カテゴリ
生活(1420)
(2907)
音楽(372)
雑学(50)
ドイツ(45)

2017年12月26日

最高な贅沢:孤独


酒と本と食

昨日はクリスマス。皆さんはどのように過ごしましたか?
私は、自分の一番好きなことをして過ごしました。
それは、寝る、読む、遊ぶ、飲む、食べる...です。

昼は横須賀基地で典型的なアメリカン・クリスマス・ディナーに招待されました。そう、昼でもディナーと呼ぶことができるんです。
私がアメリカで気に入っているのは食事がブッフェ式である、ということ。だから、好きなものしか食べないで済むんです。シャンパンはイマイチ冷えてなかったので、水に入ってた氷をスプーンでシャンパングラスに移しても誰も何も言わない、これがアメリカの良いところです。
ちなみにここでの目玉はブレッドスタッフィング。ターキーに入れてあるパンの詰め物なんですが、
それにグレーヴィーソースをたっぷりかける、という仕組みです、グレーヴィーソースも、
これまたヨーロッパでは肉汁と赤ワインとバターを使うのですが、アメリカ式は
日本と同様、大量の小麦粉でトロミをつけてるんですよね、これ、邪道なんですが、美味しい。
完全な炭水化物なんですね。でも良いんです、クリスマスだから。

帰ると寝巻きに着替え、化粧を落とし、
ベッドに入り、老眼鏡をかけ、まずゲームして、ずーっと読みたかった本を、やっと読むことができました。
途中で眠くなったので居眠りし、目覚めると外はもう真っ暗だったので、
一旦起きて大好物の餅を焼いて食べました。父がチャーハンを作ったのでそれも食べました。
そしてまたベッドに潜ってゲームして、少し寝て、本を完読しました。
本が凄く面白かったので、同じ作者の別の本も読みたくなり、
アマゾンで書評を読んだら、けちょんけちょんに書かれていたので、
益々シンパシーを持って、迷わずダウンロードして、読み始めました。
読んでる最中、旦那が楽器屋から帰ってきたので、
Gパンに履き替え、コートを羽織って彼と一緒に近所の行きつけのイタリアンへ行って
美味しいワインを飲んで私の大好物のピッツァ・マルガリータを食べました。旦那は旦那の大好物の肉を食べてたっけ。となりの席では若いカップルが同じフルコースのものを食べてました。世間のカップルはこのような祝い方をするんだなあ、と思いながら、羨ましくなかったです。
家に戻ると旦那は爆睡したので私は二冊目の本も完読しちゃいました。
それに関連する別の著者の本を読み始めました。
それも3時半に読み終え、ようやく寝入りました。

炭水化物、ワイン、本、ゲーム、ベッド。身体に良いかわからないけど、
ベッドでゴロゴロしながら一番好きなことをして、一番好きなものを飲み食いできるって、
なんて贅沢なんでしょう!
最高のクリスマスでした!

さあ、これからはストイックにジャム・セッションです、時間あるかたは
今夜7時半頃から祖師ヶ谷大蔵コンプレックスバーIkedaで飲み会兼ジャムセッションをやっていますので、
遊びにきてくださーい。
ラベル:哲学
posted by Foomy at 13:11| 東京 ☀| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする