カテゴリ
生活(1360)
(2893)
音楽(319)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年04月15日

黒歴史を真っ白にする方法

黒歴史を消す方法はないかと聞かれました。

答えはイエスとノーです。

消そうと思えば消せるのだと思います。
誰にも言わない、内緒にする、ということです。
更に、女性は、嘘をついたりある事実を取り消すと、だんだん、それが”事実”だと思い込んでしまう、
なんともラッキーな性質だ、と心理学部を出た娘から聞きました。そう、嘘が真実に変身してくれちゃうんですね。

私自身、長い間、この作戦で、うまく人を騙してきました。
理由は、非常に厳しい親がいたせいです。本当のことを知られると引っぱたかれ、押し入れに閉じ込められ、脅され、外出を禁じられ、公でディスられ、ウディーアレン映画ごとくの大変な目にあったんですね。つまり、自分の行動が親の思い通りにいかないと罰を受ける、それぐらいなら嘘ついた方がいい、というワル知恵が働いたのです。

そんな私ですから、長い間、失敗したことは全て”なかったことにして”おけば、誰にも気が付かられずに住む、という確信がついていました。それなりにずる賢くなり、人を騙す気楽さを味しめました。

しかしこれには大きな盲点があるんですよ!

誰にも気付かれず、というのが盲点なんですね。

自分だけが気付いているんです。

いくら他人を騙すことができても、自分を騙すことはできません!

ですから、『黒歴史を取り消す』ことは、
全く意味ないのです!

意味ないどころか、逆効果になってしまうんです。

つまり、黒歴史をなくすということ時点で、
大きな嘘をついているんですね。これ、メンタルなダメージ、大きいです。


私の場合、親はもちろん、大事な恋人や友人に対しても隠し事をもってきました。

「こんなことをあなたに知られたらあなたに嫌われるかもしれない」

という恐怖がありました。

罪がバレた場合、必死で「ごめんね」と泣き叫んで、詫びて、信頼を取り戻そうと頑張りました。

何故ならば、自分が自分を信じていなかったからです。

私は物心ついた頃から、『親に褒められる』+『親に叱られる』=『自尊心の度合い』というものの考え方でした。
成長するにつれて親の代わりが恋人や教師や周りにいる人間だったんですね。ちょっとした失敗でもバラしたら、
相手にされなくなるんじゃないか、という恐怖感が元で生きてきました。

実際バレたこともあります。バレたあと、無理してその人の信頼を取り戻そうとした時の自分が卑屈で仕方ありません。

私は20歳で軽い挫折を覚えて、ちょうどその時に日本に一時帰国しており、ある出版社から本を出す依頼をいただき、こんな失格の私が本を書くのに値しないと思いましたが、問題直視を兼ねて書くことにしました。しかしまだ若すぎたんでしょうね、今読み返すとまだまだ綺麗事が多すぎて恥ずかしくなります。何より、書き終わった後のスッキリ感が、正直言って、ありませんでした。

それから帰国後に二冊目の本を書くことになり、今度こそぜんぶ暴露しようと決心しましたが、勢い良すぎたのか、その時に付き合っていた日本人の男に気を遣いすぎて、今ひとつ根本に踏み込めなかったです。

あれから母とリレーエッセイ集を出しましたが、ここでは母に気を遣いすぎて今でも自分で読み通す気になれないぐらい、論外の本になりました、表紙は可愛いけど。

そして離婚後にシングルライフをなんちゃった的に面白おかしく描写するエッセイ集を書きましたが、正直なところ、この、最後の自分についての本が、一番出来が良かったと自分で思っています。やや乱暴に思いついたことを書いたんですけどね、スッキリ感はこの四冊の中で一番ありました。たくさんの同性の方から「目から鱗」とか「勇気もらった」などのお手紙もいただきました。

ただ、それでも黒歴史を書けていないんですよ!

何故ならば、自分のブラックホールと直視するのは、一番辛いんですよね。

辛すぎるので、四冊目を最後として、それ以外は、ベースとかシュタイナー教育とかについてしか書いていません。そう、己を語るよりも、物を語る方が、ラクなんです!!

「へえ、ベースってこうなんだあ!」
とか
「なるほど、シュタイナー教育ってそういうことなんですね」

と言われる方が、

「へえ、フミってこうなんだあ!」

なんて言われるより、ずっとラクでした。

でも、それでは人は成長しない、成功したいのなら、まず自分の黒歴史を直視しろ、何故ならばそこから学べることがいっぱいあるから、というようなことを今日、ある経営コンサルタントのメルマガで読みました。

自分の黒歴史を本当に真っ白にするには、まずその黒歴史と向き合わなくてはならないのです。

早速、私も、自分の黒歴史を掘り下げようと思います。
より深く深く深く掘り下げたいと思います。
掘り下げるだけじゃなくて、そろそろ外に出して心のデトックスする。。。まずはそこからですね。

恥ずかしいのでメルマガで発表するつもりです。

読まれた方は、ご自身の黒歴史を掘り下げてみてください。
人のことよりも自分のデーモンを抉り出す方が100倍難しいから。

ありがとうございます。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
ラベル:アウトロー
posted by Foomy at 15:23| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

FAQ{か〜こ}



過去の自分へ伝えたい一言

親しき仲にも礼儀あり...親しさの度合いを馴れ馴れしさと履き違えてしまうと引かれるよー。




キンドル書籍を読まれるんですね、マックユーザーとしては抵抗あるのかな、と思っていました。

iPad Proで読んでるよ。安くて面白ければなんでもいいよ。あまりマックユーザーだからとかそういうところに拘るのは時間の無駄だと思うよ。




クリス・クリストファーソン主演のオススメの映画あったら教えてください。
あるよ、例えば『ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』『スター誕生』とか。本当に酒飲みながら演じたらしい。



慶応大学を受かったんですよね?フミさん、あんなに日本語が苦手なのに、どうやってあんな難しい大学の入学試験を受かったんですか?

あれは帰国子女入学試験だったんだよ。しかも早稲田は普通に落ちたし。



子安を小安と書かれるとムカつきますか?

ムカつかないよ。ムカついた方がいいのかな。


メルマガ購読者さんたちからの疑問質問にお答えしております。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:FAQ 人生
posted by Foomy at 22:48| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FAQ{は~ほ}

質問[は〜ほ]




パワハラとは何ですか?


自分の力を見せつける為に他人を嫌がらせる行為のことじゃないかな。


バンジョー弾かないんですか?


弾かないね。弾いた方がいいのかな。


ハーフのことをダブルと呼ぶべきだと思いませんか?


思わないけど、ダブルと呼びたい人はそう呼べばいいんじゃないかな。あまりそういうことに神経費やすのは時間の無駄だと思うよ。





皮肉って言いますか?


最近言わないように気をつけてるよ。




フェイスブックを通して仲良くなった人っていますか?


いるよ。




ペイパルアカウント持ってますか?


持ってるよ。君は?



ベジタリアンをどう思いますか?


動物が好きなんだなぁと思う。





ポールで始まるミュージシャンと言えば?


ポールイングリッシュだよ。



ボーイフレンドが欲しいです!


コミュニケーションスキルを上げることだね。

メルマガ読んでねー

人生相談:今より10倍モテる!

http://www.mag2.com/m/0001645950.html


ラベル:FAQ 人生
posted by Foomy at 21:52| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

幼年のませたる賢さは、あさましき哉。--エラスムス







自分のことをバカにすることは自信につながります。

世間はあざむかれることを欲する。〜エラスムス

あなたは自信を持つためには自分たちの良いところを探します:
頭の良さ、強さ、能力、経験...

でもこれはちょっと違うんですよね。

実際,私たちが自分たちの長点にしがみつけばしがみつくほど、
自信を失う。

自分の価値が報われていないと思うときの卑屈な気持ちや、
自分がバカにされることを恐れることは、精神によくありませんよね。

海外旅行先で、その土地の風習を知らない観光客として笑われたり
するのも怖いし、
好きな人にキスして嫌がられ、実は両思いでなかったんだと知らされたときも恥ずかしいし、
キャリアアップするにも失敗したらどうしようと迷うし、
空気読めてない奴と言われるのが恐怖だし、
自分の価値を低く思われるってことは、嫌ですよね。

バカにされることを恐れすぎて、
私たちは、勇気を失い、弱気になり、臆病になります。


よって、最も重要なチャンスを失うことになります。

自信をなくすと、なるべく浮かないでみんなに合わそう、とします。
ある年齢までは、私たち人間にはバカにされてもOKな楽観性がありました。
しかしある時点で、誰もに『いじめ』られたくない、笑われたくない、
そしてできれば、リスペクトされたい、という欲望が働いています。

私たちは自分に対する理想が高くなり、
「片思いしない」「振られない」「拒絶されない」「バカにされない」
「恥をかかない」「失敗しない」「怒られない」「嫌われない」自分を描くのです。

最もチャーミングな例は、アウトロー・カントリーのアーティストたちでしょう。

詳しくはメルマガ登録お願いします。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
ラベル:アウトロー 人生
posted by Foomy at 04:26| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

同性の先輩

尊敬していた女性の先輩達とネットで再会する機会が増えた今日この頃...

彼女等がアップする最新の記事やら動画やらを見(せ)たりして、

思い出に耽っている。

昔まだ未熟でハングリーだった私に彼女等が教えてくれたありとあらゆる助言が蘇る。

私はダサいほど人懐っこく、しつこい人間で、金魚のフンのように彼女等にまとわりついていたな。
今私があるのは、彼女等のおかげである。

もちろん男でもいいんだけど、女の先輩を持つのは女としてすごい励みになる。

同性の先輩を持つって本当に大事だと思う。だから、同性の先輩を持っている私は、幸せだな。

私には男の後輩はいるけど女の後輩は、いるのだろうか。多分、いるのだろう。私が知らないだけで。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:女性
posted by Foomy at 22:34| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

ウィリー・ネルソンのメッセージ

[人間の病いの原因...]

心配性は人間の病いの元である、心配してると人は病気になる。
心配することから得られるものは、はっきり言って、ない。
心配していると何も達成できない。
心配しても何も変わらないからね。
だから僕は心配しないことを決意したんだ。

ウィリー・ネルソン

ウィリーが最新インタビューでネガティブ思考、体と心と頭のバランス、食事、そして何故彼が
カントリーを歌うのかについて語っています。また、若い人へのライフ・アドバイスもあります。

詳しくはアウトロー・カントリーのメルマガを読んでね。

週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
ラベル:アウトロー
posted by Foomy at 01:51| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

ムカつく!

ムカつく人が増えたという話を聞きましたが、ムカつく人はどの時代にもいました。ムカつくときは無視すればイイと言われますが、ムカつくコトには変わりないので無視は意味ないと思います。ではどうすればいいかというと相手によります。気持ちを正直に言える相手と「言わないほうがいい」相手を見極めることです。簡単に言うと、信頼できる相手にはムカついていることをハッキリ示すべきで、信頼できない人には演技でボケるべきでしょう。信頼できる相手はエモーショナルに健全な人のことで、ひょっとしたらムカついた自分に非があった、という可能性もあるので、誤解を取り除くためにも対立するべきでしょう。が、信頼できない人にはメンタル問題があるのですが、厄介なのはそのことにすら本人が気づいていません。つまりまったく会話する土台が持てないのです。

何故、無視するべきではないか、どのように信頼できる人とできない人を見極めるか、そして具体的なボケ方に関しては、メルマガ登録してみてくださいね。
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


A2AF433E-2220-4829-A45A-BA1D977423D4.jpg




ラベル:人間関係
posted by Foomy at 20:05| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

ショッパホリック情報

「最近ネットで買って良かった・失敗したもの、あったら教えてください。」

答え:

買って良かったもの:念願のダウンのマキシコート!ずっとバカにしてたけど先月風邪ひいてやはり必要だなと痛感。これがまたホワホワ軽くて暖かいの!宅急便届いた時、あまりにも軽い小包の中に入っていて、開けた時感動しました。やっぱり軽いっていいですね。

買って良くなかったもの:バイオリン用の短い弓。フェイスブックのYouTube見てたら音色が悪かったのだけど奏者が下手なんだろうなぁと思い、試しに購入したんですが、やはり音が悪いのと、リズムがうまく取れない。やっぱり軽い弓ってリズム取れないっす。

今回の教訓:

なんでも”軽けりゃ良い”わけではない。

来週の火曜日、ライブでーす:

横須賀SHELL
OPEN / START : 19:00
瀬川信二、子安文、外園一馬
CHARGE :1500
ラベル:アウトロー
posted by Foomy at 14:53| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

趣味と時間とカネ

昔、母の家政婦が予告もナシに私にフラワーアレンジメントを教えた。60分後にブーケが完成した。


で?オチは?


「フミさんにプレゼントするわあ。通常価格は6000円なの!」


それ、1時間のベースレッスンより高い!その価格で私はモエ・シャンドン買えたのよ?時間を返してくれ!


私が怪訝な顔をすると…


「いや、こないだフミさんがフラワーアレンジメントの話しをしてたから…」


え?よーく思い出すと、私が「生け花を習わされたことはあるがフラワーアレンジメントは、ない」と話したのだった。好きだというふうに誤解されたんだな、おー怖い!あれから私は、興味のないことは話題に触れないよう、極力気を付けている。D264FBF3-101C-465E-AB52-790433B03858.jpg

posted by Foomy at 17:21| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

『頭いい人』VS『悪い人』の見分け方

頭の良い人が、「あの人は頭いい」と思った途端に気を許す場面があります。
彼らは相手が頭いいか悪いかをどうやって見分けているか?

6点のポイントがあります。詳しくは無料メルマガで本日22時に配信します

ちなみに、頭の良さは生まれつきの問題ではないので、
スポーツと違ってどんな年齢になっても身につけることができます。

頭の良さの何よりもの利点は人間関係でしょう。
類は友を呼ぶわけで、頭の良い人は同じレベルの人を引き寄せます。

何故、ベース弾きのメルマガでこのテーマを取り上げたかというと、
ベース弾きには、ある程度の頭の良さが必要だからです。

いまいち頭良くなくても歌えたり、パーカッッション叩いたりできても、
弦楽器ましてやベースとなると、限界があります。
いろんなことを考えなきゃならないし配慮と数学的論理思考が必要なので。
だいたい頭良くないと話が噛み合わないので、
人間関係に恵まれず、音楽活動が満たされない、というのが大きいですね。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html



ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

ラベル:music メルマガ
posted by Foomy at 21:23| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする