カテゴリ
生活(1314)
(2878)
音楽(271)
雑学(38)
ドイツ(32)

2016年11月06日

学習したことを忘れないコツ



「せっかく読んだり学んだりしたことを忘れないようにするにはどうしたらいいですか?」

新しい情報を長期記憶に収めるには、「記憶」の仕組みを知っておかなくてはなりません。それには二つの要素が大切です。

新しい情報を取り入れた後、短期記憶として頭に入れて、それをさらに反復させて書くか喋るか(スキルならば)実践すること。もう一つには、前から知っていた情報、あるいは、すでにできているスキルと組み合わせること。例えば、ある本の中身を覚えたいとします。時々本を閉じて、今読んだパッセージや著者の主張を要約したり、それについての自分の意見を書いてみたり、ツイッターに呟いてみたり、最終的には実践にうつしてみたりしてコンセプトを掴む、などの方法があります。

つまり、『覚える』には4大要素が必要となります。それを、RSCPと呼ぶんですね。Repeatリピート、Summaryサマリー、Challengeチャレンジ、Identify the Patternsパターン(コンセプトを掴む)、という作業なんですね。自分のすでに知っている経験あるいは知識と結びつけ、とにかくそれについて喋ってみる、書いてみる。これ、自己洗脳ですけど、脳みそをこうして価値のある餌で耕してやるんです。自分自身に「これ、ものすごく効くんだぞ!」と言い聞かせる。このような優れた知的財産を頭に入れたら自分は強くなるんだ!ってね。

で、この全てに『感情』というエネルギーが必要になるんですね。感情は、記憶力の原動力です。早い話、感情なしでは、何でもすぐ忘れます。中1の時の先生たちの名前を一度に7人思い出せますか?無理ですね。多分4人までがマックスでしょう。なぜならば、中にはどうでもいい先生もいたからです。あなたが7人とも思い出せるようでしたら、多分、あなたは自由ヴァルドルフ学校(シュタイナー学校)に行ってたのではないでしょうか。冗談はさておき、詳しくにはシュタイナー学校についてのメルマガで紹介します。

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 19:34| 東京 ☀| ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする