カテゴリ
生活(1338)
(2884)
音楽(296)
雑学(47)
ドイツ(32)

2016年03月30日

Nein!

ドイツ人は、会話をノーで始めることが多いです。Yesですと、そこで話が止まっちゃうんで、否定してから論じて徐々に近づき合う、という方法をとる方があとになって裏切られたりすることなく、初めに言えよと言わずに済み、信頼関係が増す、とても慎重なコミュニケーションツールです。


次回、会話を噛み合わせたい時に、あえて反論で攻めてみてください。グンと距離が縮まりますよ!

英語とドイツ語とベースを教えております。(詳しくはsegaw@shinjibass.com又は電話044-922-6923)

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

子安フミのオフィシャルサイト
http://foomykoyasu.com/



※ブログのシェアは、どうぞお気軽に宜しくお願いします。
タグ:people ドイツ
posted by Foomy at 03:05| 神奈川 | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュタイナー教育と道徳の授業

”シュタイナー学校では道徳を教えてますか?”

答えはノーです。シュタイナー学校のみならず、欧米では道徳教育なんてやりません。しかしそれに一番似たのが宗教の授業ではないでしょうか?そして宗教の授業では、コーランやら聖書やらを読解するわけですが、読解とはどういうことかというと、昔の人の失敗談を他人事ではなく今の社会に置き換えしてみることなんですよ。欧米の小学校の宗教の教科の代わりになるのが、日本の道徳教育らしいけど、根本的には、人に良くすることやら問題発生したときはどうすればいいか?みたいなルールを教えているようで、礼儀正しく大声ではっきりと挨拶ができて、すぐさま謝罪出来る大人に育つものの、問題の根本を理解してうまく説明できる大人には、なりにくいですね。原因と因果関係を紐解く訓練が必要なんですよ、本来は。道徳の授業の意味は、トラブルから一般常識を学ぶことで、欧米の学校の宗教という教科の意味は、”歴史のミスから学ぶ”というのが大きかった気がします。これを教訓と、難しい言葉ですと倫理と言うのです。そこに便利なのが旧約聖書なんですね。もしあなたが頑固な無神論者ならば、それでもOK。ギリシャ神話(あ、ダメか?)、イソップ物語、グリム童話、アンデルセン、スターウォーズ、ハリーポッター、指輪物語などなどからでも最低限の道徳心を得られるはずなんだよね〜。これすらも駄目ならマザーグースでもいいですよ。あと、古いフォークソングとかね。つまり、宗教の教育は単なる失敗談に過ぎない、そして道徳教育は、それらから教訓を得る、ということなんです。
posted by Foomy at 01:52| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

南独バイエルン料理

crop__78487__638.jpg

今日は、日本の食材でも作れる庶民的な南独バイエルン料理を
紹介する料理教室のプレオープンです。
今後は定期的に教える予定なので、
気になる方は気軽に連絡ください。
美味しいだけでなくて身体にもいいですよ!

英語とドイツ語とベースを教えております。(詳しくはsegaw@shinjibass.com又は電話044-922-6923)

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

子安フミのオフィシャルサイト
http://foomykoyasu.com/



※ブログのシェアは、どうぞお気軽に宜しくお願いします。
タグ:food
posted by Foomy at 23:52| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュタイナー学校


先月某出版社主催の全国の幼稚園園長さんたちのグループを私の母校であるシュタイナー学校へ連れてまいりましたが、
そこの生徒さんたち、非常に「お客さん慣れ」しているのが印象的でした。私が通っていた40年前とは違い、今やシュタイナー学校はミュージシャンにとっての米国の某音楽専門学校のような存在になってしまっているんだなぁと思いました。そして日本でも名前上では同じ学校や幼稚園を作っているところがあちこちにあるのですが、それも音楽専門学校とよく似たケースで、母校と姉妹校ではぜんぜん違うんですね。そんなわけで私は自分の娘は日本ではあえて普通の学校へ通わせました。

素朴に今、なぜこんなにシュタイナー学校が流行ってるんですか?と聞かれます。

それより、ドイツやアメリカからのお便りで、
「子供をシュタイナー学校へ入れたいのですが、ウェイティングリストに入ってしまい、
なかなか入れません。なんとか子安さんのコネを通して話をつけてくれませんか?」

こんなお願い事をしばしばいただきます。

フェイスブックで友達申請せずに、このようなメッセージをいただくんですよ。
せめてお仕事ください。仕事ないならシャンパン送ってください。
それか、義理でもいいから一度だけライブ観に来てくださいよ。
なに、日本にいない?ドイツやアメリカに呼んでください。いやほんとほんと。

まあべつに無視するからいいんですけどね、
私が通っていた時代(70年代)
は「バカのいく学校」「ヒッピーの子供の学校」と言われましたが、
今では大ブームなんですよね。
1月のメルマガではそのブームの原因に迫ってみたいと思います。

登録おねがいします:
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html
posted by Foomy at 22:08| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

ベース 練習時間

10時間練習しても上手くならない人もいれば、3時間弱練習して上手くなる人もいるけど、その違いは、自己認識にあり、それは、自分の弱点が何かをどれだけ知ってるか?である。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  <プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法をe-Mailで>
  ブックエンドスタジオ(週刊:432円/月)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料版の申し込み:
有料版の申込み/購読管理 http://www.mag2.com/m/0001661492.html
著者:Bookend Studio Bassist Bass Instructor 子安文
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

posted by Foomy at 17:56| 神奈川 ☔| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

悪口

来日中の同業者と共通の知り合いの有名ベーシストたちの悪口して、うさを晴らした。だが自分のことを気に入ってくれてる相手の話しになるとちょっと気が引けるもんである。まあ最後はそれでも言いたい放題だけどね^_^

たまにはいいじゃないか。
posted by Foomy at 15:28| 神奈川 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

ジャンルではなくて

サニーボーイウィリアムソンは二件、ハンクウィリアムスは三件、違うスペルでジミーロジャーズが二件、キングを含むアーティスト及びバンドは六件、ロック史に存在しているということを、ネーミングは好きだが英語圏の固有名詞が苦手な日本人は覚え、それぞれの違いも言えるようにするといい。ブルースが云々じゃなく、まずそこから入ろうよ。

サニーボーイウィリアムソンに関しては両者ともハープ吹きである、念のため。
posted by Foomy at 10:59| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

ベースのセンスアップ

1454823_10151755849343564_1035371320_n.jpg

ベーススクールの正月集中セミナー、
一月11、12、13日の三日間に決定した。

18日の発表会ライブの一週間前ということになるので、これに参加すると益々演奏の自信がつくでしょう。今回のテーマはセンスアップの秘訣、ネタバレ覚悟であらゆるジャンルからの知って得するネタ集&日本のギョーカイが絶対に教えてくれないけど世界では当たり前な音楽史。これを受けるか受けないかで相当な差がつくでしょう。申込は先着順なのでお早めに 瀬川信二のほうへ。

posted by Foomy at 19:34| 神奈川 ☔| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

フリー

今日はベースのフリーの誕生日

フリーといえば、リック ルービン、リック ルービンといえば、ブラッド シュガー セックス マジック。この辺りから、フリーのベースはスラップが減ってきてますね(^.^)
フリーはベースの流行のバロメーターになってるから、是非、前期のプレ ルービンと後のポスト ルービンの彼の演奏を聴き比べてみてください、なんてねw
posted by Foomy at 10:37| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

谷間と宗教は音と関係あるのだろうか

元スティングのトレイシー・ワーマースが言うように、
女ベーシストにとって谷間がいざとなった場合の武器だとしたら、谷間を持ってない女性ベーシストと、格好悪い男ベーシストにとっての武器は何になるんでしょう。そして、アンソニー・ジャクソン、エイブラハム・ラボリエル、ピノ・パラディーノ、ヴィクター・ウーテンらはどうなるんですかね。男性は実績で勝負しなきゃいけなくて、女性はルックスに逃げていいんですかね。
「いや、そうじゃなくて...フミは脚が奇麗だし、笑顔がいい...」と、アメリカ人のヴォーカリストが慰めてくれた。それはそれでこれはこれ。ベースの上手い下手に脚と笑顔は関係あるんですかね。
マイルスもジョニー・キャッシュも、脚は細すぎて全然笑わない。それでも優れたアーティストでしょ。そういう点ではなかなか、実力のみで勝負できてる女性は少ないですよ。
あ、ビル・ワイマン、ゲディー・リー、レス・クレイプール、フリー不細工です。でもベースが上手い。いざとなったとき、この人たち、どうするんですかね。まあフリーは脱ぐけど(笑)
ンデゲオチェロやティナ・ウェイマス。上手い、そして女を売りにしてないからいいですね。でもベースは難しいです、ホントに。隣にラリー・グラハムがいたら、ラリーをとっちゃいます、宗教団体とか関係ないです。ベースは音だけで、宗教も谷間も関係ないのです。
えーと、ルックスも性も関係なく格好良い女性アーティストは...
パティスミスはブスなフリしてるわりにそれほどブスでもなければ上手くもない。リッキー・リー・ジョーンズとカーリー・サイモンは奇麗すぎ。あとは、ジョニ・ミッチェルぐらいですかね。

ルックスなんて... と思ってたら、ベース生徒さんから化粧品を頂いた 笑
posted by Foomy at 17:15| 神奈川 ☁| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする