とフォローする言葉が聞こえた。本当は意見ではなくてただの間違った説であり、だいたい食い違うのを許していないじゃないか、と思った。このように根拠のない縦社会が生じるから、人々はどんどん喋らなくなる。

もし私が歳とってこの画家のように有名(?)になって、自分より歳下の同業者を飲みに連れて自分の知らない分野についてあんな偉そうに語っていたら、ぜひ直して欲しい。まあだいたい、私の場合は『取巻き』が嫌いで、ファンと飲むようなことは恥ずかしすぎてできないけどね。

で、この画家が仰る「ロックのルーツは黒人音楽」説についての答えを書きました。

http://www.mag2.com/m/0001661492.html

とにかく私にとってブログやメルマガの便利なところは、自分の声を張り上げずにすむこと、誰にも中断されずにセンテンスを云い切れること、だったりします。

ラベル:リズム ジャズ
posted by Foomy at 16:27| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

タブーのテーマから見える文化の違い



ドイツで少し安心したこと。ここ1年に渡って更年期障害を患っている私は日本では誰に話しても笑い飛ばされ、話題を変えられ、自分一人の悩み事かと心細くなっていたが、ドイツの本屋には割と小さな本屋でも更年期についての本のコーナーがあったし誰もがあけっぴろげにそれについて話してくれた。日本の書店にはそれについての本がなかったし、自分の症状を話すともしかしたら癌かも、もっと深刻な病気かも、と思い始めて怖くなっていた。書店に行くと婦人科に関する本はあるにはあるけどテーマは生理不順とか不妊についてばかり。亡き母に更年期について聞いた時も笑われて気のせいだと言われた。不妊をテーマとするメルマガを書いている医者友達にモニターになってくれと頼まれたが、なってもいいけど不妊だけじゃなくて閉経についてもぜひ教えてくれ、と頼んだが無視されたのでモニターをやめた。日本は高齢化社会だというのにニーズがないのだろうか。ドイツ人の同年代の女性は十人に聞けば十人がそれぞれの体験談と対策法について真剣に語った。店員や銀行員までが雑談がてらに非常に詳しく話してくれる。日本では誰ともこの話ができなかったよと私が言うと、彼女らは首を傾げてそれはおかしい、それは絶対にありえないと言う。私は今年の夏に母を偲ぶ会(公の葬式)のスピーチするときも、私が私の誕生日に更年期障害が酷くて寝込んだ時に「気のせいだ」と笑い飛ばしてその1ヶ月後に先立った母について語ったが、それを聞いた日本の知人や身内たちに「よくも自分の親の葬式で自分の更年期なんかについて話せるね、あんなの聞いた事ない!」と笑われ、呆れられたほどだ。そのことを話すとドイツの女性たちはますます不思議がって「日本人は自分の身体の症状に鈍感なの?日本人は会議やパーティーで座りながら眠っているとうわさされるけど、日本人は働きすぎて自分の症状に気付かずに眠ったり永眠するの?」と、逆に私の方が質問攻めになった。確かに鈍感なのだ、昔女性の演奏家と仕事した時、彼女はズボンが真っ赤になっていた。染めたのかと聞くと、生理なのだと言う。私のライブ中、いきなり気絶してひっくりかえった女性客がいた。急いで前の旦那(米軍人)が彼女を抱きかかえ、応急手当したところ、その彼女も生理であることがわかった。血に関して非常に鈍感なのかと思いきや、涙にも鈍感なもので、多くの女性は人前で涙を流すが、なぜ泣くのかと聞くと「自分でもわからない」、悲しいのかと聞くと「悲しいわけではない」。体内から出る液体を語るのが苦手なのかと思いきや、汗だけは日本では美化されている。汗こそ汚いはずだが、汗は努力や苦労や我慢の象徴に思われる。アーティストの汗、職人の汗、スポーツ選手の汗、営業マンの汗(笑)、みんなで頑張るみんなの汗...結果より過程を重視する、というのが日本人の精神なのかもしれない。汗を流すという表現は日本で良い意味合いをもつが、これを英語やドイツ語に訳すと「ストレスを感じる」「焦る」「苛立つ」という意味になってしまう。私は汗っかきだが、おでこがテカる。それを見て外国人は「あなたは汗をかいているけど大丈夫ですか?」と心配してくれる。心配されるのが嫌なので、最近では自分から「私、汗っかきなので気にしないでください」と前もって断る。おかげでアメリカ黒人のミュージシャン仲間の間では「シャイニーフォーヘッド(ピカピカなおでこ)」というあだ名がついた。更年期の私はおでこだけでなく全身が火照る。それを「アイム・バーニング」と言う。まさしく「私はもえている」。笑

そんな日本も寒気が訪れみんながゴホゴホ咳している。人様はマスクをしてこれまた開けっぴろげに鼻をジュルジュルやりながら「俺、風邪気味なんで」と言うけど、やはり更年期の話は誰もしたがらない。きっとタブー化されているからだろう。風邪の方がずっと悪質で、ウィルスは移すし鼻水やタンは不潔なのにね。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


ラベル:女性
posted by Foomy at 18:15| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

ノーマルシー・バイアス

自分だけは大丈夫だと思っていること、
自分はいつも健全であり異常なのは相手の方だという思い込み(ノーマルシー・バイアス)について、
メルマガを配信中です。

これは日本ではあまりにも普通過ぎて何がおかしいの?と思われがちですが、ついこないだもドイツと日本のハーフの友達が、日本人は大丈夫じゃない時でも大丈夫だと言うから信用できないと言っていました。それに対して彼のドイツ人の奥さんは、いや、でも大丈夫なのに文句ばかり言うドイツ人よりマシ!と言われていました。

[語学]英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法

http://www.mag2.com/m/0001646433.html


格好いい音楽の映画6選をメルマガて紹介します!

週刊『アウトロー』

http://www.mag2.com/m/0001665793.html



posted by Foomy at 05:45| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

解放の年...



日本にいるとドイツ育ちの私を気遣って下さる方々からシュトーレン、グリューワイン、マジパン、ザワークラウト、ドイツワインをいただくが、全部一環として嫌いです。ドイツにいた頃は日本生まれの私を気遣って下さる方々からアンコでできた和菓子やおせち料理もどきや甘酒の素を頂いたがそれらもどれも苦手でありながら、捨てると母に叱られていた。それらをもらう都度、横にいる母が懐かしむ感嘆をあげ、その偽善的行為にものすごい反発心を抱いた。やっとこれらが嫌いだいうことが堂々と宣言でき、この開放感といったらない。カミングアウトできた53歳半。非国民と言われてもいい。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html
ラベル:人生
posted by Foomy at 16:34| 東京 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二の性



80年代初期、ドイツで暮らしていた私は一番安い航空会社アエロフロートに乗っていた。それがキャンセルの時は大韓航空に乗った。後者の方はフライトクリューが前者よりずっとずっと親切で、若くして一人で健気に旅する私を珍しがって英語で話しかけてくれた。そんな中で一つ面白い会話がある。男のフライトクリューが日本についてこう語った。「僕には日本語はわからないけど、日本は男尊女卑の国だなと思う。例えばテレビを見ると男性と女性が隣り合ってニュースやワイドショーのコメンテーター役をするときに、男性は発言権を持っていて女性はうなづいていたり微笑んだりしている。言葉はわからないが、男は何を喋っても女はそれに肯定しているように見える。韓国では女は怖いぐらい強くてそれもそれで恐ろしいのだが、少なくともテレビでは男女平等だな。テレビで女が男に媚びるのを見せてしまったらそれをみんな真似るだろう?」

昨日ドイツから戻って眠れなかったのでアップルTVで30年前頃のテレビのお笑い番組を見たら、ふと大韓航空のフライトクリューが言った意味がわかった。このお笑い番組のコメンテーターたちがまさに男尊女卑で、男がどんなナンセンスを喋っても女性は「はい」と言ったり笑ったりうなづいたりするのである。今も昔も変わっていない。これを見本としたものが飲み会である。男女が集まったところでは、どうしても男が主導権を掴み、女は引っ込んでしまう。さもなければガミガミと騒ぐヒステリックばあさんにならざるを得ない。
私は決してフェミニストでもなければ女が特別好きでもない、ただし面白い人間を贔屓する人間好きである。同性に関しては強い女の方が弱い女より、興味ある。が、贔屓しない。弱い女をもっと強くさせたい、と痛切に思う。日本を強くしたいのではなくて日本女性を強くしたい。いやいや女性は強いよと言う男性の声が聞こえると、それは女性には強くなってほしくない、というふうに捉えてしまう。自称先進国だと歌う日本として隣の儒教の国韓国の男性に男尊女卑の国だと言われるのは実に情けないことだよね?
ラベル:女性
posted by Foomy at 04:12| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

異性を口説く時に使えるアウトロー歌詞

アウトロー・メルマガ更新しました。今回紹介したいのはハリウッド映画俳優としても
知られているクリス・クリストファーソンのアルバム "The Silver Tongued Devil And I" (1971)の中のヒット曲
"Loving Her Was Easier (Than Anything I'll Ever Do Again)"です。

1971年と言えば:
ベトナム戦争の真っ最中、そして
彼の最後の恋人だったジャニス・ジョップリンの死後に発売された『パール』がベストセラーになった年。
またジャニス・ジョップリンもカヴァーした彼の自作"Me and Bobby McGee" が大ヒットした年であり、
そのブームに乗ってグラディスナイトやらレイプライスやらジャンルを超えて数々のアーティストが彼の曲をカヴァーした年。
個人レベルでは、私自身、ちょうど両親と西ドイツへ渡り、シュタイナー学校に入学した年であり、
その学校の真ん前にチッタ2000という巨大な未来的ビルが出来て、
それは半ベトナム戦争を歌うヒッピーたちの『遊園地』のようなものでした。
チッタ2000以前はシュヴァビロンというビートルズのイエローサブマリンをモデルとした巨大な船の形をしたビルが建っていました。それはスペースの問題で3年で撤去され、代わりに聳え立つのがこのチッタ2000というもろに2000年を予言するフューチュリスティックなビルです。そこには幼い私も両親と何度か入りましたが、
そこで初めてジャニス、ジミヘン、クリス、ボブ・ディラン、ストーンズ、スライ&ザ・ファミリーストーン、アイク&ティナ・ターナー、
ダイアナ・ロス、といった存在のポスターを見ました。
噂によると、ミック・ジャガー、フレディー・マーキュリー、ドナ・サマーやロザンヌ・キャッシュもミュンヘンへ来るときは
ここでぶらついていたそうですが、
知らなかったです。...というか、そんなことを私が知ってるはずないですよね、まだ子供でしたから(笑)

そんなこんなでその年にはクリス・クリストファーソンは(米)プレイボーイ誌の『最もセクシーな男優』として選ばれたそうですが、そんな彼の書いた歌を紹介します。訳してみると一見完成度の高い文学作品のようですが、
内容としては、ただ単に肉体関係を求めているだらしない男の言い訳なんですよね。

アウトロー・カントリーで何が良いかというと、音楽と言葉(英語)だけじゃなくてついでに人間、性、仕事、酒、旅、死、などについて学べる点ではないでしょうか。

アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by Foomy at 23:20| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンスのススメ



インターナル・グルーヴの養い方:前回に引き継ぎ、タイム&グルーヴについてのお話です。
最も多くのミュージシャンが悩ませる点ではありますが、
具体的には、どのような訓練が必要なのでしょうか?

という質問を受けました。

答え:ダンスです...そうです。踊ることです。

ドラマー、パーカッショニスト、ピアニスト、リズムギター奏者、
つまり打楽器の奏者に必要なのは、最低限の音感とハーモニーの知識だということを
前回のメルマガに書きましたが、逆にサックス、トランペット、ヴァイオリン、ベース、ハーモニカ
などの単音楽器になればなるほど、
リズムパターン(パラディドル)の訓練が必須であります。

ところが多くのベースレッスン生にあるフレーズの『リズムパターン』を個別(つまり音程なし)で歌わせると、
彼らはピッチに囚われてリズムが歌えないんですね。
メトロノームがあればできる!という人もいますが、
それじゃあNGなんです。
勿論メトロノームに合わせて練習することは、
正確にリズムをキープするにおいて悪いとは言いません。
が、これだけでは外的タイムフィールしか得られません。
必要なのは内的タイムフィールです。これをミュージシャンは『パルス』と呼びます。

このパルスの養い方についてはメルマガを読んでくださいね。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

posted by Foomy at 18:50| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

オルタード・シリーズ最終回〜もっともアウトなサウンド

秋に入ってからオルタードを紹介していますが、
ついにその中でも最もアウトなサウンドを紹介します。
最もアウトだからこれが最終回になります笑。これこそが
究極の『オルタードスケール』というやつです。
暗いのか明るいのか、どっちなのかわからないような、
どっちとも混ざっているような、不思議なサウンドですね。
最も『合わない』 (b9, #9, b5, #5)音と (1, 3, b7).
このスケールはスーパーロクリアンスケールとかディミニッシュホールトーンスケールとも呼ばれます。
後者の呼び方はディミニッシュスケールとは違うので、嫌う人も多いようですが、私は、
好きです。スケールの前半がディミニッシュで後半がホールトーンだからです。
しかしながら、これを『オルタード』と考えずに弾くことをすすめます!
多くのジャズ(だけでなくブルースもカントリーも)・ミュージシャンは
『オルタード』の『オ』の字も知らずに、
結果的にオルタードのサウンドを出しています!
オルタードなのにオルタードじゃない?
どう考えればいいんだ?詳しくはメルマガを読んでください。
オルタードのアプローチ
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 13:38| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする