カテゴリ
生活(1314)
(2878)
音楽(271)
雑学(38)
ドイツ(32)

2017年03月19日

チャック・ベリー

マール・ハガードも愛したチャック・ベリーが亡くなりました。
あるインタビューで、そんなマール・ハガードを崇拝するキース・リチャーズと
ローリング・ストーンズについてマール自身、どう思うか聞かれました。

マールはこう答えています。
「そもそも俺はロックンローラーだから。チャック大好きだし...」

チャック・ベリーはカントリー・ミュージックに非常に影響を受けています。
デビュー当初、黒人の前でカントリー・ミュージックを演奏し続け、ブーイングを受け続けていました。
それでもめげずに彼はカントリーを演奏し続けていた、ということです。
そのうち、黒人のオーディエンスに"ヒルビリーのレコーディングも聴きたい!!!"とリクエストされ、
ボブウィルズの『Ida Red』の替え歌が出来上がり、それがシングルカットされ、大ヒットしました。
由来は、チェスレコードの社長が『Maybelline』のマスカラを見かけ、
このタイトルで『Ida Red』のブラック・ヴァージョンを作ろう!と言い出したのがきっかけです。







私は30年前に『Maybelline』でギター、ベースを覚え、
今現在『Ida Red』でフィドルを学んでおります。

カントリーギターの元祖について:
■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 18:16| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする