カテゴリ
生活(1360)
(2893)
音楽(319)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年10月20日

歌詞の冒頭

カントリーソングの一番最初、出だしが気になります。

スティング、キースリチャーズ、クラプトンも虜になったカントリーソングの出だし。

前置きが殆ど無くて潔く始まる。。。 

リスナーはコーラスの部分を気にしているように見えますが、

実は冒頭が印象的でないと曲に入っていけないと考えます。

これは無意識の部分への働きかけなのですが、 

カントリーミュージックはアメリカ国民の“無意識の声”だと言えます...


ベストの出だしを紹介しますね:http://www.mag2.com/m/0001665793.html




人生を生きる価値のある物は二つある、調整の合ったギターと張りのある女たち


最も印象深い出だしの曲はこれ。

1977年というアウトロームーヴメントの真っ只中、

いったん"back to the basics" 初心に戻ろうよという

呼びかけです。


人間にとって最も重要なものは金でも名誉でも大きい都会でもなく、

なるべく多くの良い楽器と異性と肉体関係を持つことだそうです。

まだエイズの問題が広がる前の時代ですからね。


ちなみにウェイロン・ジェニングスはどこかのライブで

“人生に生きる価値のあるものは三つある、

調整の合ったギターと張りのある女たちと、女たち”というふうに変えています。


つづきはメルマガで紹介します。http://www.mag2.com/m/0001665793.html



posted by Foomy at 13:20| 東京 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

速いテンポのフレーズの覚え方



手が右も左もついてけないほど速度で困難なフレーズを弾けるようになる秘訣とコツををメルマガで紹介します:
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 02:33| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

「アイ・ガット・リズム」

ジャズのスタンダード中のスタンダード「アイ・ガット・リズム」の歌詞と曲を書いたジョージ・ガーシュウィン&アイラ・ガーシュウィンはロシア人でした。ガーシュウィン、ジェリー・リー・ルイス、エヴァリー・ブラザーズ、ビーチ・ボーイズ、ビートルズ、ウィリー・ネルソンの共通点は何でしょう....

答えはメルマガに書きました。


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
posted by Foomy at 01:52| 東京 ☔| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

大声で歌う客は迷惑か?



前回に引き継いで、某芸能人による「あなたの歌を聞きに来ているのではない」発言について、私の考えを、本日午前中に無料メルマガでお伝えします。

無料なので、冷やかしでもよろしいので、一度登録して読んでみてください。

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html



有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1



posted by Foomy at 03:22| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

トム・ペティ〜その2



前回のブログ記事で私のトム・ペティは私のティーネージクラッシュだったと書きましたが、
音楽的にも、周りの人たちがうんざりするほど影響を受けた一人です。

ミュンヘン・シュタイナー学校7年生の時、学校の大通りレオポルド通りの店ウールワースの雑誌コーナーで
いつもの週刊誌『ブラーヴォ』を立ち読みしていると、
私が意識していたスージー・クワトロが一番好きなアルバム10枚をあげていたんですね。
自分の好きなアーティストの好きなアーティストを聴くことに、私はこだわっていたので、
即座にスージー・クワトロの一番好きなアルバム10枚を聴いてみようと思ったんです。
運よく10枚ともゲットできましたが3枚しかピンと来なかったです。
そのうち一番ハマったのはトム・ペティーのデビュー作"Tom Petty and the Heartbreakers"...私のレベルに
ちょうど良かったんですね。

これを聴きまくってギターの完コピしました。ずっとずっと後になって「マイナーペンタトニック」、「マイナーセブンスコード」、「ブルース」、「カントリー」を知りました。とにかく一ヶ月間こればっかり聞いてました。
そのアルバムジャケットをフェイスブックにアップすると、瞬時に、あの一ヶ月間、私が完コピしている時にそばで本読みながら付き添ってくれた友達が、それに「いいね」をつけてくれました。

このアルバムは、彼が大スターになる前の作品ですから、私は、ちょっとした優越感に浸っています。

RIPトム・ペティ


■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html

■ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックエンドスタジオの無料メルマガ【頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!】
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
ラベル:アウトロー
posted by Foomy at 02:11| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

今更聞けない平行調とかの話



平行調と関係調の違いがわからない

そもそもマイナー って大事?

という質問、したくてもできない人のために、
簡単な覚え方をこっそり教えます。

詳しくはメルマガを読んでねー。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html



ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 04:14| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

カントリー歌手とフィドルの役割



カントリー歌手とフィドルの役割は、カントリー歌手は歌詞の内容をわかりやすく伝えることで、
フィドラーは歌手の歌心を引き立てることだそうです。
アウトロー・カントリーのメルマガの購読者が一名増えました。どなただか知りませんが、ありがとうございます。
私の一番の喜びは一人でも多くの日本人に、アウトロー・カントリーを好きになってもらえることです。

今回はカントリー&ウェスタンの最強のルーツに当たる国、

カントリー&ウェスタンでもっとも重要なのはなぜヴォーカルの歌詞とフィドルなのか、

カントリー・シンガーの役割は何なのか、

ギター、ピアノ、ペダルスティールの役割は何なのか、

について、メルマガを読んでくださいね。


アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html


■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html

■ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックエンドスタジオの無料メルマガ【頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!】
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com
posted by Foomy at 01:29| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

フォーク

本来ならフォークミュージックでよく使われる言葉を紹介するつもりでしたが、あまりに幅が広すぎたので、週刊『アウトロー』では、フォークとは何か、イギリスとアメリカのフォークの違いは何か、そして、なぜフォークが重要なのか、について説明します。リサーチしているうちに無性にアコギが欲しくなりました!
posted by Foomy at 23:56| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

ポピュラー・ミュージックで英語を学ぼう!〜ジャズの歌によく出てくる言葉



ポピュラー・ミュージックで英語を学ぼう!〜ジャズの歌によく出てくる言葉

ジャズは当時のポップス、フォーク、ブルース、映画音楽のものが混ざっているので、
実のいろんな種類の言葉が出てきます。

中でも主に目と関係あるもの、
空、または空にあるもの、
大都会、友情または愛情、曇りか雨の多い季節、夜をテーマにしている曲が多いです。
気分は情緒的、都会的、国際的、奇妙でロマンチックです。



Dream, Eyes, Tears, Cry

Sky, Clouds, Star, Moon, Rainbow

New York, Paris

Friends, Love, Roses

Autumn, April, September

Funny, Beautiful, Sentimental, Strange

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 02:56| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

ポピュラー音楽でよく使われる英単語その3『ソウル』



Soul, Country and the USA: Race and Identity in American Music Culture

によると、ブラック・コンテンポラリーと呼ばれる最近のソウル(やR&B)・ミュージックでは、
しばしば白人への敵対心を表す歌詞が使われている、とのことです。

カントリーでのメインテーマが失業でブルースのメインテーマが失恋であるとすれば
ソウル・ミュージックのメイン・テーマは『アイデンティティーを失
いたくない』。
ソウル系の歌詞には、ブラック、ホワイト批判、カントリー批判、(ノー・)ソウル、というような
白人に対する敵対心を表す言葉が大変よく出てきます。
ブラザー(黒人の男性)、シスター(黒人の女性)、などの表現によって
アフリカン・アメリカン同士の連帯感を表すメッセージがほとんどです。
それは挑発的で批判的ですが、とてもストレートでドラマティックで、
この辺はパンクやメタルのメンタリティーと似ていて、
カントリーやブルースにあるようなユーモアに欠けています。

最もソウル・ミュージックでよく使われる英単語は:

1、Papa
ジャクソン・ファイブ、ジェームス・ブラウン、フォートップスを始めとする
ソウル・ミュージシャンは実に『父さん』『パパ』を多く使います。

2、Lady
マーヴィン・ゲイを始めとするソウル・アーティストは、
自分の父さんとは色々問題ありましたが、
女性のことは大好きで、敬意を払っていました。

3、Prayer, God
アル・グリーンを始めとする多くのソウル・ミュージシャンは、
大変信仰深かったりします。

4、Black, Africa
一時アイデンティティー・ロストした元アメリカ難民は、
自分のルーツを追求しています。

5、You
カントリーソングは『I』がやたらと多いですが
ソウル・ミュージシャンは『You』をよく使います。

6、Gonna
カントリーソングでは『ガタ』gottaがよくでましたが、
gottaは過去形、gonnaは未来形です。
人称なしにgonnaを使うところがアフリカンアメリカンの面白いところです。


■英語を学ぼう![ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法]
 http://www.mag2.com/m/0001646433.html

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
ラベル:SOUL
posted by Foomy at 04:58| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする