カテゴリ
生活(1404)
(2907)
音楽(371)
雑学(50)
ドイツ(45)

2018年06月21日

札幌へ

フロイドヴァンラニンガムとのジャパンツアー、
1回目は九州、
2回目は中部関西、
3回目は北海道。
いよいよ明日から北海道です。
サッポロビアドリンキングツアーについて
詳しくは下記のウェブサイトをご覧になってください。
posted by Foomy at 00:57| 東京 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

ジャズ以外におけるディミニッシュセブンスコード

昨日からクラシック音楽大国オーストリアへ来てます。マーラー、ブルックナー、ハイドン、そして勿論モーツァルト、ヨハン・シュトラウス、ベートーヴェン、シューベルト、チェルニー(笑)…数々の作曲家を育てた音楽の都ウィーン。生まれや出身は必ずしもウィーンとは限りませんが、例えばボン生まれのベートーヴェンは35年をウィーンで過ごし、ここで名作を作った訳ですから、ウィーンの作曲家であるには間違いありません。モーツァルトは保守的なドイツでは受け入れられず、ミュンヘンでは作曲コンペで敗けたほどです。
未だにドイツ人はベートーヴェンもシューベルトもドイツ人だと言い、オーストリア人は、いや、彼らはウィーンで活躍したのだからオーストリア人だと言う。まるで、キムチは韓国のものが日本のものか、と言ってるようなものですね。(笑)

メルマガ配信 します。http://www.mag2.com/m/0001661492.html
テーマはクラシック音楽におけるディミニッシュセブンスコード。とは言えセブンスコードと何の関係もありません。
posted by Foomy at 17:16| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

ジャズコードを聞き取る耳の育て方

メルマガ配信します。テーマはジャズコードの聞き取り。
前回は和音が聞き取れるための耳の育て方について書きましたが、
今回はアッパーストラクチャー・トライアドとローアーコードの聞き取り方、
テンションやオルタードの聞き取り方の方法を教えます。



ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 03:03| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

カントリー・ソングの覚え方



プロミュージシャン、アマチュアのみならず英語の苦手な日本のカントリー&ウェスタン初心者のための耳コピがマスターできる3つのやり方

カントリー・ソングの覚え方

その1『アコギを弾くこと』

『カントリー・ソングの覚え方を知りたい』
『カントリー曲の完コピが苦手』
と思われる方が、日本には多いようで、
これをテーマに調べてみました。
私は当然ながらパンク、ヒップホップ、ラップ、レゲエ、ロック、カントリー
に関しては歌詞から覚えるのは当たり前なものである、
と信じてました。

が、グーグル検索すると、意外にも、
こんな事実が発覚していました:

ジャズ』のスタンダードに関しては
『歌詞』から覚えるのが手っ取り早い。実際、
あるバリバリのジャズドラマーは、
歌詞を全て知っているのだとか。
また、実際にオマー・ハキムと友人である知人の話によると、
オマーは、一人ではどうしようもないドラムしか叩けないのだとか。
彼は、歌(とか素晴らしいメロディー楽器のソロとか)が始まってくれないと
グルーヴできないのだとか。

その話を聞いてますます私はオマー・ハキムを好きになりました。

で、カントリーはどうなるか?

そのことを調べると、
1ー素人は、歌詞から入る。だからカントリーは失恋や絶望の話ばかりだと信じる。
2ーミュージシャンは、ギターから覚えようとする。なぜならばコード進行が、
あまりにも素晴らしすぎるから(残酷な歌詞の裏腹)

そんなわけでカントリーソングの覚え方、
これこそが英語を知らない日本人の一番苦手分野なので、
調べると…


やはりプロミュージシャンにとってカントリーで金を稼ぐにおいては、
アコースティックギターから入るものだ。

ということでした。

で、リストを調べると…

ミュージシャンなら誰でもギターで弾けなくてはならない典型的なカントリースタンダード

という検索結果と...

興味ある方はメルマガを読んでくださいね。


■英語を学ぼう![ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法]
 http://www.mag2.com/m/0001646433.html

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 00:44| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

オン・ザ・グリーン・ドルフィン・ストリート



"オン・ザ・グリーン・ドルフィン・ストリート"は1947年にポーランド出身の作曲家ブロニスラウ・ケイパーとヴォードヴィルのMC
ネッド・ワシントンが作詞・作曲したスタンダード・ナンバー。
最も有名なヴァージョンはマイルスが1958年にレコーディングしたもの。
本来この曲はイギリスの作家エリザベス・ガウジの小説『グリーン・ドルフィン・カントリー』のオマージュだとされます。
 
メルマガでは"オン・ザ・グリーン・ドルフィン・ストリート"のアドリブ法を紹介します。
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 02:31| 東京 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

上達を妨げるたったひとつの原因

ジャズのメルマガ配信中です。今回のテーマは初心者、中級者、アマチュア、教師、音大生、レッスン生、
多くの演奏家が永遠に持ち抱える『上達を妨げる要因』。例外無しにたったひとつの問題が、障害になっているのです。
これを改善するには楽器も譜面も使いません。ピアノすら要りません笑

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 15:33| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

食べられないもの

地方のライブハウスのオーナーに、ウチの米国人歌手の食べられないものを聞かれ、本当はあの人ギターのことしか考えてない単なるギター少年なんだけどとりあえず旦那は、「サッポロビール、辛口のワイン、日本酒、フライドポテト・チキン、ハンバーガー、なら大丈夫です。でも、あまり気にしないでください〜」と返した。最後のセンテンスは不要な気がした。何故ならば気にして欲しいから。しかし、メンバーに一人でも『外人』がいると、ちゃんとこのような気遣いがあるのだ。食わず嫌いのクローセットジャーマンの私としては非常に有難いことだ。良いツアーになりそうだ。

ツアー詳細

2018 May 5月

10(Thurs) Little Texas 目黒
11(Fri) Younger Than Yesterday 横須賀
12(Sat) ジョアンジョアン 豊田市
13(Sun) Flapper House 西宮
20(Sun) Outlaw Saloon 横須賀


それぞれの日程の詳細は、追ってアップデートする予定です。


とりあえずは目黒でお会いしましょう。

5/10(THURS) Live @Little Texas
2018年05月05日
Every 2nd Thursday night live @ Little Texas, Meguro, Tokyo!!!
毎月第二木曜は目黒リトルテキサスにてライブです。
今月は10日!

[Band member]

Floyd : vo. & guitar
Shinji Segawa : vo. & bass
Michiyuki Takamiya : guitar
Foomy Koyasu : fiddle
Junji JB Kaimori : drums

open: 18:30
starts: 19:10
music charge: ¥2,200

・Foods & Bar・
Little Texas リトルテキサス
東京都目黒区目黒1-5-19
目黒第一ビルB1F
03-3492-6677

アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 12:39| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

バンドを長続きさせるためのヒント



バンドを長続きさせるためのヒント

プロ・アマ問わずのライブミュージシャンたちのバンド(デュエットもバンドと言いたいところですが、
それについてはまた後ほど)をできる限り長続きさせるための秘訣について、無料メルマガでご紹介します。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html


1.リーダーを決める
2.タイムマネジメント、健康管理ができている
3.準備ができている
4.ゴールを決める
5.敬意を払う
6.友達や恋人や家族を巻き込まない
7.音量を抑える
8.自分の間違いを見極める
9.会話する
10.録音・録画する
11.自分に厳しく
12.機材のセットアップとバラし方を速やかに
13. 音作りを厳重に
14. 機材、教育にお金をかける

私自身の失敗に基づいてのアドバイスですが、
特に、リスペクト!これ、大事。バンド仲間には常に敬意を払いましょう。
経験上、誰かを軽蔑したり、今はダメだけどそのうち良くなるだろうと願っていたりすると、
うまく行きません。他人は、自分の思い通りになってくれないのです!
なので、バンドのメンバーは、絶対に敬意なしでは続きません。
敬意を感じなくなれば、解散です。
逆を言えば、敬意を持てない人は、絶対にバンドに誘ってはいけません。
私も昔は「今は下手だけどいつか上手くなるだろう」というイマイチな人に希望や見込みを持って
教育的配慮でバンドに誘って、後でとても苦い思いしましたから。

自分を犠牲にして相手を教育しようとすると、絶対にあとで後悔します。間違っても、尊敬できない人とはバンドを組まないでください。友人まで失うことになりますよ。
ラベル:バンド
posted by Foomy at 01:17| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

ジャズ界で最も過小評価されているコード



4月16日(月)配信のメルマガに、
『ジャズ界で最も過小評価されているコード』
を紹介します。決定的にジャジーな一音…その一つの音だけでジャズフレーズを作れるような、
テンプレートを見せます。

ジャズ好きの皆様!どしどしご登録ください😍
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 03:07| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

カントリー・ダンスその2 〜テンガロンハットとカウボーイブーツには、それなりの意味がある〜



メルマガ カントリー・ダンスその2
〜テンガロンハットとカウボーイブーツには、それなりの意味がある〜

配信します。

ダンサー達は、踊りたい曲をバンドにリクエストし、それをバンドに演奏してもらうために
投げ銭を払っていました。一曲ごとにいくら支払っていたかは、ダンサーの気持ちの問題でしたが、
演奏家としては、羨ましい話です。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 21:05| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする