カテゴリ
生活(1360)
(2893)
音楽(317)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年06月16日

わかりやすい世界の宗教…その8

ここまで世界三大宗教の話ばかりをしてきましたが、ちょっとお休みしてちょっとマイナーな信仰を紹介しましょう。


オーディンは、北欧神話の主神にして戦争と死の神です。それから詩文の神でもあり吟遊詩人のパトロンでもあり、魔術に長け、知識に対し非常に貪欲な神でした。自らの目や命を代償に差し出すこともあった。アングロサクソン系の祖先はオーディンの信者でした。


年に8回、信者たちは森に集まり、神々を奉ります。

まず円を作って、お辞儀して、蜂蜜酒とビールを飲む、という風習があります。起きたら布団を畳みながら即座にお祈りする。そして寝る前も布団を敷いて軽く祈る。というシンプルな風習です。


ところで、ネオナチの若者の間にも北欧神話の信者がいます。それは、民族性や人種性の理由から来るもので、北欧神話の魂胆にある本質とは関係ありません。ネオナチは、そもそもアリア人種が世界一というイデオロギーの元で連帯感を主張しているわけですから。







ちなみにシュタイナー学校では九年生の時に
エッダの歌集を通じて北欧神話について学びました。
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html



英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:宗教
posted by Foomy at 13:50| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする