カテゴリ
生活(1339)
(2885)
音楽(299)
雑学(48)
ドイツ(37)

2014年02月21日

悪口

来日中の同業者と共通の知り合いの有名ベーシストたちの悪口して、うさを晴らした。だが自分のことを気に入ってくれてる相手の話しになるとちょっと気が引けるもんである。まあ最後はそれでも言いたい放題だけどね^_^

たまにはいいじゃないか。
posted by Foomy at 15:28| 神奈川 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

ジャンルではなくて

サニーボーイウィリアムソンは二件、ハンクウィリアムスは三件、違うスペルでジミーロジャーズが二件、キングを含むアーティスト及びバンドは六件、ロック史に存在しているということを、ネーミングは好きだが英語圏の固有名詞が苦手な日本人は覚え、それぞれの違いも言えるようにするといい。ブルースが云々じゃなく、まずそこから入ろうよ。

サニーボーイウィリアムソンに関しては両者ともハープ吹きである、念のため。
posted by Foomy at 10:59| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

ベースのセンスアップ

1454823_10151755849343564_1035371320_n.jpg

ベーススクールの正月集中セミナー、
一月11、12、13日の三日間に決定した。

18日の発表会ライブの一週間前ということになるので、これに参加すると益々演奏の自信がつくでしょう。今回のテーマはセンスアップの秘訣、ネタバレ覚悟であらゆるジャンルからの知って得するネタ集&日本のギョーカイが絶対に教えてくれないけど世界では当たり前な音楽史。これを受けるか受けないかで相当な差がつくでしょう。申込は先着順なのでお早めに 瀬川信二のほうへ。

posted by Foomy at 19:34| 神奈川 ☔| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

フリー

今日はベースのフリーの誕生日

フリーといえば、リック ルービン、リック ルービンといえば、ブラッド シュガー セックス マジック。この辺りから、フリーのベースはスラップが減ってきてますね(^.^)
フリーはベースの流行のバロメーターになってるから、是非、前期のプレ ルービンと後のポスト ルービンの彼の演奏を聴き比べてみてください、なんてねw
posted by Foomy at 10:37| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

谷間と宗教は音と関係あるのだろうか

元スティングのトレイシー・ワーマースが言うように、
女ベーシストにとって谷間がいざとなった場合の武器だとしたら、谷間を持ってない女性ベーシストと、格好悪い男ベーシストにとっての武器は何になるんでしょう。そして、アンソニー・ジャクソン、エイブラハム・ラボリエル、ピノ・パラディーノ、ヴィクター・ウーテンらはどうなるんですかね。男性は実績で勝負しなきゃいけなくて、女性はルックスに逃げていいんですかね。
「いや、そうじゃなくて...フミは脚が奇麗だし、笑顔がいい...」と、アメリカ人のヴォーカリストが慰めてくれた。それはそれでこれはこれ。ベースの上手い下手に脚と笑顔は関係あるんですかね。
マイルスもジョニー・キャッシュも、脚は細すぎて全然笑わない。それでも優れたアーティストでしょ。そういう点ではなかなか、実力のみで勝負できてる女性は少ないですよ。
あ、ビル・ワイマン、ゲディー・リー、レス・クレイプール、フリー不細工です。でもベースが上手い。いざとなったとき、この人たち、どうするんですかね。まあフリーは脱ぐけど(笑)
ンデゲオチェロやティナ・ウェイマス。上手い、そして女を売りにしてないからいいですね。でもベースは難しいです、ホントに。隣にラリー・グラハムがいたら、ラリーをとっちゃいます、宗教団体とか関係ないです。ベースは音だけで、宗教も谷間も関係ないのです。
えーと、ルックスも性も関係なく格好良い女性アーティストは...
パティスミスはブスなフリしてるわりにそれほどブスでもなければ上手くもない。リッキー・リー・ジョーンズとカーリー・サイモンは奇麗すぎ。あとは、ジョニ・ミッチェルぐらいですかね。

ルックスなんて... と思ってたら、ベース生徒さんから化粧品を頂いた 笑
posted by Foomy at 17:15| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

マイナー

Amの曲は、平行調のCメジャーとして表示されている場合が多いけど、
実際のところ、全音下のGメジャーがトニックだというふうに捉え、Amの6度はF#である、というふうに考えると、ポピュラー音楽のサウンドになるのだそうで、スタンダードの名曲『サマータイム』の場合もそのトニックを親キーの6度の代わりに2度として考えるといい。従って、Amのスケールコードは、Am,B,C,D,Em,F#m,Gというふうになるわけだが、これだけ弾いてみるとタダ単にGメジャーを2度から始めただけ、ということになってわざわざマイナーを弾いたことにはならない。新たにマイナーとしての新しい響きを使うには、スケールだけはCメジャーの6度から始め、コードトーンはGメジャーのように2度Am,B,C,D,Em,Fm,Gというふうに上がるといい。これでAm7のトライアドが得られる。
ハーモニックマイナーのスケールコードを使うと更に『マイナー』っぽい響きが得られる。
AmMaj7, Bm7b5, Cmaj7#5, Dm7, E7, Fmaj7, G#dim
posted by Foomy at 00:04| 神奈川 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

キーの問題


曲には『メインキー』がある他に『一時的に転調するキー』がいくつかある。転調が多いと、メインキーの定義は難しいので、ジャズのリアルブックの譜面には調号が書いてなかったりする場合もある。なのでなおさら、耳がコード進行の響きに慣れる必要が生じる。コード進行といっても、最も短いもので、iiVとマイナーコードの使い回しに限る。それらに慣れるには、
ドミナントセブンスに慣れること、そして、
5度下のiiのスタックトライアドから始める練習、
b7 のスタックトライアドから始める練習と、
半音上からディミニッシュパターン或はb5 トライアドの練習を行うこと。
マイナーコードは、
マイナーコードと5度上のドミナントb9のトライアドのパターンを練習するといい。
m7b5は、本来ならメジャースケールの7番目ではあるが、基本的にはどのコードもただコードスケールのまんまで捉えると退屈に聴こえる。3フレット上のマイナーコードと同じ、つまりF#mb5=Am或はAm7或はドミナントの半音上のディミニッシュ。
F#mb5→B7という進行の場合は、B7の半音上のCoを使うか、B7のb5のF13、F9或はCm9を使うといい。

そんなこんなで、全ての基本は4度進行であり、どのコードも『一時的に転調したキーのiiV』というふうに考えたほうが面白いのだそうですハートハート
posted by Foomy at 03:42| 神奈川 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

基本

ベーシスト、キャロル・ケイが言うには、
クラシックミュージシャンでない限り、覚えたほうがいいのは所謂スケールではなくて全てのスケールコードのスタックトライアドらしい。
例えば、キーがCの場合、V=G7 G9 G11 G 13 。
こうすると、機能として、iiiとviはIと同じで iiはiVと同じで、vii7-5 は ii/V7と同じであることがわかるので、基本的には全キーでV7とIのスタックトライアドを覚えまくるに尽きる。
iiコードのパターンを短三度上でスタックさせたり、V7コードのパターンを短三度上でスタックさせると、iiVパターンができる。
また、iiiかviからスタックさせるとIのアドリブができ、 vii7b5、ii或はVをスタックさせるとiiVのアドリブができるわけである。
次に全ドミナントコードにb9を付けてスタックすれば、結果的に半音上のディミニッシュと変わりないのがわかるでしょう。しかし実際、曲の中でdim或は○がついているコードがある場合、それはドミナントコードb9だというふうに考えるといい。
同じくaugもドミナントコードに過ぎない。その5度を半音上げるとaugコードになるので、右側にaug或は+がついているコードも、V7コードとして捉えます。そんなわけで、音楽の基本は、環境でもなくメロディーでもなく、サイクルとコードのスタックトライアドなのだそうで〜す!!ハート
posted by Foomy at 20:06| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らない曲を弾くコツ


1、サイクルの丸暗記。
全てのジャンル(!)において、覚えなくてはならないのは4度進行(サイクル)です。全部の場所でサイクルを覚え、コード名とコードトーンを言えるようにしましょう。殆どのルーツ音楽はサイクルに基づいているので、サイクルを覚えていると、聴いたこともないような曲を与えられても弾けて、知らない曲の75%は譜面無しでも弾けるでしょう。

2、全キーでスケールコードの丸暗記。
スケールのコードを名前を言いながら練習すること。

3、全キーでii V7 (ツーファイヴ)の丸暗記

4、I(トニック )の扱いのルールとして、 三度下のVI (或は VI7)からサイクルで上がる、つまりI VI ii V7進行("いちろくにぃごぉ")を全キーで覚えること。

5、全マイナーキーで4、と同様な進行を覚えること。マイナーは、 i bVII7 bVI7 V7。

さて、レイ・チャールズの名作 ヒット・ザ・ロード・ジャック は1〜5のどれに当てはまるかな?
posted by Foomy at 02:22| 神奈川 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

音楽の覚え方

音楽を知るにはその土地へ行くのがベスト、
とか、ある曲を覚えるにはそのメロディーを覚え尽くすことがベスト、
というような大嘘をよく耳にします。ストーンズの曲を知らない英国人はいくらでもいるし、ブルースが弾けない黒人はいくらでもいるし、サルサはもはやNYの音楽ですし、レゲエは元を辿るとニューオーリーンズとナッシュヴィルのサウンドのハイブリッドですし、ビートルズとボサノバに関しては日本人ほどマニアックな国民はいません。ある音楽のスタイルを身につけるためにはその環境で育たないとイケナイというのは怠け者の言い訳です。

何が必要かというと共通の和声の知識。これがアドリブの土台になるわけですからね。共通のキー、共通のコード進行があれば、同じペースで色んな曲が覚えら好き好きにアドリブもできます。子供の頃からジャズばかりを聴いて育った人でも、ジャズのスタンダード曲を弾くときには曲のコード進行を覚えなくてはなりません。また、どんなキーでやるかをお互いに決めなければなりません。他のキーへ転調させるための知識とスキルが必要です。いくら曲のメロディーが『歌え』ても、いくらその国の空気を吸ったり踊ったりできても、知識と技術なしでは弾けません。

だからといって一曲一曲丸暗記しろということではありません。一曲一曲耳コピして覚えようとしてたらそれだけで一生終わってしまいますよ。音楽にはいくつかのコード進行のパターンがあるのです。そのベーシックを覚えれば、それで殆どの曲は丸暗記しなくても弾けます。アドリブにおいて必要なのは知識なのです。初めての曲でも弾けちゃうのは、『感覚的に馴染んでいるから』ではなくて、『和声の基礎知識があるから』なんです。和声の知識と共通のコード進行の引き出しを持っていると、ジャンル問わず、全ての曲が今までよりもっと早く覚えられるのです。曲の覚えが速いというのは、年齢とか育った環境とは関係ないのです。知識は何かというと、音楽の法則に気付くこと、そしてその法則を覚えてしまうことであって決して『記憶力』でもなければ『感覚』の問題でもないのです。メロディーだけとかその国の風潮(?)を知ってても"和声"を知らなければそこからコードを生み出すのは難しいでしょう。ですから多忙な人間は、大量の曲を覚えるのではなくて、頭を使ってコード進行のパターンを覚えてしまう要領をつかんでください。
posted by Foomy at 22:50| 神奈川 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする