カテゴリ
生活(1324)
(2880)
音楽(275)
雑学(38)
ドイツ(32)

2016年11月18日

ドゥーワップ



50年代ポピュラーミュージックやドゥーワップによく出てくるコード進行は、バロック時代に遡り。バッハはもちろんのこと、モーツァルトはこれらを頻繁に使っていた。これからは、この手の4コードモノは、ざっくり言うと、ポップスでは「フィフティーズ・プログレッション」と呼ばれ、リズム&ブルースやソウルでは、「ドゥーワップ・プログレッション」と呼ばれてきた。具体的にどこがどう違うかと言うとサブドミナントに当たるメジャー・コードの平行調を使うか使わないかの問題であるが、詳しく知りたい人は、メルマガを読むか、うちのレッスンを受けるか、してください。

発行元 ブックエンドスタジオ 
公式サイト
http://foomykoyasu.com/

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 22:06| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

中学英文法を、なめんなよ!

日本のメディアでレディー・ガガのスローガンの誤訳が流れていることに、頭にきたので、今夜7PMに号外でメルマガを配信します。スーパームーンを見るついでにひやかし半分にメルマガ登録していただけると嬉しいです。ようやくお気付きの方もいらっしゃるようですが、レディー・ガガのスローガンの誤訳は、細かいことではなくて非常に大きな誤訳なのです。少しでも中学時代の英語を思い出せる方は、ここでお子さんの教科書でも引っ張り出しながら、復習してください。そしてこれを機に、どうせなら中学時代の英語の文法を見直してみてはいかがでしょうか。よく、「日本人は間違えを恐れすぎ」だとか「外国語は、とりあえず単語を言えばいい」とか「文法を気にするより単語をつなげて行けばいいんだ」と言われます。確かに、ドイツ語や日本語に関しては、単語を並べればなんとか通じるのかもしれませんが、言語が英語になると、話はもうちょっと複雑になります。英語は、発音こそ柔らかく聞こえますが、世界でもっともstructuredで、語順とか動詞の作りがきっちりしています。ですから英語に関して、文法の基礎を原理的に理解できていないと、とんでもない誤解を招くことになります。

また、「子供とかスポーツ選手とか職人とかミュージシャンにはそれほどの高度なものは必要ない」という説もよく聞きますが、今日も3歳のダウン症のアメリカの女の子のおしゃべりを聞きましたが、やはり文法に関してはきっちりしているんですね。もちろんロレツが回らなかったり、どもったりしますが、とりあえず文法はあっている。では文法とは何でしょう?それはセンテンスを表現するための規則。その規則が、国によってはゆるいのですが、英語は、かなりきついんですね。そこには、”順番、音、リズム(音の長さ)”などの規則があるのです。このどれかを変えることによって、自分の表現したいことも、ガラッと変わるのです!

数学ではこのような規則をpermutation and combination『順列と組み合わせ』と呼びます。音楽ではこれをstructure and functional harmony『構成と機能的和声学』と呼びます。だから私は英語や音楽の生徒さんに、数学のようだよ、と説明するんです。そして英語では...詳しくはメルマガを読んでください。

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 16:39| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

いじられキャラ

「いじられキャラであることが悩み」の大人の方から
二つ質問を受けました。

1、「いじられると自分がバカにされている気がしてムキになって反応し、ますますいじられます。どうやったらこの悪循環から抜け出ることができますか?」
2、「シュタイナー学校には、いじめってありますか?」

という質問を受けました。

ありがとうございます。

答え:いじられる大人のあなた。
これからも大いにいじられましょう!

理由:
いじってくれる人は、あなたのことを世の中がどう見てるかを表現してくれているのです!
あなたという存在がどう見られているか、どう評価されているかを、
無償で示してくれているんですよ。
ですから、あなたをいじってくれる人をもう少し大事にしてみませんか?

では、2つ目の質問への答え、
シュタイナー学校に、いじめがあったかどうか、そしてその場合、どういう風に私が捉えているか、
については、メルマガを読んでください。

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 19:07| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

ポリティクス



他国の政府の批判・非難は口にしない。そういうことを口にするだけで自国の無力さを露わにしている。他国の政治に口を挟む前に自分たちの外交術を磨こう。

今月15日は、横須賀Shell'sという飲み屋さんでアウトロー・カントリーをやります。スタートは19:30ごろから、カヴァーチャージは1500円です。

14925365_1415060085188350_972428153997908834_n.jpg


楽しみです!!

週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 18:13| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自信がない

インセキュリティ=自信がない様=ネガティブに聞こえますが、そんなに悪いことでしょうか。

自信を持つことはいいことなのか、自信がないことは悪いことなのか、について考えてみました。

私は、自信あるように見えて自信がないつもりで、それがコンプレックスでもあり、人に、あなたはもっと自信を持つべきよ、と言われるのが一番嫌だったりします。私の場合、物心ついた時には自意識過剰で人の顔色を見るようなところがあって、またそのことを悟られるのがすごい恐怖で、他人にあんた繊細でしょう、ナーヴァスでしょう、と言われると、お前はそんなに図太いのか?とツッコミたくなるんですね。また、自分がこのように屈折しているひねくれ者ですから、他人も自分のコンプレックスやら不安やらを強がってカモフラージュするのが自分にはすぐ見えて、しらけたりもします。ですから私は「○○には自信ある」などと言う人のことを、信じていません。

正直なところ、自分に自信のないことこそが、自分をここまで続けさせてくれたと思うし、これからも自分が自分に自信をもってしまったら、自分の成長が止まるんだなと思っています。

では自分の専門においてはどうなのか?私の場合は、ベースという楽器なんですがこれも歯医者だろうが獣医師だろうがオペラ歌手だろうが調理人だろうが一緒ではないかと思うんです。

詳しくはメルマガを読んでください。無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

posted by Foomy at 04:27| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

サピオ・セクシャルな話

言葉を多く知っていることは恋愛においてメリットになるかデメリットになるか、そしてそれは日本の場合はどうなのか、アメリカ、ヨーロッパ、先住民の国々ではどうなのか、などについて、考えてみました。例えばピダパン族には恐ろしく多くの不思議な発音があるのですが、数字のボキャブラリーがあまりないのだそうです。そしてアボリジン族の間では方向感覚が我々の逆だったりします。日本人は、否定形を肯定する時に、「はい。」と言います。アメリカ人は肯定を求める時に「don't you?」(違う?)と聞きますね。これらの違いは、決して人の根本的な性格を変えることはできませんが、確かに人間関係に作用します。詳しくはメールマガジン登録してくださーい!



英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html



英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 03:36| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

できない!

フランスの恋愛小説家スタンダールは、これをフィアスコ(大失敗)と呼んでいます。
医学的には、糖尿病の傾向がある、と言われます。日常では不能と言います。
文化的には失敗と言います。恋愛大好きなフランスでは『大』がついて、大失敗となります。
この大失敗の裏を紐解くと、色々と面白い発見ができます。これは哲学的かな?

その根本的・哲学的な原因を、メルマガで紹介していきます。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 12:58| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

なぜこの私が?



「なんで私だけがこんな酷いめに…と思うのを英語で"why me"というのだけど、その酷いめというのが何なのかを具体的に正直に精密に自問できるようにしてみなさい、そしたらその答えがちゃんと出てくるから。」オプラ・ウィンフリー

オプラ・ウィンフリーに一番近い存在は、日本では、黒柳鉄子さんだろう。それは、司会者、取材者、作家、女優というキャリアを持つという点だけで言えば、の話で、内容の話ではない。内容としては、オプラは、心理カウンセラーのようである。国の心理カウンセラーを持つアメリカが羨ましい。今の日本にもオプラが必要だと思う今日この頃。お笑いやスポーツは比較的充実しているのだけどね。

「人は自分の内面を他人の外面と比べてはならない。」オプラ・ウィンフリー

「失敗は前進するためのきっかけ。」

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


posted by Foomy at 11:21| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

生々しいドイツ語

ドイツPC用語そのまますぎて、非常に具体的で、ちょっと露骨で生々しく感じる。例えば添付ファイルを送ることをeine Datei anhängenというがデータをぶら下げるって意味。本当にわかりやすすぎるというか、ぐさっとくるなぁ。確かにそうなんだけど、そう言うか?とつっこみ入れたくなる。が、これがドイツ語のいいところでもあるのです。まあ、そんな訳で私はドイツ語をいちいち英語や日本語に訳しながら喋るので、よく皆さんに、笑われたり泣かれたりします。なぜ笑うのか泣くのか?と聞くと、私の言葉が「ぐさっとくる」のだそうです。ちなみにコンピュタのことはRechnerともいい、計算機という意味をもつ。

ストレージSpeicher メモリHauptspeicher セーヴsichern コントロールSteuerung マザーボードHauptplatine 設定Einstellung キーボードTastatur ウィンドウFenster

発行元 ブックエンドスタジオ 
公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
南ドイツ・バイエルン料理を教えてます
http://tadaku.com/
posted by Foomy at 23:26| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボブ・ディランの真相

「ノーベル賞受賞の連絡に返事をしないのは傲慢だ。
でもそれが彼ってものだ。予想していなかったが、
彼は気難しいようだから驚きはしなかった。我々は待つ。
彼が何と言おうと彼が受賞者だ。これは非常に特異な状況。
おそらく彼は式典ぎりぎりまで返事を引き延ばすかもしれない」

とノーベル委員長のペール・ベストベリィ氏が言ってるようですが、
そんなボブ・ディランの真相を、メルマガ『週刊アウトロー』で書きました。

あ、なぜアウトローかというと、ディランは直接アウトロー・ミュージシャンと関わっていたからです。

だいたい、ドイツ語圏のレコードショップへ行くと、ディランとタウンズ・ヴァン・ザントとクリス・クリストファーソンとクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングとエルヴィス・プレスリーは、『ポップス』と『カントリー』両方のセクションに入っていました。時代も時代で私がドイツにいた頃は、まだ統一する前でした。いわゆる冷戦の時期ですね。

その中で最もディランは唯一の東西両側で歓迎される有名シンガーでした。なお冷戦期の西ドイツではディランは『プロテスト(反抗)シンガー』と名乗られていました。そこにはピート・シーガーやらジョーン・バエズも入っています。『プロテストシンガー』である以上は、なかなかアメリカンな特色を出すわけにはいかない。

こうしてマーケティング上、ディラン(ウディー・ガスリー、ピート・シーガー、ピーター、ポール・アンド・メアリー、ジョーン・バエズ)は『反アメリカ』というイメージがレコード会社によってうまく創り上げられました。

一方で、テキサスでは、タウンズ・ヴァン・ザント、クリス・クリストファーソン、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、ウィリー・ネルソン、ウェイロン・ジェニングスといった、わけわからない不良ミュージシャン(笑)も生まれました。しかし彼らは出身がテキサスということもあって、保守的でアメリカンなイメージが若干あったようです(私はそう思わないけどorz)。こうして、この彼らの音楽は、アメリカでは『カントリー&ウェスタン』の部類で売られるようになります。

統一前のドイツではこの人たちは、エヴァリー・ブラザーズやユダヤ系ポップスバンドのサイモン&ガーファンクルや、あのイスラム教徒になってしまったキャット・スティーヴンスと同じ『シンガー・ソングライター』という部類なんですね。そしてもちろん東側では発売禁止。何故ならばアメリカ色が強すぎるからです。ディランのように反アメリカ的なプロテストシンガーのイメージがないからです。

こうして辿ると、かたやプロテストシンガー、かたやアウトローシンガー、単なるマーケティングの問題だった
ことがお分かりでしょう。

だいたい、少しでも英語ができてディランのラジオ番組『ミッドナイトレイディオ』を聞けば、彼のハンクやウィリーやクリスやマールやポッサムへの熱愛を込めた語りっぷりから、彼のアウトロー度は伺えることでしょう。

そんなディランをアウトロー界へ実質的に導入したのは、当時の彼女さんであるジョーン・バエズ先生、という説もありますが、やはりこれに関しては、ジョニー・キャッシュではないかと思います...

詳しくは

週刊アウトローを読んでくださいね。

週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1



posted by Foomy at 17:05| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする