カテゴリ
生活(1314)
(2878)
音楽(271)
雑学(38)
ドイツ(32)

2017年02月03日

オルタード・ノート

Altered Notes『オルタード・ノート』はドミナントセブンスに使われます。例えばC7ですと通常Cミクソリディアンの一部をAlter(変える)ということです。よく使われるのは、ディミニッシュスケール、スーパーロクリアン、リディアンドミナント、ホールトーン。本来ならミクソリディアンに『属さない』音たちのことをオルタード・ノートと呼びます。
なお、Altered Scaleオルタード・スケールとは、スーパーロクリアンのことです。通常、ここにC7b9とかC7b9b13とかCaug7とか書いてあったりします。最近ではC7altとも言います。AltはAlteredの省略です。変化したC7、普段と違うC7という意味なのです。
C7alt
C (root),
D♭
D♯
E
F♯ or G♭
G♯ or A♭
B♭

いつどのスケールを使うかは、プレイヤーがその時の周りの音から決めればいいです。別に毎回オルタードノートを入れる必要はありません。普段通常のミクソリディアンを弾いてたまに一瞬b13やb9を入れて「おっ!」と言わせるのもありかなと思います。だいたいキーボードの人はガンガンとテンションを入れまくってるので、もうそれが十分なヒントになっているはずです。私は昔ジャズかぶれのキーボーディストのバックでベース弾いていたのが長いので、あえてルート、フィフス、シックス、ナインス、テンス以外はを何も弾かなかったです。それでも「一緒にやって気持ちいい」とか言われるのですから、あの人たち、だいたいベースなんてほとんど聞いていません。ただ、ベースが間違ったことをすると、気づかれます!おかげで長年冒険心のない無難な演奏をしてきました。最近、名古屋の中古のお店でひょんなはずみでヴァイオリンを買ったので自らソロの時にオルタードにチャレンジしようかなあと思っています。カントリーフィドルのソロに取り入れると格好いいかなあと。あ、これはジャズだけじゃなくてカントリー、ウェスタン・スウィングなんかにもよく出て来るんですよ。そもそもジャズよりもっと昔からありました。ドビュッシーとかラベル聴いてみてください。

もっと知りたい人はメルマガ登録をお願いします!!
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

タグ:JAZZ コード
posted by Foomy at 22:04| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

楽器選び〜一般の楽器店にご用心

普通はこう、とか言われるのを嫌う人がいるが、私は、「人それぞれ」とか「いろんな人がいますから」とか「その人次第ですから」などと言われるのが大嫌い!もっともらしくてすごく上から目線じゃない?

昨日もバカな店員に「まあ、好みはお客様しだいですからねえ」と言われ、その時点で「ブログネタが増えた」と思った。

知人の息子さんがベースを始めるので、ベースの買い物を付き合ってくれないかと頼まれ旦那と私とその知人親子4人で、とりあえず超一般的でメジャーな山野楽器新宿店へ行った。知人の息子さんは初心者用なので、予算は10万円以下と店員に伝えると、もう「10万以下で...」と私が言った時点から店員の目つきが悪くなっていた。

知人がサンバーストのベースを指差してこれどうかと聞くと、私が「普通すぎるからダメよ」と答えた時、その目つきの悪い店員はニヤニヤ笑って「まあ好みはお客様しだいですからねえ」。多分「買う人は彼であり、あんたではないのだから、あんたは黙れ!」と言うつもりだったのかもしれない。どういう勘違いでこんなバカなコメントを言ったか昔の私だったらツッコミ入れていたに違いないけど、今の私はそれすらせずすかさず奥でのほほんとサドウスキーを試している夫の方へ向かって行き、「Let's get the hell out of here早くここを出よう!」とささやいた。四人は店を出て、タクシーに乗り込んで、信頼しているいつものベース専門店へ行ってそこで上質なベースを見つけた。そこの店長はすごいナイスガイ。10万円をかなり超えてしまったがその価値はある。おかげで思いがけずその近くのペルーレストランのプライベートパーティーにも参加できて、美味しいお酒と料理を堪能し、見ず知らずの南米人とワイワイ騒いだ。そこのシェフもすごいナイスガイ。こんな素敵な思いができたのも山野楽器の不機嫌な店員のおかげである。良い店も悪い店も人間しだいですからね。

この時代は、ちゃんとした個人のお店でなければ、割り切ってネットで買い物する方がマシだと思う。私はそうしている。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
タグ:music bass
posted by Foomy at 22:33| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

スキルアップの最短ルート


ソーシャルメディアで、シェアするリンクと本人の書いている記事のギャップがすごい時がありますが、
なるべく私も自分の書く記事がつまらなくならないように頑張ります笑

いつも初回レッスンの時に生徒さんに必ず聞く質問の一つが、
「楽器演奏がうまいとはどういうこと?」。
なかなか答えられないようなので、
「スキルアップの最短ルートとは何?」
「うまい人の特徴は?」
「うまくなるには何が必要?」

これでもなかなか言えない人には、

「上手くなるには3つの要素が必要ですが、どちらだと思いますか?」

経験を積めば上達する、音楽は肌で覚えるもの、と考える人がいますが、
これはウソどころか大きなタイムロスでしょう。
正直なところ、講師よりキャリアの長い素人さんをいっぱい知っています。
うちに来る生徒さんも、旦那より年上で30年以上はベースをやってます。
どんなに音楽が好きで半世紀の経験を積んだ人でも、
経験数年の人物と演奏レベルは変わらないどころか、むしろ劣るのが現状です。

生まれつき才能がない、リズム感がない、と考える人もいますが、これも完全なブルシットでしょう。
誰が上手くなるかを決定する上で遺伝的要素は一切関係ありません。
自分に才能がない、と思う人のほとんどは、練習の仕方が間違えがあります。
遺伝的要素よりも「練習方法」のほうが遥かに大事です。

では、どういう練習方法がいいか?

ここで、「普通に楽しければいいや!」と言う人がいますが、これもウソ。
「楽しく練習」することは、スキルの獲得につながりませんから。

詳しくは、メルマガ読んでくださいね!!

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html




英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
タグ:music
posted by Foomy at 12:51| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

センスがない?

「昔の多くのローカルミュージシャン、特に歳をとった連中には「音楽理論を知るとそのぶんフィーリングを失う」と言っている奴らがいた...信じられないかもしれないが、今でも音楽理論を知ろうとしない人間がいる。知識は自由につながり、無知は奴隷につながる。自由への道が目の前にあるのにそれに目をそらすことが、信じられない。」マイルス・デイヴィス


ミュージシャンになるのは難しい。 「音楽やってます」と言っても、「なんかバンドやってるんですか?」と言われてしまう。

曲を一生懸コピーしても、なかなか覚えられない。

アドリブの方法が分からない。 やっているつもりだけど、失敗ばかり。

知り合いの「ジャムセッション」に声かかって参加してみるものの、一緒にやると評価してもらえない。

で、嫌われるのが怖くて、 だんだん行動量が減ってしまう。

よく「もっと人の音を聴くように」と言われるけど、そもそも、どう聴けばいいのか、分からない。

「理論は必要でない」という先輩に、時々「こんなことも知らないの?」と言われることがあるので、困惑する。

耳コピすればいいって 言われるけど、何を耳コピすればいいか分からない。

一流プレイヤーのライブを見に行ったりするけど、どういう聴き方すればいいのか分からない。

耳を鍛えればいいと言われるけど、鍛え方が分からない。

上手い人と仲良くするといいと言われるけど、いざ、そうすると「ライブに来てくださってありがとうございます。また今度もぜひ...」とか言われて相手にされない。

だから、理論が実践できないのです!
だから、行動に結びつかないのです!
簡単にいうと、センスがないのです。

音楽でフィーリングと呼ばれるフィーリングをセンスといいます!センスとは知性。知識と実践を結び付けられるようになることを磨かれた知性、センスいい人、といいます。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
知識は自由なり。

タグ:JAZZ 人間関係
posted by Foomy at 14:02| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

今更聞けないと思う人のためのコードの機能についての復習

ジャズとかインプロヴィゼーションの音楽をするには音楽理論の知識は不可欠です。たまに譜面とかコード譜は読めるけど理論ダメという人がいますが、理論の知識なしではアドリブは不可能です。

あと、肌に染み込ませればいいと言う馬鹿もいますが、それは完全な素人感覚なので、そういう人のことは無視しましょう。

人からレッスン受けたり、プロと共演する時もある程度の知識がないと話がすすみません。

教師としては、まるでアルファベットを知らない人に英語を教えているぐらい負担がかかるので、理論がわからない人は最初からそう言ってください、じゃないとあとあとが大変です。

それからレッスンのお金すらない人は、ぜひこの機会に、私の『無料メルマガ』を購読してください。本当は有料メルマガもアドリブ上手くなりたい人とかスタンダード覚えたい人には絶対にオススメとは思いますが、無理は言いません。
ある意味、無料メルマガの方が初歩的なことしか教えていないので、こちらで誰にも聞けないような情報をこっそり調達してください。

それからブックエンドスタジオのスカイプレッスンやマンツーマンレッスンも一度だけ受けるスポットレッスンも可能です。なんならそこで恥ずかしがらずに質問してください。内緒で教えますよ。

あと、レギュラーレッスン生にもいつも最後に「質問は?」と聞いているんですよね、私。しかしみなさんプライドがお高いのか、「大丈夫です!」と強がるんですよね。大変損していますよ〜!

それに私にはちゃんとわかってますよ、あなたがセカンダリードミナントのセの字も知らないことを。この前も、コードの機能(ファンクション)について話すとキョトンする方がいらっしゃいました。

早速ですが、今更的な機能の話をしますね。これ、本当は音大とか専門学校で教えているはずだと思うのだけど、サボっていたのか居眠りしていたのかのどちらかですね、本当に英語のSVO並みに大事なんで、知らないとブルースもポップスも何もできないです。

英語のSVOですが、Sに当てはまるのがトニック、Vに当てはまるのがドミナント、そしてSに当てはまるのがサブドミナントでしょう。これらを機能と呼びます。役割なんですね。ではどういう役割かというと...無料メルマガを読んでくださいね。

くどいようですが、「なんとなくわかる」とか「どうも納得いかない」は、全く「わかった」に入りません。もっと数学的サイエンティフィックにアプローチしましょう。私もそうでしたが、音出さないとダメな人は、できるだけ音を出せる環境で理論書を読みましょう。音を出しながら確認しないと私には全く何も頭に入ってきませんでしたよ。たまに音を出してもわからないという人もいます、稀ですが。こういう人は、一度レッスンを受けてみてください。すでにレッスンを受けているけどまだなんとなくしかわからない人は、勇気を振り絞って質問してください。ただし、レッスンの始めとか最中に聞いてくださいね。音楽理論は数学と似て、一度わからなくなると先に絶対に進めないので、『必ず基礎から』噛み砕いてやることです!途中からなんとなくついていこうとしても、時間の無駄です。一番の近道は、基礎からちゃんと素直に学ぶことです!


無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

レッスンいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

これから名古屋です。

そろそろ寝ます。
タグ:music コード JAZZ
posted by Foomy at 04:12| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

【私たちが泣いた10曲】

【夫が泣いた5曲】

「輝ける日々」(These Are The Days Of Our Lives)クイーン
1991年、歌詞とその背景とプロモーションヴィデオを見て
フレディーからのさよならの挨拶であることを悟って泣いた。

Forgotten Love - ジャコ・パストリアス
ベーシストのソロアルバムの最後の曲なのに、自分の演奏が入っていないことと、
曲の素晴らしさに泣けた。

Waiting on the World to Change-ジョン・メイヤー
わかりきっていたことをやらなかった自分に腹立てた。

Pancho and Lefty-Townes Van Zandt
素朴な歌と素晴らしい言葉の表現の可能性の広さに驚きすぎた。

Mama Tried-マール・ハガード
率直な歌詞の内容に共感した。


【自分が泣いた5曲】

『カミン・イントゥ・ロス・アンジェルス』アーロ・ガスリー
14歳の頃、ストリート・ミュージシャンがこれを歌っているのを見て激しくアメリカ西海岸への憧れを抱いた。

『St.ジェームズ・インファーマリー』ルイ・アームストロング
究極のブルース!感傷的な内容にショックを受けた。

『ミー&ボビーマクギー』クリス・クリストファーソン
この曲を好きな男が聴かせてくれた時22歳だった。
お互い別に恋人がいたが、我慢できず浮気した。

『テネシー・ウィスキー』ジョージ・ジョーンズ
アメリカでベース弾きながらアル中の歌手がこの曲を歌ったのを聴いて、
酒にジェラスして泣いた。

『ブルー・アイズ・クライン・イン・ザ・レイン』ウィリー・ネルソン
10年前ごろ、ちょうど始めてのiPodを手に入れて、最初に泣いた歌がこれ。
昔からメロディーは知っていたけど、こんな歌詞だったか!と新たにショック。




1/17(TUE)横須賀SHELL
OPEN / START : 19:00
瀬川信二、子安文、外園一馬
CHARGE :1500

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
タグ:music
posted by Foomy at 03:48| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

音楽的人生相談「環境や居場所の問題」

「僕は敏感で嫌な出来事に振り回されたりするとすぐにトラウマになっちゃうんです。どうしたらもっと図太くなれるのでしょうか?」

答え:
あなたには図太くなる必要なんてありません。自分の居場所を選ぶ権利があることを思い出しましょう。私たちは自由なのです。自由になろうという思いに囚われて自分の首を締めてしまっているのです。つまり自分を不自由にさせているのは自分自身なのです。私もそれにごく最近まで気付けませんでした。敏感であることは決して悪いことではありません。自分の環境が自分に合わないときは、我慢しないで環境や人間関係を変える勇気を持ちましょう。何故ならば自分の人生は自分にしかコントロールできないのだから。




■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 
http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■LIVE告知:
1/17(TUE)横須賀SHELL
OPEN / START : 19:00
瀬川信二、子安文、外園一馬
CHARGE :1500


『ブックエンド・スタジオ』shinjibass@gmail.com
お気軽にお問い合わせください。
教室: http://foomykoyasu.com/
posted by Foomy at 04:22| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

インターバル

私は今、キドニービーンズを戻している。これをひき肉とハラペーニョたっぷりのレッドチリに入れて煮ながら発表会ライブのマイナスワントラックの準備をするのだ。料理で気をつけるのは色合いだったりする。反対色を使うか使わないか、とか、あえて似た色同士で攻めるか、なんてことをよく気にする。バランスのことは考えない笑

色は音楽でいうと音だ。音をどう使うかを気にするのは当たり前なこと。効果を得るにはその機能とか仕組みを知る必要がある。一番遠い音間は減5度(=増4度)。一番近いのは半音。なのになのに...人間の耳は近い方が激しく反応するもんで、コードが減5度変わってもよくわからない。素人の耳では何がどう変わったかがほとんどわからず、相当な音楽通でも、こうした動きのある曲を聴くと「あれ?なんか大人な雰囲気!」と感じる程度で何がどうなっているのかは説明できないだろう。だが、主音が半音だけ動くと誰もが「大きく変わった!」と感じるのだから、人間の耳って面白い。大きな距離より近い距離の方がギャップを感じやすい。矛盾のようだがCコードにとってFの方がGbよりも「ずっと遠く」感じられるのは、そのせいだろう。それを利用して裏コードやクロマチック・アプローチを作曲家たちは生み出したんだよな。詳しくはジャズのメルマガ読んでねーん。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
タグ:JAZZ コード music
posted by Foomy at 22:19| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ネタを知る事のススメ

ルーツ音楽の大切さ、「元ネタ」を知る必要性について、
いつも生徒さんたちにも話していますが、
具体的にどのように掘り下げればいいのか、
先日のベース・ワークショップでも聞かれたので、
無料メルマガで紹介します。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


posted by Foomy at 03:03| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

セミナー中に出た質問:『ツーセブン II7』

「通常ツーファイブワンの進行はUm7-X7-Tなのになぜ時々U7-X7-Tはツーの場所がII7になったりするのでしょうか? 」

前回のセミナーで受けた質問です。受講者の皆さん、お疲れ様です。たくさんの質問をありがとうございます。質問されるためにもやっているようなものなので、たいへん参考になります。

日本人のジャズミュージシャンがカントリーを演奏する時に、「まさかのツーセブンが来てびっくりです、ツーマイナーじゃあなくて!」と戸惑って見せることがあるが、これはそもそもジャズから来ているコードである。これをラグタイム・コードとも呼んで、1930年代ごろから普通にやっている。こうなると一体ジャズが先なのかカントリーが先なのか、という話になるが、それはひよこが先か卵が先か、というのと同じ問題であって、一つ確かなのはどちらとも昔はダンスミュージックであって、スイングと言っていた。ぶっちゃけジャンルの名付けはレコード会社が決めたものであって、音楽の本質とは関係ない。ジャズにもスイングするものとしないものがあるわけで、それはブルースやカントリーに関しても同じである。話をツーセブンに戻すと、ラグタイムコードはこの辺のことを意味する:II7 | V7 I7

カントリーでは曲の最中に来るが、元々はこのようにトニックへ解決するような時にくる。
||: IV7 #ivdim7 | I7/5 I7 | IV7 #ivdim7 | I7/5 I7 |
IV7 #ivdim7 | I7/5 VI7 | II7 | V7 I7 :ǁ

ちなみにこの進行はストンプと呼ばれる。日本のドラマーに好まれるジャンルのようだが、ストンプもジャズだけでなくカントリーミュージシャンにたいへんよく使われるソング形式にすぎない。

詳しくはメルマガを購読ください。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 18:06| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする