カテゴリ
生活(1355)
(2890)
音楽(311)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年01月20日

今更聞けないと思う人のためのコードの機能についての復習

ジャズとかインプロヴィゼーションの音楽をするには音楽理論の知識は不可欠です。たまに譜面とかコード譜は読めるけど理論ダメという人がいますが、理論の知識なしではアドリブは不可能です。

あと、肌に染み込ませればいいと言う馬鹿もいますが、それは完全な素人感覚なので、そういう人のことは無視しましょう。

人からレッスン受けたり、プロと共演する時もある程度の知識がないと話がすすみません。

教師としては、まるでアルファベットを知らない人に英語を教えているぐらい負担がかかるので、理論がわからない人は最初からそう言ってください、じゃないとあとあとが大変です。

それからレッスンのお金すらない人は、ぜひこの機会に、私の『無料メルマガ』を購読してください。本当は有料メルマガもアドリブ上手くなりたい人とかスタンダード覚えたい人には絶対にオススメとは思いますが、無理は言いません。
ある意味、無料メルマガの方が初歩的なことしか教えていないので、こちらで誰にも聞けないような情報をこっそり調達してください。

それからブックエンドスタジオのスカイプレッスンやマンツーマンレッスンも一度だけ受けるスポットレッスンも可能です。なんならそこで恥ずかしがらずに質問してください。内緒で教えますよ。

あと、レギュラーレッスン生にもいつも最後に「質問は?」と聞いているんですよね、私。しかしみなさんプライドがお高いのか、「大丈夫です!」と強がるんですよね。大変損していますよ〜!

それに私にはちゃんとわかってますよ、あなたがセカンダリードミナントのセの字も知らないことを。この前も、コードの機能(ファンクション)について話すとキョトンする方がいらっしゃいました。

早速ですが、今更的な機能の話をしますね。これ、本当は音大とか専門学校で教えているはずだと思うのだけど、サボっていたのか居眠りしていたのかのどちらかですね、本当に英語のSVO並みに大事なんで、知らないとブルースもポップスも何もできないです。

英語のSVOですが、Sに当てはまるのがトニック、Vに当てはまるのがドミナント、そしてSに当てはまるのがサブドミナントでしょう。これらを機能と呼びます。役割なんですね。ではどういう役割かというと...無料メルマガを読んでくださいね。

くどいようですが、「なんとなくわかる」とか「どうも納得いかない」は、全く「わかった」に入りません。もっと数学的サイエンティフィックにアプローチしましょう。私もそうでしたが、音出さないとダメな人は、できるだけ音を出せる環境で理論書を読みましょう。音を出しながら確認しないと私には全く何も頭に入ってきませんでしたよ。たまに音を出してもわからないという人もいます、稀ですが。こういう人は、一度レッスンを受けてみてください。すでにレッスンを受けているけどまだなんとなくしかわからない人は、勇気を振り絞って質問してください。ただし、レッスンの始めとか最中に聞いてくださいね。音楽理論は数学と似て、一度わからなくなると先に絶対に進めないので、『必ず基礎から』噛み砕いてやることです!途中からなんとなくついていこうとしても、時間の無駄です。一番の近道は、基礎からちゃんと素直に学ぶことです!


無料:頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!
http://www.mag2.com/m/0001642277.html


有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

レッスンいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1

これから名古屋です。

そろそろ寝ます。
ラベル:music コード JAZZ
posted by Foomy at 04:12| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする