カテゴリ
生活(1338)
(2884)
音楽(296)
雑学(47)
ドイツ(32)

2016年10月16日

ワークする



日本人の英語指導会に参加したことがあって、私がある指導法について熱弁したら「それをどの状況で使うんですか」と聞かれ、自分の頭デッカチに気づいた。常に状況を想定しないと意味ない。これを知るためだけでも参加してよかったな。常に自問しなければならない言葉だと思います。

こう言うとき英語では、「Does it work?」これは、機能するか?と言うんですね。そしてドイツ語では、「Funktioniert das?」あるいは、少しスラングな言い方だと、「Kommt das rüber?」ウケるか?という意味合いになる。ジャズの理論書やハウツー本なんかにも使う。

一つのレシピを熱く語る前に、「お味は?」と聞くのと一緒ですね。

これで思い出したのは、ナッシュヴィルにいたとき前彼とドライヴしてたら、「How does it look?」どう見える?どんな感じ?て聞かれ、反射的に「Nice!」と答えたら、苦笑されたんですね。彼が知りたかったのは、「ターンするのだけど、右から車来てないか?」ってことだったんですよ。



発行元 ブックエンドスタジオ 
公式サイト
http://foomykoyasu.com/
ブログ『文の主観』
http://foomy1.seesaa.net/
南ドイツ・バイエルン料理を教えてます
http://tadaku.com/
タグ:マインド
posted by Foomy at 12:31| 東京 ☀| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする