カテゴリ
生活(1367)
(2897)
音楽(339)
雑学(49)
ドイツ(40)

2017年12月18日

タブーのテーマから見える文化の違い



ドイツで少し安心したこと。ここ1年に渡って更年期障害を患っている私は日本では誰に話しても笑い飛ばされ、話題を変えられ、自分一人の悩み事かと心細くなっていたが、ドイツの本屋には割と小さな本屋でも更年期についての本のコーナーがあったし誰もがあけっぴろげにそれについて話してくれた。日本の書店にはそれについての本がなかったし、自分の症状を話すともしかしたら癌かも、もっと深刻な病気かも、と思い始めて怖くなっていた。書店に行くと婦人科に関する本はあるにはあるけどテーマは生理不順とか不妊についてばかり。亡き母に更年期について聞いた時も笑われて気のせいだと言われた。不妊をテーマとするメルマガを書いている医者友達にモニターになってくれと頼まれたが、なってもいいけど不妊だけじゃなくて閉経についてもぜひ教えてくれ、と頼んだが無視されたのでモニターをやめた。日本は高齢化社会だというのにニーズがないのだろうか。ドイツ人の同年代の女性は十人に聞けば十人がそれぞれの体験談と対策法について真剣に語った。店員や銀行員までが雑談がてらに非常に詳しく話してくれる。日本では誰ともこの話ができなかったよと私が言うと、彼女らは首を傾げてそれはおかしい、それは絶対にありえないと言う。私は今年の夏に母を偲ぶ会(公の葬式)のスピーチするときも、私が私の誕生日に更年期障害が酷くて寝込んだ時に「気のせいだ」と笑い飛ばしてその1ヶ月後に先立った母について語ったが、それを聞いた日本の知人や身内たちに「よくも自分の親の葬式で自分の更年期なんかについて話せるね、あんなの聞いた事ない!」と笑われ、呆れられたほどだ。そのことを話すとドイツの女性たちはますます不思議がって「日本人は自分の身体の症状に鈍感なの?日本人は会議やパーティーで座りながら眠っているとうわさされるけど、日本人は働きすぎて自分の症状に気付かずに眠ったり永眠するの?」と、逆に私の方が質問攻めになった。確かに鈍感なのだ、昔女性の演奏家と仕事した時、彼女はズボンが真っ赤になっていた。染めたのかと聞くと、生理なのだと言う。私のライブ中、いきなり気絶してひっくりかえった女性客がいた。急いで前の旦那(米軍人)が彼女を抱きかかえ、応急手当したところ、その彼女も生理であることがわかった。血に関して非常に鈍感なのかと思いきや、涙にも鈍感なもので、多くの女性は人前で涙を流すが、なぜ泣くのかと聞くと「自分でもわからない」、悲しいのかと聞くと「悲しいわけではない」。体内から出る液体を語るのが苦手なのかと思いきや、汗だけは日本では美化されている。汗こそ汚いはずだが、汗は努力や苦労や我慢の象徴に思われる。アーティストの汗、職人の汗、スポーツ選手の汗、営業マンの汗(笑)、みんなで頑張るみんなの汗...結果より過程を重視する、というのが日本人の精神なのかもしれない。汗を流すという表現は日本で良い意味合いをもつが、これを英語やドイツ語に訳すと「ストレスを感じる」「焦る」「苛立つ」という意味になってしまう。私は汗っかきだが、おでこがテカる。それを見て外国人は「あなたは汗をかいているけど大丈夫ですか?」と心配してくれる。心配されるのが嫌なので、最近では自分から「私、汗っかきなので気にしないでください」と前もって断る。おかげでアメリカ黒人のミュージシャン仲間の間では「シャイニーフォーヘッド(ピカピカなおでこ)」というあだ名がついた。更年期の私はおでこだけでなく全身が火照る。それを「アイム・バーニング」と言う。まさしく「私はもえている」。笑

そんな日本も寒気が訪れみんながゴホゴホ咳している。人様はマスクをしてこれまた開けっぴろげに鼻をジュルジュルやりながら「俺、風邪気味なんで」と言うけど、やはり更年期の話は誰もしたがらない。きっとタブー化されているからだろう。風邪の方がずっと悪質で、ウィルスは移すし鼻水やタンは不潔なのにね。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


ラベル:女性
posted by Foomy at 18:15| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

ノーマルシー・バイアス

自分だけは大丈夫だと思っていること、
自分はいつも健全であり異常なのは相手の方だという思い込み(ノーマルシー・バイアス)について、
メルマガを配信中です。

これは日本ではあまりにも普通過ぎて何がおかしいの?と思われがちですが、ついこないだもドイツと日本のハーフの友達が、日本人は大丈夫じゃない時でも大丈夫だと言うから信用できないと言っていました。それに対して彼のドイツ人の奥さんは、いや、でも大丈夫なのに文句ばかり言うドイツ人よりマシ!と言われていました。

[語学]英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法

http://www.mag2.com/m/0001646433.html


格好いい音楽の映画6選をメルマガて紹介します!

週刊『アウトロー』

http://www.mag2.com/m/0001665793.html



posted by Foomy at 05:45| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

第二の性



80年代初期、ドイツで暮らしていた私は一番安い航空会社アエロフロートに乗っていた。それがキャンセルの時は大韓航空に乗った。後者の方はフライトクリューが前者よりずっとずっと親切で、若くして一人で健気に旅する私を珍しがって英語で話しかけてくれた。そんな中で一つ面白い会話がある。男のフライトクリューが日本についてこう語った。「僕には日本語はわからないけど、日本は男尊女卑の国だなと思う。例えばテレビを見ると男性と女性が隣り合ってニュースやワイドショーのコメンテーター役をするときに、男性は発言権を持っていて女性はうなづいていたり微笑んだりしている。言葉はわからないが、男は何を喋っても女はそれに肯定しているように見える。韓国では女は怖いぐらい強くてそれもそれで恐ろしいのだが、少なくともテレビでは男女平等だな。テレビで女が男に媚びるのを見せてしまったらそれをみんな真似るだろう?」

昨日ドイツから戻って眠れなかったのでアップルTVで30年前頃のテレビのお笑い番組を見たら、ふと大韓航空のフライトクリューが言った意味がわかった。このお笑い番組のコメンテーターたちがまさに男尊女卑で、男がどんなナンセンスを喋っても女性は「はい」と言ったり笑ったりうなづいたりするのである。今も昔も変わっていない。これを見本としたものが飲み会である。男女が集まったところでは、どうしても男が主導権を掴み、女は引っ込んでしまう。さもなければガミガミと騒ぐヒステリックばあさんにならざるを得ない。
私は決してフェミニストでもなければ女が特別好きでもない、ただし面白い人間を贔屓する人間好きである。同性に関しては強い女の方が弱い女より、興味ある。が、贔屓しない。弱い女をもっと強くさせたい、と痛切に思う。日本を強くしたいのではなくて日本女性を強くしたい。いやいや女性は強いよと言う男性の声が聞こえると、それは女性には強くなってほしくない、というふうに捉えてしまう。自称先進国だと歌う日本として隣の儒教の国韓国の男性に男尊女卑の国だと言われるのは実に情けないことだよね?
ラベル:女性
posted by Foomy at 04:12| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

順応性の問題

インドレストランで日本人客がビールのグラスが大きすぎるからもっと小さいのない?って聞いている。見たら全然大きくない。店長が小さめのグラスを見せてこれで良いですか?と聞くと、うーんもっと!...昔ドイツの元彼が日本を訪ねたとき、新宿の中華料理店でビールのグラスを見て「これはワイングラスだ。私はビールが飲みたいのだ」と言って私に訳せと言ったことがある。私はそれはルードだから訳せないと言って彼とは大喧嘩したことがある。しかしなあ、ルードな客ってどこにでもいるんだなあ。そういえば、私のスコットランド出身の元ルームメートがビジネスで日本へ来るときは、グラスが小さいのを知っているので、いつも一回に二杯のビールを頼んでいる、おかわり頼むのが面倒臭いから。と、書いていたら、すいませーん!ビールおかわりっ!と、例の小さいグラスを求めた客が言っている。それなら大きいグラスで良かったのでは?

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


ラベル:人生
posted by Foomy at 22:40| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

セクハラについて

ハリウッド名女優でもワインスタインの下心を知りつつホテルの部屋で二人きりになるのが断れなかったそうですね。
あんな綺麗な女優さんでも断れなかったことも不思議ですが、
それよりもっともっと不思議なのは....

現在、日本で相次ぐ女性芸能人たちの不倫報道とハリウッド女優たちのセクハラ行為を受けた宣言、
どこか非常に似ているんですね。
その共通点とは...

女性は他人に求められることを証明して自分の女としての価値をアピールしているのかもしれません。
他人に求められなくなったところで自分の存在価値を失うのです。
それが多くの女性のディレンマなんですね。
早くそのことに気づいてほしいものです。
ワインスタイン氏は精神治療を受けることになったようですが、
ついでに犠牲者たちも同じ治療を受けるべきだと思います。

詳しくはメルマガを読んでくださいね。
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:ジェンダー
posted by Foomy at 14:05| 東京 🌁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

酒とバラの日々


EE1F03C2-BCFA-47E2-B8D4-CD56E2BA4A71.jpg



昨日私が出したメールに返信がなかなか来ない。ついにスカイプしてメアドが変わったのか聞いた。すると、いや、メアドは変わってないし、ちゃんと届いているし、一応読むには読んでいるが、酒飲んだせいで返信できなく、本当にすんません!と返事され、ますます不思議になった。その、不思議なのは言葉使いとかでは無い。“酒のせいで返信できない”、ということである。私にとって酒はコミュニケーションツールなのだ。酒飲んでいるときこそ達筆になる私は“これから書くぞ!”と、勢い付として飲むところがある。これから書こうと張り切っていたのに、なんと冷蔵庫を開けると酒がない!なんて時はわざわざコンビニ行ってスパークリングとかビールとかワインとかを買いに行く。酒なしじゃ何も始まらない。酒を通して自己発信することが私の場合は通常化している。だから酒のせいでメールに返信ができなくなったり文章が書けなくなるということが理解できない。私はそうとなくおしゃべりだが、酒を飲めばますますおしゃべりになるし、自己発信欲が高まる。酒のせいで何かができないよりも酒のおかげで何かが出来て出会いが広がり関係が深まった、という向上効果がある。『酒のせい』を『酒のおかげ』に変換させると、酒も味わい深いものになるし、いちいち筆不精な自分を追いつめなくて済む。


posted by Foomy at 09:17| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

勿体ぶる

もったいぶる話し方する人、疲れますね。おそらく本人は言葉を極力少なめにして遠慮するつもりなのですが、逆効果です。話すときはしっかりと言い切って欲しいものです。何かをほのめかすように言いかけて、相手の注目を引こうとすると、かえって引かれちゃいます。それから、これは女性の方に多いのですが、言わないでも気づいて欲しい、黙っても気づかれたいがための言葉の少なさ。

例「xxと会ったことあります」
「xxにxxのお店があるんです」
「いつもブログを読んでます」
で???って感じです。

ちなみに、「もったいぶる」という概念、日本語にしかありません。ですから、「で?」というツッコミかたも英語圏の文化には存在しません。しっかり話すのが前提の文化なんですね、英語もドイツ語も。日本人のあのもったいぶった話し方は、あまり海外では通用しません。では、自慢したり注目されたいときどうすれば良いのでしょう。それについてはメルマガで紹介しますね。

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html



英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com
ラベル:語学
posted by Foomy at 16:48| 東京 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

トム・ペティ

トム・ペティは中一のときジャケ買いしたのがきっかけ。何を隠そう、タイプだったからね。こういうの、英語でティーネイジクラッシュと呼ぶ。ちなみに当時の日本人の女子のティーネイジクラッシュはピーターフランプトンだと聞いた。そいつも悪くないが私には甘すぎて爽やかすぎていた。私は、悪でアンニュイなトム・ペティが好きで、その頃からあーいう人と結婚すると固く決めていた。

posted by Foomy at 14:43| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

火の用心

冷戦状態の相手に直接会うと、その人がまるで何もなかったかのように振る舞い、こっちがあの件の弁明を求めると、忘れたフリしてとぼけたり、話をわざと変えたり、気にするあんたが悪いと言ったりされたこと、ありませんか?そういう行為を、英語でガス・ライティングと言う。火事の原因が自分だったということをいつまでも否定し続けるという意味です。例えば、無茶な頼み事をメールしてきて、それは無理だと返事すると酷い嫌味を書いてくるから、それどういう意味かと聞くと無応答のままなのに、何故かその次に会った時にはケロッとしていて謝罪もなければ反省もナシ。あのときのあなたのイヤミに対して私が質問したのだけど何故答えてくれなかったのと聞くと「はあ?いつの話し?あなたそんなことまで覚えてんの?気にしすぎ!人間だもの、かっとすること誰でもあるじゃん!被害妄想よ!」と笑い飛ばされてしまう。しまいには私が火を起こしたのかという疑いも…。ガスライターはイイ人に見えるので気を付けましょう!火の用心!

1598E0F5-B112-4682-91E1-BBD41233EE12.jpg


■英語を学ぼう![ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法]
 http://www.mag2.com/m/0001646433.html

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html

■ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

■コミュニケーション能力をあげたいなら[人生相談:今より10倍モテる!]
 http://www.mag2.com/m/0001645950.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックエンドスタジオの無料メルマガ【頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!】
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
ラベル:人生 女性
posted by Foomy at 09:26| 東京 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ハーブティー

シュタイナー学校時代の4年(か5年?)上の先輩に今更ながらどれだけ当時私が彼女の知性と文才を崇めていたかを書いたら、彼女からこんな返事がきた「そして私はフミのノリの良さと交友関係の広さが羨ましかった。あなたは酒と大麻に強くて社交的で楽しくて場を盛り上げた。私はいつも場を盛り下げるものだからフミのことを引き合いに出されるのが腹立たしかった」と。昔は私にもそんな側面もあったのか。笑

しかし私は今でもあの時の彼女をよく覚えている。いつもボーイフレンドのリハーサル中に、小説を読んでいたのだった。そしてライブにはほとんど顔を出すことなかったし、顔を出したとしても打ち上げには滅多に顔を出さずに帰ってしまった。家ではいつも本を読むか絵を描くかのどちらかをしていた。私は、そんな彼女のことを「格好いい」と思っていた。
人はおかしなもので、若い頃は自分のことを見るよりも他人を見て、ロールモデルを作り上げるのである。当時の私は、社交しながら自分のロールモデルを求めていたのだろうな。

私は思春期の真っ最中で、自分探しに必死だった。ロック、酒、ドラッグなしでは社交が難しかった。誰もが酔っ払ってワイワイ騒いでいる中で1人ハーブティーを飲みながら本を読んでいる物静かな彼女に妙に惹きつけられたのであった。人寂しく常にみんなと飲んでふざけてないとダメだった私は、彼女のことを「自分を持っている!」「ああいう大人になりたい!」と思ったのである。

そんな私にも未だにちょっと苦手なものがある。それはハーブティーだ。どんなに体調を崩しても、ハーブティーを飲むことは、ないだろう。

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 15:00| 東京 🌁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする