カテゴリ
生活(1341)
(2885)
音楽(302)
雑学(48)
ドイツ(37)

2017年03月11日

コードスケールVSモード

全てのコードはスケール音の属音の一部で、
全てのコードはあるスケールに基づいています。
で、それらをコードスケールとかモードと呼ぶことができます。
で、一つのキーに基づいて始まる音だけを変えるとそれをモードと呼びます。
だいたい、それらを音楽理論の最初のレッスンに習うもんだと思います。
しかし残念ながらそれだけだとダイアトニックスケールの認識は固まるけれども、
モードの特性は掴めないと思います。私自身も本当はジャズを習いたくて入ったミュンヘンのMITで、
この方法でモードを習い、クソつまらない思いをしました。あまりにもメジャースケールチックすぎて
ジャジーな気分になれなかったです。そこに当時チックコリアとツアー中のフランクギャンバレが
MITに訪れ、クリニックしたんですね。その時の彼の話、目からウロコ!!
そう、コードスケールとモード、似てるようで違うんです。
彼のやり方を試すと、一気にプレイがモーダルになりますよ。
内容はメルマガで紹介しますね。有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
ラベル:music
posted by Foomy at 04:06| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする