カテゴリ
生活(1338)
(2884)
音楽(296)
雑学(47)
ドイツ(32)

2017年03月14日

カントリー&ウェスタンの格好いいベースあったら教えてください

カントリー&ウェスタンのベースをマスターするには、
ツービートとシャッフル、エイトビート、16ビートをこなす以外に、
ナッシュヴィル・ナンバー・システムを完璧に読み書きできることが必須になります。
技術的にはアップライトベースが基本ですから、
エレクトリックの方々もアップライトベースの基礎知識を持つことです。
ツービートとエイトビートに関しては、音を切るタイミングがテンポによって変わるので、
音の長さにも注意を払いましょう。
ミュートだけでなくサステインも必要になるので、
いつどのスタイルを取るかを見極めるために、しっかりヴォーカルを聴きましょう。
他のジャンルと違ってカントリーのヴォーカルは歌詞によって
同じAメロでもサイズが変わるので気をつけましょう。
ライブの都度サイズもキーも転調する場所も変わる場合があるので、
とにかくよくヴォーカルの方を見る(というか聴く)のが大事です。
したがって、カントリーでは、ドラムもベースも目を閉じて演奏する人はいません。
ファンキーな要素もありますが、ファンクと違って隙間がないので、
結構エネルギー消耗します。
速いテンポの曲ではスラップの技術が必要となり、
これもまたアップライトベースが基本になります。

最も有名なのは、ジョニー・キャッシュのベースのスタイルです。これを見てもお分かりの通り、
カントリー・ベースはドラム代わりにもなるのです。



最も格好いいベースの曲を

無料メルマガで紹介しました。

もっと詳しく知りたい人のためには『スタンディング・イン・ザ・シャドウズ・オブ・アウトロー』というタイトルで
最も格好いいアウトロー・カントリー
のベースの曲とベース奏者たちを紹介しました。

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 02:46| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする