カテゴリ
生活(1339)
(2885)
音楽(299)
雑学(48)
ドイツ(37)

2017年03月06日

人生相談・別れた人から友達申請がきたら。。。

”別れた相手からフェイスブックで友達申請が来ました。”

答え

元彼・元カノから友達申請がきたとき、その繋がりにまだ価値があるか自問しましょう。

もし、まだその人が今後も自分の人生に何かを提供してくれそうであれば承知してもいいかもしれません。
私の場合はアメリカの元ダンナとは一応まだ繋がっています。おかげで、彼が再婚する際には手続きをお手伝いしました。
日本で手に入らない英書を送ってもらったり。しかしこのようなドライな関係は日本では難しいですね。

ですから、相手との繋がりが自分の今後の人生にプラスにならなければ、断りましょう。

迷っている人は、やはり断りましょう。

感情でなく合理的に行動することが大切です。

恋愛も、結婚も、ビジネスです。

詳しく知りたい人はメルマガ登録お願いしまーす

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

posted by Foomy at 12:20| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

教えやすい生徒VS教えにくい生徒

才能の問題でもなければ人柄の問題でもない。

ズバリ、過去に成功したことがあるかないか、それだけである。

人にモノを教えるときに私は自分がモノを習ったときを思い出しながら説教したり叱ったりしている。そう。私は、自分が生徒だった頃を思い出しながら教えている。教えながら過去の自分に言い聞かせているのだ。そんなモノを習った頃を振り返ると...自分が生徒の立場として言えるのは、プライドの度合いである。プライドの高過ぎは論外だが低すぎもよくないんだなぁ。結局プライドというのは自分の過去の実績やらバックグラウンドに基づくものがほとんどである。過去に努力して成功を味わった人というのはそれなりに自信があり、やればできることを知っている。ところが成功した経験のない人には、一度もゴールインしたことないわけだから、そのノウハウがないのだ。

なもんで教師としては、実績のある生徒や若者たちにモノを教えたり強いことを言うのは、簡単だ。何故ならば彼らには「俺にだって実績がある!」というプライドがある。彼らは悔しがり、負けないぞ、今に見てろ!と思って仕返しするガッツがある。問題は、実績のない人である。彼らは礼儀正しいが、極めて消極的である。そんな彼らをどうするか、だ。どうやって『成功を知らない人』に『やる気』を出させるか?成功例のある連中に教えるのは楽だが、成功したことのない連中に教えるのは大変難しい。これが教師としての課題だ。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
タグ:music
posted by Foomy at 05:18| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

バンド活動においての悩み相談

この歳になるとバンド活動においての悩みを打ち明けられることが多くなるので、
今回は無料メルマガで『バンド活動』について私なりの意見を書くことにします。
配信予定は本日19時です。
登録お願いします。
無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
posted by Foomy at 15:37| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

悩みの打ち明け方

悩み相談に乗ることがしばしばあるが、話し方に注意したい。悩みは、出し切ることで半分以上解決する。なのですべてを吐き出すことに注力しよう。言い残しが心配ならば、事前に話す内容をメモしておくといい。聞き手が信頼できる人(=メンターかもしれない)であれば、「自分に責任があると思っていること」も併せて語ると、より効果的。


相手の時間を気遣い過ぎて、情報を略して話したり、途中で話すのが面倒臭くなって半端な情報を提供すると、聞き手として助けようがない。だから、話すと決めたら言い残しなく話すのが大事。


正しい言葉を使おう!他人や自分に対して否定的な言葉を使わない。
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
タグ:相談
posted by Foomy at 14:34| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

日本化する外国人

西洋びいきの日本人もうざいが、
逆のパターンはどうだろう。

ドイツ語に「タタミジーレン」(畳化する)という表現がある。
日本が好きすぎて過剰に日本人化する欧米人を意味する。
畳化したドイツ人はどちらかというとインテリ層の中のリベラル派に多い。

日本の文化をこよなく愛すと同時に、
西洋の良い部分までも否定してしまうところがある。
例えば日本の淡白で甘い食物繊維豊富な食べ物を過大評価し、
西洋の動物の料理を拒否してしまう。
音楽に関しても、西洋が生んだクラシックやルーツ音楽よりも
和太鼓やら演歌やらを無駄に持ち上げてしまう。

そんな彼らは、ビーガンと似た頑固なところがあって、
固定観念の強い面倒臭い人種である。

発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
タグ:日本
posted by Foomy at 15:36| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

頻繁な相槌

では今日はさっそく...「はい。」

生徒さんはみんなご存知の通り、私は頻繁な相槌を好まない。本来「了解」「承知」という意味だが、「聞いてますよ」という意味として使われ過ぎている。時にはこっちが何もしてない段階で、始めから「はい」とせめられ、せかされている気分になる。特にスカイプレッスンでは私が喋ってる最中に「はい」と言われると「はい」と自分の声が重なって、レイテンシーが生じ、同じことをくりかえすことになり、私の声もだんだんデカくなり、効率が悪い。なので、センテンスが終わるまでは、相槌せずに黙って聞いた方が、結果的には理解力が増す。音楽もそうだが、人の話も、みんなもっと長いスパンで『聞く』訓練を受けた方が良い。音楽といえば、人の演奏が始まるやいなや手拍子や踊りを始める客に一言。おそらく「聴いてますよ」「楽しんでますよ」というアピール或いは気遣いなのだろうが、あまりそこらへんは必要ないので、それよりも黙ってじっくり聴いてアウトローカントリーを好きになって欲しい。そして聴いているうちに自ずと体が乗って動き出すのなら、ご自由にどうぞ...あ、このついでに踊り方についても言いたい事があるが、それはまたの機会で!

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
タグ:人間関係
posted by Foomy at 01:28| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

『Mr.ボージャングル』(byジェリー・ジェフ・ウォーカー)から学ぶダイアトニック・ベースライン

ダイアトニック・ベースライン

ダブルドミナントを使ってスケールダウンするベースラインのコード進行は、
バロック時代からよく使われてきています。その代表作はジェリー・ジェフ・ウォーカーの『Mr. Bojangles』です。
あまりにも象徴的なので、欧米のミュージシャンの間では『Mr. Bojangles式ベースライン』と言うだけで
なんのことかわかるぐらいです。■ダイアトニックベースラインの解説は、メルマガでしています。ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html


"ミスター・ボージャングル" は1968年にアウトローカントリー・アーティストのジェリー・ジェフ・ウォーカーが書いた名曲です。のちにニティー・グリティー・ダート・バンド、サミー・デイヴィス・ジュニアー、
キング・カーティス、ボブ・ディラン、ロビー・ウィリアムズ、キャット・スティーヴンス、
ニーナ・シモーヌ、J.J.ケイル、ホウィットニー・ユーストン、
チェット・アトキンズなどの数々のアーティストにカヴァーされました。
ミスター・ボージャングルはジェリー・ジェフ・ウォーカーが実際に会ったストリート・パフォーマーの実話だそうです。
ちなみにオリジナルのレコーディングではジェリー・ジェモットがベースを弾いています。

歌詞はメルマガ『週刊アウトロー』で紹介しております]
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
http://www.mag2.com/m/0001665793.html


20秒〜30秒で自分のことを印象付けよう!
『エレベーター・ピッチ』で差をつけよう!
■コミュニケーション能力をあげたいなら[人生相談:今より10倍モテる!]
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
posted by Foomy at 04:50| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

アイスクリーム・チェンジ

キース・リチャーズ著書『ライフ』にも書いてありますが、50年代から60年代にかけて欧米にはアイスクリーム・バーというのがあり、そこにはジュークボックスがあり、ティーネイジャーの溜まり場でした、その頃よく流行った曲が1645のコード進行をもつため、『Ice Cream Changes』或いは『50's Progression』と呼ばれます。


Blue Moon
Let's Twist Again
Oh Donna
Stand By Me
Return to Sender
Unchained Melody
Wonderful World
Where Have All the Flowers Gone
Every Breath You Take
少し似ているのが1241:
Don't Worry Be Happy

メジャー系ばかりのケーデンスはこちらで紹介します:
無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html

ジャズのケーデンスはこちらで紹介します:
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

アウトロー・カントリーとそのルーツにあたるカントリーの曲はこちらで紹介します:
週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 03:15| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

癖を直す

アメリカの自助セラピーで、左手にペンをとって思っていることを書く、というのがある。左利きなら右手で。慣れていない手で書くと殴り書きができずじっくり考えて書くようになるからだろう。誤解されやすい人とか自分の気持ちが相手に伝わりにくいタイプの人は、自分の頻繁に使う言葉やら言い癖やらに目を向ける必要がある。そのためには、慣れない手で書くのは効果的かもしれない。私を知らない人に私は『自分の思うことをなんでも率直に書ける人』というふうに思われている。それは、日本語が私にとって外国語に近いからかえってじっくり考えて書いているおかげだと思う。こうして日本語の文章をパソコンで打つのは、私にとって慣れない左手で書くのとちょっと似ている。

発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
タグ:相談
posted by Foomy at 22:25| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

ビジネスとプライベートの両立

昨日は2年(?)ぶりに仕事と全く関係ないことをやって過ごしました。
起きてすぐに音楽と関係のない人との飲み会へ行き、
家に帰るとその弾みで昔の映画が無性に見たくなり、
まずは70年代のホラー映画
「キャリー」を観ました。時代を感じましたが、
これぞ私が子供の時代に憧れていたアメリカのイメージです。
この時代を代表する大スターがクリス・クリストファーソンだったりします。
詳しくは
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

しかし『キャリー』を観た後、
どうもこのままじゃ眠れない気がして、
90年代のイギリス映画「トレインスポッティング」を観てしまいました。

朝まで見入ってしまい、午後まで寝て、
ちょっと反省して真面目にレコーディングとかしました。


ビジネスとプライベートの両立についてメルマガ配信します。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

posted by Foomy at 05:47| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする