カテゴリ
生活(1366)
(2894)
音楽(329)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年01月24日

楽器選び〜一般の楽器店にご用心

普通はこう、とか言われるのを嫌う人がいるが、私は、「人それぞれ」とか「いろんな人がいますから」とか「その人次第ですから」などと言われるのが大嫌い!もっともらしくてすごく上から目線じゃない?

昨日もバカな店員に「まあ、好みはお客様しだいですからねえ」と言われ、その時点で「ブログネタが増えた」と思った。

知人の息子さんがベースを始めるので、ベースの買い物を付き合ってくれないかと頼まれ旦那と私とその知人親子4人で、とりあえず超一般的でメジャーな山野楽器新宿店へ行った。知人の息子さんは初心者用なので、予算は10万円以下と店員に伝えると、もう「10万以下で...」と私が言った時点から店員の目つきが悪くなっていた。

知人がサンバーストのベースを指差してこれどうかと聞くと、私が「普通すぎるからダメよ」と答えた時、その目つきの悪い店員はニヤニヤ笑って「まあ好みはお客様しだいですからねえ」。多分「買う人は彼であり、あんたではないのだから、あんたは黙れ!」と言うつもりだったのかもしれない。どういう勘違いでこんなバカなコメントを言ったか昔の私だったらツッコミ入れていたに違いないけど、今の私はそれすらせずすかさず奥でのほほんとサドウスキーを試している夫の方へ向かって行き、「Let's get the hell out of here早くここを出よう!」とささやいた。四人は店を出て、タクシーに乗り込んで、信頼しているいつものベース専門店へ行ってそこで上質なベースを見つけた。そこの店長はすごいナイスガイ。10万円をかなり超えてしまったがその価値はある。おかげで思いがけずその近くのペルーレストランのプライベートパーティーにも参加できて、美味しいお酒と料理を堪能し、見ず知らずの南米人とワイワイ騒いだ。そこのシェフもすごいナイスガイ。こんな素敵な思いができたのも山野楽器の不機嫌な店員のおかげである。良い店も悪い店も人間しだいですからね。

この時代は、ちゃんとした個人のお店でなければ、割り切ってネットで買い物する方がマシだと思う。私はそうしている。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

発行元 ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。

公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ラベル:music bass
posted by Foomy at 22:33| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする