カテゴリ
生活(1330)
(2881)
音楽(287)
雑学(38)
ドイツ(32)

2016年12月16日

2016年度『世界の料理ランキング』超主観



2016年度、『世界の料理ランキング』は
1位イタリア
2位フランス
3位インド
4位日本
5位スペイン
6位メキシコ
7位ギリシャ
8位中国
9位タイ
10位アメリカ

だそうですが、我々夫婦の『世界の料理ランキング』は...

1位トルコ
2位ギリシャ
3位インド
4位ペルー
5位スリランカ
6位イラン
7位モロッコ
8位レバノン
9位メキシコ
10位ブラジル

でした。私自身が育ったミュンヘンは日頃から地元の(南)ドイツ料理よりもトルコやギリシャの料理を食べる機会が多かったため、馴染みある料理です。旦那と出会ったばかりの頃、近くのハナマサでラム肉や牛肉、豚肉などを買い込んで、なんちゃってギュロスやスフラキをよく作ったものです。のちに夫をヨーロッパの安いバルカン料理のお店へ連れて行くと、夫も虜になってくれました。インド料理は二人とも昔から好きでしたが、最近、うちの近くのインド料理店のものがあまりにも美味しすぎて、他のところでは食べられなくなりました。今年の2月からTadakuで南ドイツ・バイエルン地方・オーストリアの料理を教えています( https://goo.gl/CsWmtD )が、実は春にそこの『世界の料理大会』に参加して、他の国の人たちが作った料理を試食した中で、ペルーとスリランカの料理の美味しさにハマってしまいました。昔からレバノン、モロッコ、フィリピン、ブラジル、スペインの料理もお気に入りのベスト10に入ってましたが、特にペルー料理にはノックアウトされてしまい、最近ではインドとペルーの料理は定期的に食べずにはいられない状態です。私たちが好きな料理に共通しているのは、新鮮なスパイスや柑橘系などの酸味を効かせ、基本的にシンプルで素材を生かして、あまり凝っていない、どちらかというとプリミティブでごまかしのきかない『素材重視』であるという点で、それがどの「国の料理であるか?」よりも、「その料理に使われている素材が良いか?」が重要だったりします。

ライブ告示:
12/17(SAT) LIVE SYNDICATE
阿佐ヶ谷 jambjamb
OPEN / START : 20:00/21:00
LIVE : 瀬川信二,子安文,村山政太
CHARGE :2000
03-3338-2912

12/20(TUE)子安文と瀬川信二の大人のジャムセッション
祖師谷大蔵IKEDA
OPEN / START : 19:30
LIVE : 瀬川信二,子安フミその他仲間のミュージシャンの皆様
CHARGE : 1000
参加ミュージシャンは基本は知り合いのミュージシャンのみです。
見に来る人は気楽に遊びに来てください!
タグ:料理
posted by Foomy at 04:32| 東京 ☀| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする