カテゴリ
生活(1355)
(2890)
音楽(311)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年05月12日

母に関する歌

「お母さん」についての歌は小さい頃(保育園時代)から散々聴かされ、意味なく歌ってもいましたが、初めてピンときた歌は、中三ごろに聴いたジョン・レノンの『マザー』ですね。
「母さん、母さんには僕がいるけど僕には母さんがいない」私、ジョン・レノン!!!と思いましたね。他にもストーンズやJJケールが歌っている「クレイジーママ」、それからストーンズによる「マザーズリトルヘルパー」などがありますが、
常に私のものとなったのはジョン・レノンの『マザー』です、スティングでもピンクフロイドでもエルトンジョンでもなくて。当時の私の頭の中はジョン・レノンの歌詞で一杯でした。ディランはもってのほか、カントリーやフォークは難しすぎました。のちにソウルミュージックにハマり、マーヴィンゲイの『メイクミーワナホラー』をミシェルンデゲオチェロがカヴァーしたやつを聴いて「こんな母親もいるんだ」と思いましたが、あくまでも他人事でしたね。母さんがいかにして亭主関白の父さんに耐えてきたかを子供のスタンスで歌う、といった内容のものは、実はカントリーの女性歌手にも好まれる歌ですが、私にはその経験がないから共感できませんでした。よくカントリーに曲に出てくる母親の存在は、と共感することは私にとっては非常に難しかったです。
今年の母の日は2017年5 月14日(日)...ということで、今夜7PMメルマガでは母親にちなんだカントリー曲〜アウトロー曲を紹介します。20年代の感傷的なバラッドから70年代の反発的なアウトローへのゆっくりした流れ、
『母』という存在のスタンスの移り変わりがカントリー曲の歌詞に反映されています。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
ラベル:アウトロー 女性
posted by Foomy at 16:39| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

こどもの日ですが、

EF8115FA-4AB4-4839-AE3D-1DE28C0D1BDE.jpg
ルックスについてメルマガ配信しております。

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html

そして今夜は大人のための大人の音楽を生演奏いたします。

場所は神戸ダートマスクラブです。


■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 15:35| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

ドランクソングに相応しいスケール

メジャースケールとその平行短調は、長い間、禁じられていました。
モードで言うと、イオニアン、エオリアンのことです。
プラトン曰く「イオニアとリディア調は酒場の宴会用で、リラックスしすぎて酔っ払ってしまう。これらは禁じられるべきである。ドリア調とフリジア調は緊張していて、戦場に向いている。」その他のモードは?
まずロクリアンは、ごく最近できたモードで、1度と5度の間のトライトーンは悪魔のインターヴァルと呼ばれ、禁じられていました。同じくミクソリディアンは3度と7度の間がトライトーンであり、7度がイオニアンの1度へ導くことから悪魔の音階とされ、禁じられていました。そしてエオリアンはイオニアンの平行調であると同時にリディアンと似た性質を持っているため、禁じられていました。この禁じ法は西洋の教会で厳しく守られ続けていました。

確かに子供時代の私はペンタトニックばっかり聴いていました。小学校の2年生ごろに5年生の先輩がエオリアンの歌を合奏するのを聴いて悲しいってこういうことなんだ、と実感しました。それからしばらくは短調の音楽ばかりを好んで聴きました。ギターでもAマイナー、Eマイナーばかりを鳴らして悲しみに耽ったものです。それからEメジャーを覚えて、それがAマイナーをより深く悲しく響かせてくれることを体で覚えたもんです。中学に入るとブルーノートを覚えて、ミクソリディアンとマイナーペンタにハマる...そして高校からキース・ジャレット、チック・コリアなどからリディアンの不思議な浮遊感に溺れ、大人になった気になりました・・・この、嬉しいのか悲しいのかわからない、シュールな気分は、なかなかミステリアスでした。その頃から、先輩たちに「そのうち絶対にカントリーに目覚めるよ。最終的にはメジャーコードが全ての基本!」と言われていました。最近、カントリーばっかり聴いていますが、これが英語で『drunk songs』と言われます。
まさに「酔っ払い向けの音楽」ですね。古代禁じられていた意味が、わかるような気がします・・・



これからパッキングして関西、名古屋、静岡で演奏します。
よろしければ聴きに来てくださいね。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックエンドスタジオの無料メルマガ【頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!】
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
posted by Foomy at 15:53| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

質問・疑問にお答えします

疑問・質問『まーむ』


まんじゅうって好きですか?
好きじゃないよ。


ミスった時ってどうしますか?
私って最低だなって思うよ。


難しいスケールは正直よくわかりませんが、そこから生まれるコードが好きなので、それをうまくベースとかギターとかで弾けるようになるコツを教えてください。
私もスケールは得意じゃないけど、スケールと言ってもシンメトリックとノンシンメトリックの2種類があって、
前者はベースのようなフレッテッド楽器にとって犬でもできるぐらい弾きやすくて
後者は、ピアノだと弾きやすいけど弦楽器にとって弾き辛いんだよね。
残念ながら前者は弾きやすいのはいいけど、人間の耳にあまり居心地よくない。
それに対して後者は弾きにくいけど、赤ん坊から老人まで馴染みあって聴きごこち良い。
つまり弾きやすさをとるか、聴きやすさをとるかなんだよね。
だから、君の質問に戻るけど、おそらく君が言いたいのは、コードが好きなんじゃなくて
コード進行(コードとコードの繋がり)が好きなんだと思うのね。さらにはそのコードが
アンダーラインしているメロディーとの関係もあるかなあ。
そう考えると、結局スケールを覚えるのが手っ取り早い気もするけど、



麺類の料理とかで一番好きなのは何ですか?
ニョッキ


もうドイツ料理の方の教室やらないんですか?
また教えるよ。予定と申し込みはこちらでお願いね


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:FAQ
posted by Foomy at 17:14| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

売れっ子ミュージシャンの7つの共通点から学ぼう!

すでにプロやセミプロのミュージシャンたちへの記事ですが、アマチュアの方でも、これからプロを目指す方も参考にしてください。ベース、ヴォーカル、ギター、どのような楽器であっても練習がすべての基本ですが、残念なことに、続けられる人がほとんどいません。楽器と教材を取得して、終了とか、先生を見つけて2、3ヶ月習ってやめるとか、意気込んで短期集中セミナーだけ受けてやめるとか、メルマガ登録するが、まったく読むことなく解除、というようなパターンが多いんですよね。続けられない理由は経済的な理由や、家族の協力が得られない。といった理由も考えられますが、それよりも大きな原因は...メルマガを読んでください。無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
ラベル:バンド
posted by Foomy at 17:45| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

愛すべき馬鹿

私は生まれた頃からデブ、知恵遅れ、マヌケ、チビ、不器用、甘えん坊、世間知らず、グズ、態度悪い、不真面目、真面目すぎ、ノリが悪い、ノリが良すぎ…と呼ばれてきたのが良かったんだと思う。周りの自分への期待が少ないから、好きなことができるし、あまり失敗を恐れない。マメで頼り甲斐があって何でもすぐ答えを知っているようかなしっかり者や面倒見良くていつも元気でスキのない人に見えてなくて本当に良かったなぁと、つくづく思います。そんな私のようなクズのことをアウトローカントリーでは愛すべく負け犬と呼ぶんです。ウェイロンジェニングスは、自称ニューヨークにはマヌケ過ぎてロスにはブサイク過ぎ、という歌なんか書いちゃってます!そんなカッコイイ負け犬たちからいつも勇気を貰っています。明日は阿佐ヶ谷ジャンブジャンブで8時半からまたアウトローカントリーをやります…とても素敵なベースの先輩が観に来てくれる予定です…!笑笑


C5BFEAE6-CC79-4009-A4C7-253109CB7CE6.jpg

posted by Foomy at 21:29| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロックとポップスの違い

ら 『ラップは50年前からどう変わった?』

最近のは分からんけど、2−30年前までは、社会の病や精神病のことを歌っていたわけ。それと比べると、
最近は自分の病をカミングアウトするラップが多くなったような気がするよ。
なんか聴いてて精神的不安なアーティストが増えてて、子供には聞かせづらいというか。


り 『リズムの悪さはどう解決すればいいですか?』

正しい指導による正しい訓練が解決するよ。


る 『ルートってなぜ重要なんですか?』

コード名を定義づけるためにはまずルートを見つけなきゃダメだよね、んで、コードが鳴った瞬間、人間の耳にまず入ってくるのは一番目立つ音で、それがルートなんだよね。そのルートの名前を言えるかどうかはとりあえずどうでもいいでしょう。だいたい人間の聴覚の仕組みはそういう作りなんで、世の中のコード進行はイコール、ルート進行と言ってもよくて、コード名のアルファベットは必ずそれぞれのルートを表しているわけ。コード進行と共にルートが動くのだけど、
そのルートの動きが曲のファンダメンタルな要素で、(歌とかによるメイン)のメロディーのボトムにあるもう一つのメロディーだよ。オーケストラ、ビッグバンド、アコースティックギター、ピアノ、どんなシチュエーションでも作品を確立させるにおいて必要な要素なのだから、ルートは重要というか、音楽には欠かせない、と言った方が的確だ。

れ 『レッスンを受けたいんですが遠すぎて行けません。』

スカイプでレッスンするよ。


ろ 『ロックとポップスの違いを教えてください。』

レコードを買う時、ポップスなら『シングル』かせいぜい『ベスト盤』とか買えば十分で、
ロックなら、なるべく『炎〜あなたがここにいてほしい』『狂気』『ザ・ウォール』という風に買うことだね。
だいたいピンクフロイドのベスト盤だけ聴いても全く意味ない。
逆にポップスは、どうせラジオやCMで年中かかっているから、わざわざ買う必要ないよね。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 14:14| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

セットリストを決めない方針とか

FAQあ〜お


アウトローカントリーのバンドってライブ用のセットリストを本当に決めてないの?
決めてないよ。だけどそれはアウトローカントリーとは限らなくて普通のカントリーやジャズやブルースも一緒よ。


今まで秘密を持ったことってありますか?
あるよ。君は?


裏表のある人間をどう思います?
人は必ず裏表あるけど、その人の裏表を見分けてそれに対応する優しさを身につけたいね。裏表には度合いがあって、
裏表の激しい人こそ、天然ブル傾向があって、比較的素直な人に限って、バカ素直に自分の腹黒さを認めるところがあるよね。


エンデはどんな人でしたか?
同じ学校を出てるせいか、子供の頃彼の本を読みすぎてたせいか、会った時、昔からの幼馴染に会った感じで、よく言えば親しみやすく、悪く言えばスリルがなかった。
お互い、何を考えているかがわかっちゃうんだよ。


おにぎりで一番好きな種類は?
うめ。2番目はこぶ、3番目はシャケ。


セットリストを決めないアウトローカントリーをもっと深く知りたい人はこちろのメルマガ購読してくださいね。
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


エンデとかに興味ある人はこちら
■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html
posted by Foomy at 16:02| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

私の黒歴史

他人が自分の心の問題について苦言を呈した。
己は「やめろ!おまえはどうなんだ!俺だけを悪者にするな!」と罵った。
身内が自分の心の問題について苦言を呈した。
己は「やめろ!おまえの問題をスルーして俺だけを悪者にする裏切り者!」と罵った。
自己批判ができずにいると、全ての人間を敵に回すことになる。

黒歴史を書きましたが、恥ずかしいので有料メルマガに書くことにしました。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:人生
posted by Foomy at 04:10| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

メロディーの作り方

メロディーの作り方

「どうやったら大御所のようなメロディーラインが作れるのでしょうか?
私が演奏するといかにもスケールやコード音をそのまんま弾いてるようで、
ダサくなります。」

アルペジオ、モードやスケールを覚えても、そのまんま弾くことは難しいですね。

確かにチャーリー・パーカー、マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク等の
演奏を聴くと、ほとんどアルペジオ、モードやスケールをそのまんま弾いていません。

彼らのアプローチをメルマガで紹介します。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 04:06| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする