カテゴリ
生活(1367)
(2897)
音楽(339)
雑学(49)
ドイツ(40)

2018年01月01日

語学

シュタイナー教育の高学年の語学についてメルマガ配信します。
今回は『ラテン語』。

ラテン語では、タキトゥス著書“Germania”をシュタイナー学校の11年生か12年生で読みました。

ゲルマーニアといえば最も古い歴史書として知られています。当然ながら、和訳もありますが、私は学校ではラテン語の授業でラテン語で読みました。ラテン語は非常に乾いた言語なので、そこからまずドイツ語に直訳して、直訳したドイツ語から更に“わかりやすい”ドイツ語に直すことが大事です。これは、英語から日本語へ直す時も、もちろんドイツ語からフランス語へ直す時も、どんな翻訳でも大事なポイントになるので、覚えて置いて下さい。いきなり意訳するのではなくて直接訳してからまずい自分の中でその言葉の意味を理解して、文脈をふまえて自分の言葉にする。これが翻訳の基本です。

学校ではレクラムのものを読みましたが、これの面白い(あるいは面白くない)のは、左はラテン語、右はドイツ語で書かれている。しかしそのドイツ語訳は意訳されているので、まったくあてにならないんですね。ズルして右をチラチラとカンニングしても、結局書いてあるラテン語と当てはまる言葉がないから、すぐバレる。もし見るなら、左側のラテン語を読んで、まず文字通り直訳して、次に自分の言葉にしてみて、最後に右側のドイツ語と自分のドイツ語と合わせてみる。「ああ、ここがちがう、こっちの方がより的確だな」と、いろいろ発見があって、面白いです。結果として、言葉に対してシビアになります。

ラテン語はシュタイナー学校では比較的遅く、9年生から2年間が義務でしたが、12年生になると大学受験のために第二外国語としてラテン語をとるかフランス語をとるかの方法があって、多くの女子と文系の連中はフランス語を選択しました。私がラテン語を選んだのは、ひとつには女子と一緒に勉強したくなかったから、二つ目の理由は、自分には理数系が必要な気がしたから、三つ目には、先生たちにラテン語を勧められたから、です。ラテン語はフランス語のような洒落たもんではありませんし、声に出して読んでもちっとも魅力的ではありません。結果的にラテン語のおかげで、受験後の私はスペインに行ってもイタリアへ行っても(もちろんフランスへ行っても)言葉の面では不自由しなくなった、という大きな利点があります。何しろラテン語はヨーロッパの言語のルーツなのですから。そして何よりラテン語を通じて言葉に対する数学的な精密さ、文法と意味合いに対する論理的思考、そしてストレートな表現方法が、脳に刻みこまれた、この事実は後々にも恐ろしい影響があって、例えば元クラスメートとしゃべっている時でも「ん?この人の熟語は間違ってるなあ、あ、しようがない、ラテン語知らないんだ」と思うこともあれば、気づくと話の噛み合う同士は“ラテン語系”で、ラテン語系というのは所詮理数系が多いわけですから話もつまらないほど論理的で、フランス語系(つまりラテン語で受験しなかったチーム)の方は、話が非常に盛り上がり、時には情緒的になったりするわけです。

まあ、こうしてみると、日本人に一番かけているのがラテン語なのかもしれません。笑

では紀元後98年に書かれたゲルマン族の分析を紹介がてらにザーッと要約しましょう。詳しくはメルマガで:[教育]ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜

http://www.mag2.com/m/0001654889.html





posted by Foomy at 16:27| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

お金は愛だ



お金は愛だ

シュタイナーは、オカルト的な側面があるとされますが、
意外とお金に関してキチンとした考えを持っていました。

うちのシュタイナー学校でも、
お金こそが友愛だったり自由だったり文化・芸術というようなものを動かす要素だ、
という考えでした。

もしお金に口が付いていて、『喋る』ことができていたら、お金こそが、
あなたという人格を物語っているはずなのです。

詳しくはメルマガ呼んでくださいね。

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 00:19| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

[スリに合うタイプ]

長年旅行して気づいたこと。スリに合うタイプとそうでないタイプのどっちかがいます。
スリに合うタイプは、その国のせいにし、いつまでも自分がスリにあいやすいタイプであることを自覚しません。
こうしてどんどん被害者意識が強まり、ますますあいやすくなります。悪循環ですよね?

私は15歳の頃から一人で海外をふらふら旅しているけど一度もスリにあったことがない。
方向音痴のためにしょっちゅう迷ったり言葉で不自由したり飛行機や電車を乗り間違えたり乗り遅れたり
荷物を置き忘れたり(後で見つけたけど)乗り物酔いして吐いたり、ボケッとして約束をすっぽかして怒られたり、
といった事件はたくさんたくさんあったがスリとナンパとレイプとセクハラにあったことがない。

20歳前半ではNYクイーンズで知り合った日本人留学生のボディーガード的な役割を果たした。
同い年で、私より長くNYに住んでいる彼女らにとって、旅行者の私の方がずっと頼もしかったのだろう。
彼女らはどうしても当時話題だったクラブへ行きたかったが自分たちのルックスじゃドアマン
に入れてもらえないと言うから私が彼女らをそこまで連れてってドアマンを通して中に入れてやった。
私はクラブに興味ないので
彼女らと別れてその後一人でホテルへ帰った。
しかし私は彼女らの雰囲気、喋り方、振る舞いを危なっかしく思い、何回も行く途中で
「そんな調子だとれいぷされるよ」「スリにあうよ」と予言していた。
もちろん彼女らは私のことなんて鼻で笑って無視した。
するとなんと本当に翌日そのうちの一人がワシントンスクエアガーデンでスリにあったのだ。
黒人の男の子に声かけられて気をよくしてしまったらしい。
内心、ほらみろ!と思いながら泣いてる彼女と一緒に警察へ行ってやった。

今でも、長年ツアーガイドしていると必ず「スリ自慢」するお客さんに出くわす。
過去にooでスリにあったことを話すのだが、例えばデトロイトだとしたらデトロイトといえば...
という感じでそのことしか覚えていないかのように語る。
これほどつまらない思い出話はない。

またそれを聞いている周りも、あたかもその人じゃなくてデトロイトという街が危ない街であるかのような反応を示し、
ツアーガイドとしては不愉快極まらない。
もちろんスリにあうのは大変お気の毒なことだが、被害者に限って、なんでもその国のせいにしたがる。
長年の観察からするとスリにあいそうな客とあわない客がいる訳で、あなたはスリにあいそうな人なんで、私は何も驚きませんよ、と言っても「いやいや、あなたはデトロイトを知らないわね、あそこは本当に危険よ!」と腹立てる。
で、スリ自慢する客は、どこへ行っても学習しない。
「聞いて聞いてハンブルグであたし、盗まれたのよ!あそこは危ないわ!」
と言えば言うほど、それはハンブルグのせいではなくてあなたのせいでしょ、
あなたがそんな態度じゃそりゃあ泥棒でなくたってあなたから代金を盗みたくなるわよ」と
突っ込みたくなる。
うちの母もその類の一人だった。ちょっとしたスリ自慢スノッブだった。
しかも彼女は安全とされるところでも被害を受けている。あの様を見れば驚かない。
私の説教を聞きたくなかったらしく、最後の頃には私には隠していた。
自慢じゃないが父も夫もスリにあったことがない。
ソーホー、北京、カイロ、ハーレム、モンマルトル、歌舞伎町、
この話をツアーガイドしている時のお客さんに聞かせると...、
「あ、要するに貧乏くさい格好すればいいんですね?」って言われるが、いやいや、そういう問題ではなくて。
別にエルメスのバッグ持ったって何もない人もいれば、
ユニクロのジャージ履いてもスリに合う人もいるのだから。
メンタルなんですね。
スリに合うタイプは、自分がなぜスリに合うのかを分かっていない。
このタイプに限って周りや治安の悪さのせいにするんだな。
まず周りや環境のせいにするのをやめて自分自身と向かい合う必要がある。
自分が周りにどんなオーラを発しているかをよーくよーく鏡を見て観察するといい。

『スキを見せない方法』について。。。

人生相談:今より10倍モテる!

http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:旅行
posted by Foomy at 18:49| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

ケンカ

シュタイナー学校での喧嘩やいじめについて教えてくれませんか

夫婦喧嘩は子供の前で隠すものですか

子供、大人問わず、周りが喧嘩している時、止めるべきですか

と必ず聞かれるので、早速その質問に答えたいと思います。

詳しくは本日のメルマガで配信します。
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html



英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 02:20| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

他の国の食べ物を嫌いにならない方法

ドイツ語生徒さんが会社の人と仕事でドイツへ行って初日にいきなり典型的なドイツ料理屋でソーセージの盛り合わせとザワークラウトとシュヴァイネブラーテンをとって、翌日から中華か日本料理しか受け付けられなくなったらしい。なんて無茶な注文の仕方をしたんだろう。私の元同居人もこないだ奥さん連れて日本に来た際に、招待者が彼らを典型的な京都の旅館に泊めさせて刺身三昧にさせてすっかり日本食にうんざりさせてしまったらしい。もてなす側はNTTのお偉い方で、最高な接待をしたつもりで張り切っていたのに。私が接待すればよかった。そういえばアメリカ黒人の前旦那も一度日本人に愛想で「魚が好き(好きというか嫌いではない、食べれる、という意味で)」と言ったら毎日毎日朝昼晩魚ばっかり食べさせられて和食にうんざりしたのである。なんでもほどほどがいいとはまさにそのことだ。その土地の食べ物を好きになって欲しいのならば、その土地に住んでいる人たちが日頃毎日食べているものを食べさせるべきであって名物ばかりをたくさん食べさせるってのは暴力的な押し付けである。今時ソーセージの盛り合わせと豚肉の焼いたものを同時に食べるドイツ人なんていないもんだし、いたとしたらそいつは相当な変態だろう。だいたい日本人は、有名なものを提供するのがもてなしだと勘違いして、エトランジェを名所へ連れて行き、名物を食べさせなきゃいけないと思いこんでいるが、そんなことよりも、なんともない場所でそこいらの庶民がいつも飲み食いしているエブリデイフードの食堂や喫茶店や酒場をこっそりと教える方がはるかに喜ばれる。私が欧米人に日本を気に入ってもらいたい時は、ソース焼きそばとかカレーライスとかハヤシライスとかハンバーグとか天丼とか焼肉定食とか豚の生姜焼き定食あるいはカキフライ定食なんかの美味しい店へ連れて行くし、そんな中でたまに刺身や寿司も何気なく出されると感動してもらえるわけであって、同じく日本人をミュンヘンへ連れて行く時は、昼はソーセージの立ち食い、あるいは鶏肉の丸焼きの立ち食い、あるいは豚の丸焼きを食べさせるときもあるが付け合わせは何もなし、そしてビアホールでは大根の輪切りとかラディッシュとかトマト、そしてソーセージと玉ねぎのサラダをつまみに取るだろう。そして必ず帰国後も「あの時のあの店のあれがまた食べたい」と懐かしまれるし、滞在が1ヶ月を超えても「中華を食べたい」とか「和食を食べたい」などと言わせない自信がある。私は決してグルメではないが、「これは美味しいけど毎日は無理だなあ」と思うようなものは本当は「美味しくない」のだと思っている。だから食べ合わせとか食べ物と飲み物の組み合わせには、かなりウェイトを置いている。ソーセージを食べる時は一種類がベストだと思うし、ましてやソーセージと同時に豚の料理を食べるなんて、まるで刺身と寿司とちらし寿司とにぎり寿司と焼き魚と煮魚を同時に食べるのと同じぐらい不毛だと感じてしまう。そりゃあドイツ料理を嫌いになるのは仕様がない。いろんな料理をちまちま混ぜて食べるという点では中華や韓国はそれでもいいのかもしれないが、これはドイツ式ではない。日本人が海外で食べるときの1番よくやる間違えは、その土地の人たちの食べ方を真似ずにガイドブックを鵜呑みにしてしまうことなのだ。ちなみに私はザワークラウトは大嫌いだ!

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:旅行
posted by Foomy at 23:57| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

差別は言葉遣いで始まる

温泉で、中国人がスマホ持って浴場へ行こうとした。スタッフ「それ、ダメ!」中国人「no?」「ダメ!」「oh shit!」この場合、罵る方もアレだが、スタッフの注意の仕方が完全な上から目線ではないか?もし同じコトを白人か日本人がしてたら「恐れ入りますが、浴場はロッカーに入れて頂けないでしょうか笑」と言うのではないだろうか。そして言われた方も恥ずかしそうに「あっはい」と答えるのだろう。


そういえば我々東洋人がドイツのサウナなんかで例えば身体を洗わずに水風呂へ飛び込むと「hallo...erst waschen!」なんて言われるのだが、大人の使う文法ではない。

正しくは「entschuldigen Sie bitte, aber Sie müssen sich zuerst waschen.」である。あえて子どもっぽい言い方を選ぶのは、相手がどうせ外国人で、ドイツ語が解らないと予測しているからなのか。それならばイタリアやフランスやアメリカの人にはどう対応するのかというと、やはり頑張って英語を使うのだ。


だから浴場でこそ人間の差別感情が露出されていると思う。


A8FC5243-597B-4D54-9282-2EDA1AEA9007.heic

posted by Foomy at 15:17| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

マナーについて

15F1D19D-95BA-4014-A7DA-4A24B17F0A29.heic


メルマガ配信します。



[人生]人生相談:今より10倍モテる!

http://www.mag2.com/m/0001645950.html




只今、私は北海道のホテルの朝食ブッフェのレストランに座ってこのブログを書いていますが、日本人の歩き方と振る舞いが気になって仕方ありません。人がコーヒーマシーンへ向かうと、すっとその先を他の客が割り込む。すぐ近くに連れがいるのに無駄にデカい声で喋る。空間距離が近いんですね。昨日は外で買ったコーヒーを持ってエレベーターで部屋へ戻る際に他の客が割り込んでエレベーターに入って、まず私の腕にぶづかり、それに対して反射的にごめんなさい!とわたしが詫びてる最中にエレベータードアが閉まりそうになってしまい、そこにまた腕をぶつけてコーヒーをこぼしてしまいました。日本人は、目と耳がどこに付いているのでしょうか?


英語を勉強するほどでもないけど海外の人とうまくやりたい、英語には自信あるけど海外の人とのコミュニケーションがイマイチ解らない、英語を習う時間とお金はないけど英語圏の友達作って図々しくもその人から英会話を学びたい、などなどのお考えを持つあなたへ。


マルチリンガルが教える

欧米人に嫌われない

6つのルール


1『動きのルール』

無駄に動かない


2『目付きのルール』

目を無駄に開けない


3『姿勢のルール』

スマホを見ない


4『声量のルール』

声を上げない


5『表情のルール』

リアクションしない


6『笑いのルール』

意味なく笑わない


[人生]

人生相談:今より10倍モテる!

http://www.mag2.com/m/0001645950.html


posted by Foomy at 10:56| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

「あなたの歌を聞きに来ているのではない」〜結局シングアロングは良くないのか



ライブで大声で歌う客が隣の席にいたら、あなたはどう思いますか?
某有名人のように「あなたの歌を聞きに来ているのではない」などと思うのでしょうか?

無料メルマガに、私の意見を書きました。

プレイヤーのスタンス:

プレイヤーとしての私は、お客さんがシングアロングしてくださると感動しちゃいます。
逆に私がダメなのは、こういうお客さんです...


演奏中の食事、手拍子、ダンスについて...


ライブで大声で歌う客を嫌がる人間の心理

隣の客が歌うのに苦言する客の心理

結局『コンサートで客が大声で歌う』のは良いこと・悪いこと?

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 12:05| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ジャッジメンタルなあなたへ



知らず知らずに釈迦に説法になって
嫌われたりしないためのメルマガを配信しまーす笑

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。
posted by Foomy at 03:35| 東京 ☁| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

きっかけは体だが続けるのは精神だ

十月に入って九月のメルマガの売り上げを見ると、売り上げが落ちている。『今より10倍モテる!女性エッセイストによる『女を落とす男』と『男を落とす女』たちが必ず使っているワザ』『ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法』の購読者が減ったのだ。きっかけはセックスだったが、コミュニケーション能力、マナー、ビジネス・スキル、精神論、一般教養、とグイグイ核心に迫る発信者のエスカレート病のせいだろう。チャラい購読者には向いていないが、配信をやめる気もない。

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com



ラベル:語学 人生
posted by Foomy at 14:41| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする