カテゴリ
生活(1341)
(2885)
音楽(302)
雑学(48)
ドイツ(37)

2017年06月13日

モードが入れ替わる

ダイアトニックと思いきやすぐ転調したり、
かといってトーナルセンターがちゃんと主張していて、一体何が起きてるのかわからない、ジャズって難しいな、
と思われる方、多いと思います。だけども実は、何が起きてるのかさえわかっちゃえば、案外と簡単なんですね。
簡単すぎて病みつきになっちゃいそうですが、何が起きているかというと、一つのコードプログレッションの中で
モードが入れ替わっているだけなんです。これをモーダル・インターチェンジと呼びます。難しく聞こえますが、
簡単に覚える方法を教えます!キーがCメジャーの時にFマイナーのトライアドを使うことは、
Gメジャーの時にCマイナーのトライアドを使うのと同じことで、
どちらもiv(サブドミナントマイナー)の機能を果たす。
DメジャーにDmトライアドを使うのも
DbメジャーにDbmトライアドを使うのも、同じで、
どちらもi(トニックマイナー)の機能を
果たすからです。これらのことをモーダル・インターチェンジと呼びます。
詳しくは、メルマガを読んでくださいね。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:music JAZZ
posted by Foomy at 18:25| 東京 🌁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

プロとアマ、ここが違う?!



プロとアマの決定的な違いを徹底的に分析しました。

アマの特徴を知りたい方は無料メルマガ

プロを目指したい方は有料メルマガ

を読んでくださいね。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:バンド music 仕事
posted by Foomy at 16:11| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

ボブ・ディランVSジミー・バフェット

日光浴しながらジミー・バフェットの伝記を読み終えました。

最近ボブ・ディランと同じ場所でコンサートやったそうです。ボブ・ディランはいろんな人とツアーしてますが、それにしてもファン層も違うでしょうからそこらへんどうしたのでしょうか。ディランファンを英語でディラノロジストと言います。バフェットファンはパロットヘッドと言います。前者は野球とゴルフと美術館巡りが好きで、後者はヨットと飛行機とスポーツイベントが好きです。ディランは「男は、あといくつの道を歩けば皆と平等に扱われるのだろう」と歌い、バフェットは「俺は特に個性的でもなければきちんとした人間ってわけでもない、ただの天国のチーズバーガー」と歌っています。そんなボブ・ディランの一番好きな現役シンガーソングライターがジミー・バフェットだと知ってさすがにデッキチェアから落ちそうになりました。ボブ・ディランどころかウェイロン・ジェニングスまでもがジミー・バフェットのファンだったことが判明し、本当にデッキチェアから落ちちゃいました。

詳しくはこちら:
■「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 17:48| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「英語がわかればアウトロー・カントリーがもっと楽しくなる?!」





「英語がわかればアウトロー・カントリーがもっと楽しくなる?!」

と思われる方も多いでしょう。

しかし、これは普通のカントリーやロックやブルースやポップスや
フォークやゴスペルやミュージカルに関しても同じことです。
ただ、アウトロー・カントリーに関して言えることは、英語がわからなくても
楽しめる、ということです。

英語が苦手な人でも楽しめるアウトロー・カントリーの聴き方を教えます。
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


それでも英語にこだわる方には、この私が英語を教えますよ。
発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
posted by Foomy at 12:30| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

ベースのFAQ

CC9003D3-030C-45AE-98D7-267E1F10C16C.jpgブックエンドスタジオ2017年サマー・セミナー
インプロヴィゼーション・コース  3日間集中(連続)コース

コース情報

インプロヴィゼーション・コースを、極めて短期間での受講を希望されている方にとって朗報です。
今回、通常1年掛けて学ぶインプロヴィゼーション・コースを、3日間に凝縮いたしました。
3日間でアドリブに必要不可欠なスキルを、座学ではなく、
アンサンブルやエクササイズなどを通して学ぶスタイルで習得していくことが出来ます。
日頃多忙で時間が取れない方でも、インプロヴィゼーション・コースの効果をそのまま体得できる絶好の機会ですので、
このチャンスを逃さずチャレンジして下さい。
この集中コースは、クリエイティヴなベース・プレイヤーへ
と成長するための大切な最初のステップになります。

この3日間集中コースでは、変化の多いキー、コード、リズムに
臨機応変に対応するスキルを習得します。
周囲の音に対しフレキシブルに反応し、変化の激しいメロディーをサポートして時には
自分のソロでリードしていく方法を学びます。
この集中コースを修了すると、創造性豊かなインプロヴァイザー、
クリエイティブにベースラインを組み立てられるベースプレイヤー、
知性を備えソロが取れるミュージシャンとなる準備が整います。
この集中コースでは、学んだスキルをご自身のバンドやセッションなどのライブや仕事で実践していきます。
それにより、自らの習慣をより成果の上がる方向に変えていく事ができるのです。

参加対象者:初心者〜中級者〜プロ
自分のパフォーマンスを最大化、より自由なインプロヴァイザーとなり、
ジャム・セッションや自分のバンドにもっと高い価値をもたらしたいと思っている、
あらゆるレベルのミュージシャン、社会人、学生。
3日間でベース・スキルを習得したい方(例えば、バンドで忙しい人や音楽業界に携わる人、
遠方にお住まいで普段ブックエンドスタジオに通えない方、
毎週のベース・レッスンを受講できない多忙な社会人など)。

無料メルマガ、朝9時ごろに配信します。

FAQあーお


あなたは何フェチですか?
声と靴フェチかな。



慰問ライブしたことありますか?
あるよ。刑務所と老人ホーム。



(相手を自分より)上か下かで見ますか?
見ないね。強いて比べるならマズローの欲求5段階説で見るかな?


笑顔って大事ですか?
昨夜やっぱり笑顔は大事だと思った。
私、譜面見てないから観客の表情はすごくよく見てるのね。
自分の演奏は大事だけどやっぱり聞きにくる人が嫌な思いするのは嫌だから…究極的にはそれしか考えてなかったりする。
全然笑わなくても終わって握手しにきて楽しかったですとか言いにきてくれるとホッとしたりするんだよね。


お母さんの作る料理で好きなのは何ですか?
ないの。

FAQ『あ〜お』ベース版の答えを知りたい方は無料メルマガ登録お願いします。
無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
ラベル:メルマガ music
posted by Foomy at 03:27| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

トロピカル・カントリー

最近、ある音楽ジャーナリストが書いたジミー・バフェットの伝記を読んでいます。
ジミー・バフェットも音楽ジャーナリストだったんですね。
同業者の書いた伝記...面白いです...

特に、あの放送禁止の曲をヒットさせてしまった由来の話が面白すぎます。

ジミー・バフェットがこの曲を書いた時、
ウェイロン・ジェニングスのピンボール仲間・ソングライターのトムパル・グレイザーから、
「こんな歌詞はカントリーじゃねえ!」と言われたそうです。
それに対してジミー・バフェットは、「でもカントリーと言えば3コードに真実って言うじゃない?」

ナッシュヴィルの保守的なプロデューサーにも「キャリア・ダウンするぞ」と助言されました。
それに対してジミー・バフェットは、「そもそも俺にはキャリアがスタートしてない。
ダウンどころかキャリアが始まってないのだから、アップもダウンもない。」と。

面白いことに、この曲は放送禁止とされたにも関わらず、ジミー・バフェットの
トレードマークになりました。

その曲は、ブログではちょっとキツイので、
メルマガで紹介しますね。

今夜は阿佐ヶ谷ジャンブジャンブでライブですよ〜

そして明日は笹塚リバティーベルです。

気が向いたら、ジミー・バフェットもやるかもです。

子安フミ




■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html



ブックエンドスタジオ2017年サマー・セミナー
インプロヴィゼーション・コース  3日間集中(連続)コース

コース情報

インプロヴィゼーション・コースを、極めて短期間での受講を希望されている方にとって朗報です。
今回、通常1年掛けて学ぶインプロヴィゼーション・コースを、3日間に凝縮いたしました。
3日間でアドリブに必要不可欠なスキルを、座学ではなく、アンサンブルやエクササイズなどを通して学ぶスタイルで習得していくことが出来ます。
日頃多忙で時間が取れない方でも、インプロヴィゼーション・コースの効果をそのまま体得できる絶好の機会ですので、このチャンスを逃さずチャレンジして下さい。
この集中コースは、クリエイティヴなベース・プレイヤーへと成長するための大切な最初のステップになります。

この3日間集中コースでは、変化の多いキー、コード、リズムに臨機応変に対応するスキルを習得します。
周囲の音に対しフレキシブルに反応し、変化の激しいメロディーをサポートして時には自分のソロでリードしていく方法を学びます。
この集中コースを修了すると、創造性豊かなインプロヴァイザー、クリエイティブにベースラインを組み立てられるベースプレイヤー、
知性を備えソロが取れるミュージシャンとなる準備が整います。
この集中コースでは、学んだスキルをご自身のバンドやセッションなどのライブや仕事で実践していきます。
それにより、自らの習慣をより成果の上がる方向に変えていく事ができるのです。

参加対象者:初心者〜中級者〜プロ
自分のパフォーマンスを最大化、より自由なインプロヴァイザーーとなり、
ジャム・セッションや自分のバンドにもっと高い価値をもたらしたいと思っている、
あらゆるレベルのミュージシャン、社会人、学生。
3日間でベース・スキルを習得したい方(例えば、バンドで忙しい人や音楽業界に携わる人、
遠方にお住まいで普段ブックエンドスタジオに通えない方、
毎週のベース・レッスンを受講できない多忙な社会人など)。

概要

一日目:
レッスン1 ソロの耳コピ
レッスン2 コードの耳コピ
レッスン3 スケールのワークアウト
レッスン4 コードのワークアウト・アンサンブル
二日目:
レッスン5 ソロの耳コピ
レッスン6 コードの耳コピ
レッスン7 スケールのワークアウト
レッスン8 コードのワークアウト・アンサンブル
三日目:
レッスン9 ソロの耳コピ
レッスン10 コードの耳コピ
レッスン11 スケールのワークアウト
レッスン12 コードのワークアウト・アンサンブル


神奈川県川崎市, 登戸新町463 ブックエンドスタジオ1F

2017年 8月 11日 金曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

2017年 8月 12日 土曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

2017年 8月 13日 日曜日
13:20 - 19:45 料金:12,000円

お得な割引:
1日・12,000円が全3日間申し込むと30,000円になります。

申し込みは:bookendstudio@gmail.com
子安フミ http://foomykoyasu.com/


posted by Foomy at 03:16| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

マール・ハガード

エルヴィスは784曲をレコーディングしました。作曲でクレジットされていますが事務所から共作の名前を出すように命じられていただけで、実際のところ曲を書いてません。 スタジオでも彼は自主性のない操り人形でした。ザ・ビートルズは 409曲をレコーディングしました。そのうち、 172曲はカヴァー曲で237曲は彼らが書いたものです。マール・ハガードは 1,033 曲をレコーディングしました。 彼は約4,000曲を作曲しました。

エルヴィスはエンターテイナーでした。彼は『女の子』と『恋』について歌いました。ビートルズはミュージシャンでした。そして彼らは『愛』、『ドラッグ』、『言語遊戯』を歌いました。マール・ハガードは、『人生』を書いて、歌いました。

ウィリー・ネルソン、新しいアルバムのGod's Problem Childの最後の曲がマールに捧げた曲なので、それをメルマガで訳しました。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

posted by Foomy at 02:16| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

知っておくべき『50のベースライン』(ランキングではありません)



1.Temptations - My Girl(私は女だから)
2.Queen - Another One Bites the Dust ( E minor)
3.King Curtis - Memphis Soul Stew
4.B.B. King - The Thrill Is Gone
5.Roger Miller - King Of the Road
6.Stevie Wonder - The Place In the Sun
7.Ben E. King- Stand By Me
8.Stevie Ray Vaughan - Pride And Joy
9.Solomon Burke - Everybody Needs Somebody to Love
10.Rolling Stones - Jumpin' Jack Flash
11.〜は、メルマガで紹介します


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:バンド
posted by Foomy at 03:04| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

16小節同じコードが続くときのカウントの仕方

『ソー・ホワット』のような、AABAフォームでコードの動きが殆どない曲の簡単な数え方を教えます。

この曲の場合は、コードがマイナーセブンつまりドリアン・モードですが、
それを無視してあえて”メロディック・マイナー"つまりトニック・マイナーとして捉えましょう。
こうなると、一気に使える音が増えます。

もちろん-7も-6も今まで通り適度に使って構いませんが、
+7と+6の使用によってこれで使える音の可能性が広がります。

特に『長7度』を混ぜるのがとてもとても大きなポイントです。
で、Dm7をDmというふうに捉えて
Dmがまずトニックだ、と考えるんですね。

するとDmのツーファイブはEm7b5とA7b9になります。

つまり、Dmを弾いた後、Em7b5 A7b9を弾く。

マイナーのiiはハーフディミニッシュ、Vはセブンスコード。
下記のフォーミュラを応用してみると、16小節はあっという間です。

1小節目はドリアン、2小節目は ii(b5)、V7(b9)下がる
3小節目はドリアン、4小節目は ii(b5)、V7(b9)上がる

もちろんこれはただの一例で、他にも数々の方法があります。
詳しくはメルマガを読んでくださいね。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html


ラベル:JAZZ
posted by Foomy at 12:26| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

Jポップの特徴

Jポップは、なかなかどの曲も似たり寄ったりでその曲の特徴がつかめないのが、Jポップの特徴だったりしますが、その理由を音楽的にアナライズしてみますとこういうことになります。

1、転調が多い
2、元ネタがバレないようにするためなのか、メロディーと関係の薄いコード進行が多い(謎のコード進行)
3、無理やり英語を使うことが多いが、効果的に使えていない
4、3のせいでリズムが不自然

素人が好きでJポップを聴くのは止めませんし止めることもできません。嗜好は自由ですから。

しかし音楽を学ぶ者がJポップスばかり聴いていた場合は、なかなか進歩できません。理由は、

上にも書いた理由のため、なかなか『軸』ができ難くなります。軸とは、トーナルセンターのことです。ドイツ人もアメリカ人もクソな音楽聴きますし、それは自由ですが、彼等はとりあえずトーナルセンターをなんとなしに持っています。何故ならば西洋のダメダメポップスはJポップ程に曖昧に作られていませんから。Jポップはエンディングが思いもがけない形を取ってしまったり、曲の最中に唐突な回転が起きやすく、その展開があまりにも多いがために、人間の耳に大変な混乱を起こしています。このような調整が曖昧な音楽ばかりを幼児時代に聴き続けてきた大人は、なかなかダイアトニックスケールを身に付けることができずに、ルーツ音楽がピンとこないままになってしまいます。
食べ物に例えると添加物ばかりのものを食べて育って舌が麻痺した感じです。一度、脱添加物で身体をリセットするような勢いで脱Jポップを薦めます。もちろんそのままずるずるとオリジナルバンドでオルタナ系やフリージャズやモーダルジャズやフュージョンやプログレへ走るという手もありですし、なぜ日本人がここまでジャズを愛すかがわからなくもありません。それは、Jポップと似てる点として転調が多くてトーナルセンターが曖昧なことが多くて日本人の耳には居心地よくてかつエキゾティックで刺激的だからです。レトルトやファストフードを食べで育った人がファストフードをやめるとやたらとタイ料理や韓国料理やらその他のエスニック又は無国籍料理に走って刺激を求めてしまうでしょ?しかし、つまらないかもしれないけど、一度耳をリセットさせて、ルーツ音楽を通してダイアトニックを覚えましょう。トーナルセンターを身に付けるということは、音楽を学ぶためには、ビジネスを身に付けるためのコミュニケーションスキルと同じぐらい必須ですから遅かれ早かれ誰もが立ち向かうことになるんですよ。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法

http://www.mag2.com/m/0001661492.html



posted by Foomy at 04:57| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする