カテゴリ
生活(1314)
(2878)
音楽(271)
雑学(38)
ドイツ(32)

2017年01月25日

ローカルな人間関係

世の中で一番怖いのは


1.ママ友のランチ 

2.ローカルバンド等の馴れ合い軍団の飲み会


もちろん『ママ友の飲み会』は1と2と合わさっているのですから、もう、地獄です。

『社会病』を生む根源はこのような群れではないでしょうか。


恐るべき “ママ友” 「いつも上から目線で傲慢な態度をとる集団」「ランチで亭主や教師の悪口言う親同士」 。 こわいですね〜ママ友というジャンルは。あれこそが子供たちの未来に良くないということがわからないほど、保護者は馬鹿なのです。


我が子の保育園の卒園式の後、何の気なしに参加した「ママ友打ち上げ会」…そこには恐るべき世界が…言葉遣いが荒くて声がデカくて悪口半端なくて、土地柄かなと思いましたが、経堂のバレエ教室も、成城学園前の中学校も、ママ友はママ友、どこもたいして変わらず ママ友、やっぱりいいや(笑)。


とはいえ人は社会の動物。地元の人との付き合いはやむを得ないのですから、とくに喧嘩する必要もありません。ママ友も付かず離れず、必要最低限の付き合いでいいんじゃないでしょうか。ローカルなセミ・アマチュア・バンドにも似た性質が見られるので、地方とかでバンド活動なさる方は、なるべくバンドメンバーと仲良くし過ぎないように心がけるのが良いかもしれません。もちろん日本の業界が全般的に馴れ合いの集団ですから、プロのミュージシャンもご用心ください。ただ、ママ友と違うのは、上から目線の代わりに媚びを売る性質を強く持っています。ですから元気いっぱいに大声で「あざーっす!!!」と親しげにしてくるわりには、本質的にはモンペの機嫌をとる哀れな学校教師とあまり変わりません。


もちろんこうした昼ドラ的ドロドロした人間関係が大好きな方々は、これからもおおいにリアル世界でドロドロ馴れ合ってくださいませ。


7A377114-61BE-4C08-93D4-03E9055BC283.jpg


登戸マニック、向ヶ丘遊園駅の近くへ移りました。

相変わらず美味しかった!





発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
ドイツ・バイエルン・オーストリア料理を教えてます
http://tadaku.com/
posted by Foomy at 16:30| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする