カテゴリ
生活(1366)
(2894)
音楽(327)
雑学(49)
ドイツ(39)

2017年11月21日

お金は愛だ



お金は愛だ

シュタイナーは、オカルト的な側面があるとされますが、
意外とお金に関してキチンとした考えを持っていました。

うちのシュタイナー学校でも、
お金こそが友愛だったり自由だったり文化・芸術というようなものを動かす要素だ、
という考えでした。

もしお金に口が付いていて、『喋る』ことができていたら、お金こそが、
あなたという人格を物語っているはずなのです。

詳しくはメルマガ呼んでくださいね。

教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 00:19| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

順応性の問題

インドレストランで日本人客がビールのグラスが大きすぎるからもっと小さいのない?って聞いている。見たら全然大きくない。店長が小さめのグラスを見せてこれで良いですか?と聞くと、うーんもっと!...昔ドイツの元彼が日本を訪ねたとき、新宿の中華料理店でビールのグラスを見て「これはワイングラスだ。私はビールが飲みたいのだ」と言って私に訳せと言ったことがある。私はそれはルードだから訳せないと言って彼とは大喧嘩したことがある。しかしなあ、ルードな客ってどこにでもいるんだなあ。そういえば、私のスコットランド出身の元ルームメートがビジネスで日本へ来るときは、グラスが小さいのを知っているので、いつも一回に二杯のビールを頼んでいる、おかわり頼むのが面倒臭いから。と、書いていたら、すいませーん!ビールおかわりっ!と、例の小さいグラスを求めた客が言っている。それなら大きいグラスで良かったのでは?

人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1


ラベル:人生
posted by Foomy at 22:40| 東京 ☀| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

ハーモニックマイナーフィフスダウン

HM5D=ハーモニックマイナーフィフスダウンとは、
日本のジャズミュージシャンの間で使われる用語であります。

欧米では「HMOD」=ハーモニックマイナーオヴデスティネーションと言います。

呼び方は何であれ、非常に便利なサウンドです。
マイナーにもメジャー(!)にも使えちゃうんです!

詳しくはメルマガを読んでくださいね!
有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法

http://www.mag2.com/m/0001661492.html

Bookend Studio 2018年正月ベース・クリニック
『ファンク・ベースを弾く為に必要なリズムの解剖学』
◆日程◆ 全3回
●1回目:2018年1月6日(土)13:15-18:45
『右手にフォーカス!』
●2回目:2018年1月7日(日)13:15-18:45
『休符万歳!』
●3回目:2018年1月8日(月)13:15-18:45
『自由自在に演奏すること』
クリニック内容
グルーヴを保つ為に必要であり
マスターすると差がつくテクニックをお届けいたします。
通しで参加されると色々繋がってきます。
『早弾き』『ファンク』『R&B』『ラテン』をっていきたい方々や
単にもっとリズム良くしたい方々にお勧めのクリニックです。
◆ 料金 ◆
●1講座:10,000円
●3講座通し:28,000円
(単発での参加可能、但し通しで参加していただくと全体的に繋がってきます)
◆ 場所 ◆ 
川崎市多摩区登戸新町463
ブックエンドスタジオ
◆ご予約◆
bookendstudio@gmail.com
瀬川信二
子安文
ラベル:ジャズ
posted by Foomy at 02:54| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

[モダンジャズの鍵を握る#11]

メルマガ配信中です。今回のテーマも、オルタードについて。
まだ2回目なので緩いですが徐々にきつくなっていきますので覚悟してください笑


前回に次いで今回のオルタードシリーズは、
リディアンドミナント

で、前回も書きましたが、
今回もまたまた紛らわしい問題が一つあって、

それは、以前のb13のときも説明した『異名同音』の問題です。

今回の異名同音は、#11とb5の問題です。
#11はb5ではありません。

これもリアルブックやフェイクブックなどの譜面に間違えて表記されていることが多いですが、
読むとき気をつけて下さいね。まあ、読まないのがベストですが笑
4とb5は異名同音ですが機能的に違うので、
サウンドが全然違ってきます:

ドミナント#11では, 完全5度が存在しています。

しかしドミナントb5の方には,完全5度がありません!代わりに5度が減5度になっています。

なので譜面に7(b5)と書いてあるコードネームを見たら、
これが本当に7(b5)でいいのか、Lydian Dominantではないのか?

という風に
疑ってみて下さい。
大概、メロディーに答えがあります。
読むことよりも人の演奏や歌を聴く方が早いと思います。
そう。音楽は、絵と違って、見るよりも、聞くことが大切ですよ。

この#11の楽しさは、何と言っても3rdと#11の間の不思議な感覚だと思います。
これをブルージーだとかジャジーだとか色々言われますが、
一言で『ブルーノート』とも呼ばれます。ブラジル音楽、カントリー&ウェスタン、ウェスタンスウィング、ジャズブルースにもしょっちゅう出てきます。

有料:プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法
http://www.mag2.com/m/0001661492.html

ラベル:JAZZ ジャズ
posted by Foomy at 13:41| 東京 ☁| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

感情移入

感情移入しやすくて困るという悩みを聞いたことはあるけど、
感情移入ができない、わからない、という悩みは聞いたことがない。
おそらくそのことに気づくこともできないぐらいに感情移入ができていないのだろう。
昔こんな名言を読んだ:「バカと死の共通点。死ぬと死んでいることに気づけない。同じくバカはバカであることに気づけない。」



感情移入の苦手な人、多いね。
これが苦手な人は、どうやって音楽を聴くのだろうか?人の話を聞くのだろうか?映画を見るのだろうか?
旅するのだろうか?不思議だよね!それを理解するためにも感情移入が必要だ。

恋愛に必要な感情移入はコチラ

感情移入のできる人はコチラ

■英語を学ぼう![ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法]
http://www.mag2.com/m/0001646433.html

■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
http://www.mag2.com/m/0001665793.html
posted by Foomy at 03:42| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

スノビズム

あなたが一番危険だと思う人間の性格は何ですか?

最近の私は、馬鹿でもなければ粗野でもなければ躁鬱でもなく
『...』です。馬鹿はイラっとさせることはあるけど許せます。
粗野は恥ずかしいけど勇気ある証拠です。
躁鬱は芸術に移せばいいだけです。
しかし...は致命的です。

学べば学ぶほど、そうなりがちな人間もいます。

そうなってしまう前に注意しましょう。

また、自分もそうならないように家族や親友に必ず注意するように頼みましょう。

かつてそうなってしまった人に注意しました。
彼女は「気をつけます」
「意識します」とは言ったものの、治らなかったです。
これはもしかして性格というよりも病気なのかもしれません。
なおさら、早めに予防するべきですね。

詳しくはメルマガを読んでください。
人生相談:今より10倍モテる!
http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:批判的思考
posted by Foomy at 00:21| 東京 ☀| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

[スリに合うタイプ]

長年旅行して気づいたこと。スリに合うタイプとそうでないタイプのどっちかがいます。
スリに合うタイプは、その国のせいにし、いつまでも自分がスリにあいやすいタイプであることを自覚しません。
こうしてどんどん被害者意識が強まり、ますますあいやすくなります。悪循環ですよね?

私は15歳の頃から一人で海外をふらふら旅しているけど一度もスリにあったことがない。
方向音痴のためにしょっちゅう迷ったり言葉で不自由したり飛行機や電車を乗り間違えたり乗り遅れたり
荷物を置き忘れたり(後で見つけたけど)乗り物酔いして吐いたり、ボケッとして約束をすっぽかして怒られたり、
といった事件はたくさんたくさんあったがスリとナンパとレイプとセクハラにあったことがない。

20歳前半ではNYクイーンズで知り合った日本人留学生のボディーガード的な役割を果たした。
同い年で、私より長くNYに住んでいる彼女らにとって、旅行者の私の方がずっと頼もしかったのだろう。
彼女らはどうしても当時話題だったクラブへ行きたかったが自分たちのルックスじゃドアマン
に入れてもらえないと言うから私が彼女らをそこまで連れてってドアマンを通して中に入れてやった。
私はクラブに興味ないので
彼女らと別れてその後一人でホテルへ帰った。
しかし私は彼女らの雰囲気、喋り方、振る舞いを危なっかしく思い、何回も行く途中で
「そんな調子だとれいぷされるよ」「スリにあうよ」と予言していた。
もちろん彼女らは私のことなんて鼻で笑って無視した。
するとなんと本当に翌日そのうちの一人がワシントンスクエアガーデンでスリにあったのだ。
黒人の男の子に声かけられて気をよくしてしまったらしい。
内心、ほらみろ!と思いながら泣いてる彼女と一緒に警察へ行ってやった。

今でも、長年ツアーガイドしていると必ず「スリ自慢」するお客さんに出くわす。
過去にooでスリにあったことを話すのだが、例えばデトロイトだとしたらデトロイトといえば...
という感じでそのことしか覚えていないかのように語る。
これほどつまらない思い出話はない。

またそれを聞いている周りも、あたかもその人じゃなくてデトロイトという街が危ない街であるかのような反応を示し、
ツアーガイドとしては不愉快極まらない。
もちろんスリにあうのは大変お気の毒なことだが、被害者に限って、なんでもその国のせいにしたがる。
長年の観察からするとスリにあいそうな客とあわない客がいる訳で、あなたはスリにあいそうな人なんで、私は何も驚きませんよ、と言っても「いやいや、あなたはデトロイトを知らないわね、あそこは本当に危険よ!」と腹立てる。
で、スリ自慢する客は、どこへ行っても学習しない。
「聞いて聞いてハンブルグであたし、盗まれたのよ!あそこは危ないわ!」
と言えば言うほど、それはハンブルグのせいではなくてあなたのせいでしょ、
あなたがそんな態度じゃそりゃあ泥棒でなくたってあなたから代金を盗みたくなるわよ」と
突っ込みたくなる。
うちの母もその類の一人だった。ちょっとしたスリ自慢スノッブだった。
しかも彼女は安全とされるところでも被害を受けている。あの様を見れば驚かない。
私の説教を聞きたくなかったらしく、最後の頃には私には隠していた。
自慢じゃないが父も夫もスリにあったことがない。
ソーホー、北京、カイロ、ハーレム、モンマルトル、歌舞伎町、
この話をツアーガイドしている時のお客さんに聞かせると...、
「あ、要するに貧乏くさい格好すればいいんですね?」って言われるが、いやいや、そういう問題ではなくて。
別にエルメスのバッグ持ったって何もない人もいれば、
ユニクロのジャージ履いてもスリに合う人もいるのだから。
メンタルなんですね。
スリに合うタイプは、自分がなぜスリに合うのかを分かっていない。
このタイプに限って周りや治安の悪さのせいにするんだな。
まず周りや環境のせいにするのをやめて自分自身と向かい合う必要がある。
自分が周りにどんなオーラを発しているかをよーくよーく鏡を見て観察するといい。

『スキを見せない方法』について。。。

人生相談:今より10倍モテる!

http://www.mag2.com/m/0001645950.html

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
ラベル:旅行
posted by Foomy at 18:49| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

ケンカ

シュタイナー学校での喧嘩やいじめについて教えてくれませんか

夫婦喧嘩は子供の前で隠すものですか

子供、大人問わず、周りが喧嘩している時、止めるべきですか

と必ず聞かれるので、早速その質問に答えたいと思います。

詳しくは本日のメルマガで配信します。
教育:ルドルフ・シュタイナー 〜『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー〜
http://www.mag2.com/m/0001654889.html



英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com

どうぞお気軽にお願いします。

ツイッター
※フォローお気軽にどうぞ。
https://twitter.com/foomy

Facebook
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 02:20| 東京 ☀| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

コスプレじゃなくてスピプレ

カントリーのジャムセッションへ行った。初対面で、いろんな人たちにどんなジャンルをやるのか聞かれ(参加させてくれれば分かるだろうと内心ツッコミを入れながら)「今日はカントリーです」と答えると、じゃあ普段はクラシックかと聞かれ、んまあ、と笑ったら、しばらく経つと、じゃあ、ジャズなのかと聞かれて、あ、ジャズなら、と言うと、私個人的に苦手な奏者の名前やら曲名やら固有名詞が出てきて、ああ、とボンヤリ聞き流してたら、あまりにしつこいんで、「私はジャンル云々より普通にいい音色を出す人が好きで〜笑」と答えた。本当に私の場合、呆れるほどジャンルや知名度に無関心で、サウンドで好きか嫌いかを判断するところがあって、サウンドがダメだと何もかもダメなんだということを相手に伝えたかったのだが、相手には多分伝わっていない。昔ジャズのジャムセッションで似たことがあった。私が会費を払おうとしたら受付の人に「お姉さん、ここはジャズだけど大丈夫?」って聞かれて、きょとんとしたら、「あっその格好は...」と指摘され、初めて、自分がビジュアル的にジャズでもカントリーでもなく、ずーっとパンクロック系のままであることに気づいた。そう、私は、元パンクロッカーなんだ!ラモーンズを卒業した今でも、その生き様は残っているのである。そもそもファッションは『生き方』『道』『哲学』という意味なのだ。だから私の場合は死ぬまでパンクロックスピリットが続くのだろう。でも、やっぱり、あの汚い音色はゴメンだ!笑



■アウトロー・カントリーを学ぶなら「週刊アウトロー」
 http://www.mag2.com/m/0001665793.html

■シュタイナーを学びたいなら[『ミュンヘンの小学生』が語るシュタイナー]
http://www.mag2.com/m/0001654889.html

■ジャズを学びたいなら[プロ・ベーシスト直伝!!ジャズのアドリブ法]
http://www.mag2.com/m/0001661492.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックエンドスタジオの無料メルマガ【頭を使えば引っ張りだこ!バンドマン向けのベースマスター術!】
http://www.mag2.com/m/0001642277.html
発行人
 ブックエンドスタジオ 子安文
 E-MAIL foomy1@gmail.com

英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削
foomy1@gmail.com
※申請お気軽にどうぞ。
https://www.facebook.com/foomy1
posted by Foomy at 17:39| 東京 ☀| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

英語ネイティヴが一番気にする日本人の英語はココ

グーグルで『Why Can't the Japanese』で検索すると、
一番トップに上がってくるのが英語の問題です。
しかもそれは、ある一つの発音についての問題です。

二番目は全般的に何故日本人は英語が喋れないのか?という質問です。

今日は一番目に上がってくる、ある一つの発音について教えようと思います。

日本人にとって、一番苦手な発音は....

英語:ナンパ英語 〜外国の異性と出会い『必ずモノにする』方法
http://www.mag2.com/m/0001646433.html


英語・ドイツ語レッスン、通訳、翻訳、添削のお手伝いいたします。
お問い合わせやご相談、メッセージはこちらまで↓
foomy1@gmail.com
ラベル:語学
posted by Foomy at 14:35| 東京 ☀| 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする