カテゴリ
生活(1338)
(2884)
音楽(297)
雑学(48)
ドイツ(32)

2017年03月30日

日本の女流作家が書いた小説・ベスト10

フミさんを構成する日本の女性作家を教えて欲しいというリクエストをいただきました。

日本のフィクションに目覚めるのは比較的遅いです。
ドイツに住んでいた頃から日本の女性だけじゃなくてもちろん男性の書いたフィクションも親に押し付けられ、仕方なく読んでいましたが、正直言ってあまりピンとくるものは、ありませんでした。

日本に来てうちの家政婦さんや編集部の人たちや音楽業界の人々に山田詠美に似てますねと言われ、意識して読んでみたとき初めて『仲間ができた!』と思い、感謝の気持ちでいっぱいになり、これから日本でも頑張る勇気を与えられました。

しかし正直言って、フィクションよりもノンフィクションばかり読んでいました。山田さんのも主にポンちゃんシリーズを読んでおりました。フィクションに関しては、圧倒的にドイツ語や英語のが多かったです。

アメリカ黒人と離婚して、アメリカ白人と大恋愛・失恋して、ものすごい迷いがあったときに、私と同じくアメリカ黒人の妻でありミュージシャンであり山田詠美を読みあさっている女性の方と巡り会い、彼女から、日本の女流作家の小説を勧められ、片っ端に読み漁り、共感できたものの多いことに驚き、新たに日本で暮らす勇気をもらいました。勿論、ピンとこないものもありました。ある意味、私の場合、山田詠美から芋づる式に掘り下げて読んでいるのだと思います。

ドイツで読んでピンとこなかった当時の大流行女流作家のものも読み直しました。しかし、未だにピンと来ませんでした。(それらを通して日本の現代社会やジェンダー問題を知ることはできましたが、自分自身が共感できるものがありませんでした。)ですから、そういうものを好き!という人間とは、お友達になれません、どこか見てるところが違いすぎるのでしょう。やっぱり人って基本的にあまり変わらないんですね。

というわけで、ランキングは難しいので個人的なクロノロジー(30歳代から現在までの)にしときました。


1森村 桂『それでも朝はくる』

2川上弘美『センセイの鞄』

3森 瑤子『ホテル・ストーリー』

4林 真理子『テネシーワルツ』

5山田 詠美『無銭優雅』

6塩野七生『わが友マキアヴェッリ』

7田辺 聖子『新源氏物語』

8小川 洋子『博士の愛した数式』

9河野多惠子『最後の時』

10宇野千代『おはん』


これから祖師谷池田でジャムセッションです!

無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
週刊アウトロー(オルタナティブ・カントリー/カントリーロック/プログレッシブ・カントリーの原点を探る会)
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
タグ:女性
posted by Foomy at 16:39| 東京 ☀| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする